pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

えっちな先生1



少し長文になります。小学校の4年か5年の頃の話です。
俺はあまり運動が得意ではなかったこともあり、
情け無いことに体育の課題をクリアできない項目が幾つか有った。
そんなときは放課後に残って必死に練習をするのだけど、
中でも鉄棒を膝の裏で引っ掛けて前回りとか後ろ回りをするのが特に苦手だった。
この時の担任は優香先生という若い先生で、
担任を持ったのは俺たちのクラスが初めてだったこともあり、
俺の放課後の練習には熱心に付き合ってくれた。
この時から、放課後は優香先生の個人指導を受ける機会が増え、
鉄棒はなんとかクリアできたのだけど、
登り棒を上まで登る事がどうしても出来ず、
随分コツを細かく指導して貰ったり、お尻を持ち上げて貰ったりしたものだ。


しかし握力が弱く、体重が多少ポッチャリしてた俺には、
どうしても自力で登り切ることが出来ない。
同じ場所で股に挟んだ登り棒を強く押さえながら、
必死に登ろうとしていたら、突然生まれて初めての性的な絶頂感が襲ってきた。
力が抜け、ヘナヘナと地面にしゃがみこんで、
激しい気持ち良さにピクピクしながら顔を地面に伏せていた。
あまりの衝撃に目もぎゅっと瞑ったままだ。
優香先生が驚いて俺の名前を呼びかける。
「島田くん!大丈夫?具合が悪いの?」
何も答えられず、波のように襲ってくる快感のためにピクピク痙攣する。
「どうしたの? どこかぶつけたの?」
「うっ、うぅ…。はぁ…。」
勿論まだ性通していなかったので、射精は出来ない。

「島田くん、顔が…。真っ赤になってる…。どうしたの?」
「先生…。僕、な、なんだか突然凄く気持ち良くなってしまって…。」
「えっ? ど、どこが?」
「わからないです。でも凄く気持ち良くて動けません。」
「そ、そう…。そうしたら気持ち良いのが収まったら続きをしようね?」
「はい…。」
「今日はもっと頑張ろう? ちゃんと上まで登れるようになるまで、先生がずっと付いていてあげる…。」
「はぁ、はぁ…。あ、ありがとうございます…。もう大丈夫です…。」
「それじゃあ、ゆっくり立って。さっきみたいにしがみついてみて?」
「はい…。」
「じゃあ頑張ろう? 登ってみて? 登れる? もっと足で棒を挟んで! そうそう、それでさっきやってたみたいに、もっと!」
「あぁ、せ、先生! 僕また気持ちよくなりそうです…。」
「大丈夫、怖がらなくてもいいよ。先生がちゃんと見ててあげる。」
「うぅ、あぁ、あぁ、僕、き、気持ちよく、な、な、なりそう…。あぁぁ、うぁ~!」

「はぁ、はぁ、し、島田くん、どこが気持ちいいの? どこ? 先生にちゃんと教えて? どこが気持ちいいの?」
「わ、わかりません…。うぅ、うっ! あぅっ、あぁ、へ、変な気持ちになりそうです…。」
「あぁ、どこが気持ちいいの? ここ? ここの所? 先生、もう我慢できない! 今、楽にしてあげるからね…。」
何故かぎゅっと抱き締められた後、身動きできない俺をおんぶして昇降口から校舎内に入れられる。
夕方になっていて、辺りはかなり暗くなっており、しかも他の生徒は殆ど居なかったので、
先生におんぶされてもあまり恥ずかしいとは思わなかった。
それよりも自分の体に起こった急激な変化が怖くなり、
自分は何かの病気ではないかと激しく心配になり始めていた。
「島田くん、大丈夫? 今保健室に連れて行ってあげるね。」
そのまま保健室とは違う方向に連れて行かれる。
一旦空いている教室の適当な椅子に腰掛けさせられて、
先生が1人で出て行った。

しばらくしたら先生がどこかの部屋の鍵を持って戻ってきた。
「職員室で聞いてみたら、もう保険の先生は帰ったみたい。だから先生が島田くんの事を看てあげますからね。」
そう言われた後、またおんぶされた。
俺は2回の絶頂でぐったりしていて、先生のなすがままになっていた。
連れて行かれたのは全面が木の扉でできた開かずの間で、
中に入ったことが一度もない謎の部屋だった。
先生がサッと左右を確認した上で、手に持った鍵を差し込み、
俺をおんぶしたまま素早く中に入って再び鍵を閉めた。
中は四畳半くらいの狭い部屋で畳があり、横には炊事場のようなものもある。
窓は有ったけれども、分厚い遮光カーテンと白の薄いカーテンが2重に閉められていて、
外の様子は全く見えない状態だった。
俺を一旦部屋の隅に下ろすと、押入の中から布団を出してひき始めた。
こんな部屋が学校に有ることに驚いたのだが、そのまま俺はぐったりしていた。


「島田くん、大丈夫?」
「はい、なんだかグッタリしていますけど…。」
「そう、それじゃあ少し身体を調べてみましょうね。」
「はい…。」
「この布団の上に横になって楽にしてね。これから先生が調べてみるね。」
「はい。」
「ズボンのベルトを緩めますよ。それからズボンを脱がせるからね。」
「………先生、僕、変な病気だったらどうしよう?」
「それを今から確かめるからね。恥ずかしくないよ。楽にしていてね。」
言われるままに仰向けになり、ズボンを下ろされる時には少し腰を浮かせて協力した。
「さっきは、どこが気持ち良くなったの?」
本当は『おちんちんの辺り』ということは判っていたのだけど、
恥ずかしくて答えられない。
「う~ん、どうもパンツも下ろして確かめてみないと判らないな…。」
「先生…。僕、恥ずかしいです。」

「大丈夫だよ。先生は誰にも言いませんからね。それに先生はこういう事には慣れているから恥ずかしくないよ。」
「でも…。」
「それじゃあパンツを脱がすからね。腰を少し上げてくれる?」
両手がブリーフに掛けられた。ゆっくりパンツが下ろされる。物凄くゆっくりだ。
「し、島田くん、恥ずかしくないからね。先生の顔を見て? 大丈夫。力を抜いて…。」
陰部がさらけ出すと、そのままパンツを全部脱がされた。
「島田くん………。はぁ、はぁ…。あの、ど、どこら辺が気持ち良くなったのかな? 先生に言ってご覧なさい。恥ずかしくないよ。」
「先生…。」
恥ずかしさのあまり先生の顔を見ることが出来なかった。
「答えられないのね? それでは気持ち良くなったところを指で指しなさい。」
俺は震える指で自分のおちんちんを指さした。
「そう…。ここの所が…。何か問題がないか、先生がよく見ますからね。少し触ってみるけど痛かったら言ってね?」
「はい…。」


【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
男性器の話

■前の記事
えっちな先生2

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集