pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

年上の女6



モナリザは開口一番にこう話した。「知ってた?Y子もK子もあなたを狙ってたのよ」
俺は両者とも興味がなかったので「そんなことないでしょ?俺より少し年上ですし」
するとモナリザは「年上?それなら私なんかどうなるの?もう50よ?」と笑った。
そこまでは良かったのだが、モナリザは「それだけじゃないのよ、女上司(58歳)も
あなたのこと狙ってたのよ?だからみんな妬みもあったんじゃない?」と言った。
女上司は既婚であり、しかも○沼恵美子そっくりのオバちゃんである。
さすがにこれだけは吐き気を催すくらい気持ち悪くなった。

そして話はこう続いた「なかなか言い出せなかったんだけど私ね、転勤になったの」
聞くと女性なので遠くではないが、隣町の支店に12月の初頭に異動となったようだ。
以前から話が出ていたそうで少なからず俺たちの関係が原因でもあるようだった。
しかしモナリザ自身は新しい職場で余計な心配もしなくていいし、俺と会えなくなる
わけではないので、深く考えてはいないと言った。しかし現実はそんなに甘くはなかった。

翌日、俺はまた応接室に呼び出された。まだしつこく俺たちのことを言っているのかと
中に入ると、課長と課長補佐が座っていた。
特に怒っているような表情でもなく、世間話をした後で課長補佐がこう言った
「君ね、来年1月から半年ほど海外赴任してもらうことになったんだけど」
俺は頭の中が真っ白になった。もちろん断ってもいいのだが、それはクビになる
覚悟でしか言えないことだった。

「これってモナリザさんとの事も関係してるのですか?」俺は率直に聞いたのだが
「モナリザさん?○○課の?」「確か君、あの人と親しかったよね?」と
お茶を濁すような素振りで話を逸らそうとしていたようだった。
赴任先は東南アジアのとある国である。俺は英語は苦手だが、その国の言葉を
習っていたこともあって抜擢されたのかもしれない。
結局断り切れず、俺は了承することになった。そして今後は俺がモナリザにその事が
言えないまま時間だけが経過してしまった。

モナリザは既に隣町に異動となり、その前日に昼食に行ったのみでプライベートですら
会っていなかった。忙しい時期なのもあったがメールも疎かになり、もうこのまま
フェードアウトしてしまうような、そんな雰囲気にもなってきてしまった。
年末に近付いた頃、モナリザからメールが届いた。25日は木曜日だが有給休暇を
確保できないか?といった内容だった。特に理由は聞かないまま俺はそれに従った。

そして24日がやってきた。世間はクリスマスイヴで華やいでいる。仕事も終わり、
彼女からのメールで指定の駅に向かうとモナリザが改札口で手を振っていた。
黒のトレンチコート、その下は真っ赤なブラウス、黒のスカートに黒のロングブーツ...
今でも鮮明に覚えているほど色っぽく、それは今までで初めて見たファッションだった。
久しぶりに会ったモナリザは嬉しそうに俺の腕を引き、何故か駐車場に向かった。
「車で来たのですか?」と言うと「そうよ、寒いしそのほうが楽でしょ」と答えた。
そしてモナリザは「さぁ乗って」と言ったその車を見て驚いてしまった。

それはいつも乗っていた軽4ではなく、真っ黒なレクサスだった。今日のために
レンタカー?とナンバーを見たがそうではない。「誰かに借りたのですか?」と聞くと
「馬鹿ね、そんなはずないでしょ。買ったのよ」俺は何が起きたかわからなかった。
俺が以前に欲しいと言ってた車種で、モナリザはそれを覚えていたのだろう。
これから一緒に遠出することもあるだろうし、軽4だと疲れるからと思い切って
買ったのだとモナリザは言った。もうすぐ海外赴任とはますます言いにくくなってきた...

モナリザに聞いた行き先は高級ホテルで、既に料理を用意してくれてるとのこと。
本来なら男の俺がセッティングするところだが、申し訳ない気持ちになった。
モナリザの運転だったのだが、女性とは思えないくらい上手だった。
ホテルのレストランでは既に数組のカップルが食事を楽しんでいた。
俺たちカップルを見てヒソヒソと何かを言い合ってるカップルもいたが、
この頃になると何も気にしなくなっていた。

食事の前にお酒が運ばれてきて、その時に初めて大事なことに気が付いた。
二人ともお酒を飲んだなら、どうやって帰るのだろうか...?
モナリザは「上の階に部屋をとってあるから平気よ、有給とったんでしょ?」と言った。
もちろん俺はそのまま帰るはずはないと当初から考えていた。ただしどこに泊まるか、
そうでなくともセックスくらいできるか、そこまでは考えてはいなかったので
思いもよらない展開で有頂天に達した。

それからはセックスのことばかり考えてしまい、残念ながらモナリザが用意して
くれた料理の内容などは一切覚えていない。
数ヶ月もの間セックスしていなかった俺は早く部屋に行きたかったが、モナリザは
カクテルが呑みたいと食後にバーに行こうと誘った。ムードを優先させてあげたいと
思いつつも、呑んだカクテルも一切覚えてはいない。
準備万端なモナリザは後で部屋で食べようと、クリスマスケーキまで用意していたが、
おれはケーキより早くモナリザが食べたかった。
そして10時を過ぎた頃、待ちに待った部屋へと俺は案内された。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
年上の女5

■前の記事
人も車もめったに通らない山道

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集