pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

スワッピング6




風薫る季節・・・子供たちは走り抜けていきます
ニコニコしながら追いかけていく嬉しそうな若いお父さん。
男子厨房に入らず何て時代もありましたが
草食系男子の時代の若いカップルは皆、子煩悩に見えます
むしろ
お母さんの方がちょっと不機嫌な夫婦も・・・
「普段は私が家事をしてるんだから・・・」と、言いたいのか?
それとも?「ホントはあなたの種じゃないのよ?」とでも、言いたいのか?
・・・妄想ですね


そんな我が家では
「もしも~し・・・あなた? うん、そう・・・先輩のところよ。だって・・・ね? 可愛そうじゃない・・・溜まっちゃって・・・うん。ごはんテーブルね? 味噌汁は暖めてね❓・・・うん、ちゃんと帰るわよ・・・」
わたしも金曜日も夜中まで、残業に追われていましたが、
その日は、
ガタイが良いわりに、わりと器用な先輩が
超人的なスピードで仕事を仕上げて
早めに帰宅するのを私は見逃しませんでした。
こういうところは、仕事のできる男は羨ましい気がします
残念ながら私の能力ではこうはいきません
きっとガタイの良い先輩を待ち受けてくれている大事な用事があるのでしょう
色白で柔らかくて、とても気持ちの良い用事が・・・

それに引き換え悶々としている私はちっとも仕事が進まないのでした
進むのは妄想ばかり・・・
そう、
我が最愛のお嫁さんは、かってこれほどまでに、男性というものを、性交というものを心地良く、愛しいものと感じたことはなかったはずです。
そこに、私がまだ仕事中の今、まさに
体内奥深くに押し入った男性が、その火のような傘を聞いて
ふくれ上がることで、オルガ スムスの風船が押し割られようとしている・・・
そこへ
輸をかけるように、真珠が舌でさすり上げら れ 、転がされてくるのだからたまらないはず
いャウッ!~ん…ううううっ・・・っと、ばかりに
ガタイの良い先輩の捨て身のストロークで、子宮を擦り上げられたとたん、
妻は快感のあまり悲鳴を遁らせ
全身の骨も肉もドロドロと燃え尽きていくような喜悦のうねりと、凄まじい絶頂の衝撃に打ち抜かれて、
私だけのもののはずだったヨメの若い肉体は、大きく宙へ押し上げられ、
そのまま空の果てまで、思い切りよく弾き跳ばぎれていくような錯覚に見舞われているのです

そこへ数度の、この世のものとは思えぬ性交の快楽に包まれた先輩が、そのガタイの良い体格に比例した巨根から、
ドドッ、ドドッと尽きることを知らぬ樹液を注ぎ込んでき
妻はさらに、小犬のような鳴き声とともに五体を弾ませ、そのまま天空のはるかかなたへ押しやられ、ついに胸酔の中で気を失いながら、ベッドへ身を沈めていったのでしょうか・・・
 
妄想の中の残務に息絶えて、灯の消えた自宅へたどり着いて、泥船のように眠るばかりでした

うちのヨメはんが、「ちゃんと」、帰ってきたのは、土曜日の朝でした
今頃、妻は、
あの、ガタイが好い先輩と・・・あんなことや・・・こんなこと?
・・・悶々としながら一人、小物を握りしめて眠り込んでしまった私は、夢の中でだけは、妻の白い心地よい肉体に包まれていました。
柔らかくて・・・白くて・・・もっちり・・・むっちり・・・
いいなあ・・・うちの嫁はん・・・などとヨダレを垂らして、眠りこけていました
休日に、
安心しきって昼まで寝ていた私は、
最愛の人のキスで目覚めました


これじゃ、私の方がオーロラ姫です
「・・・おはよう? あなた」
「・・・え?・・・う・・・うん」
「うふっ・・・あのねえ」
「うん」
「ちょっと・・・出かけていいかな?」
「ん・・・出かけてきたんじゃなかったっけ」
「・・・うん」
妻は言いにくそうです
「そのお・・・月曜、連休じゃない」
「うん」
「だから、ちょこっと、先輩とXX(隣の県でした)に、旅行でも」
「え?」
「そのお・・・あなたの勧めでもあるしい・・・」
「・・・え?」
「えへ・・・じゃあ~ねえ・・・・・・」


妻は、行ってしまいました
え?
・・ええ?
・・・・えええええ?
さすがに、ちょっと計算外でした
僕は独身じゃないのに、・・・マスをかきつつ、待つしかないのです
ううん・・・これは言ってやらなきゃ、駄目かなあ・・・
ううん・・・うううむ・・・・むむむむむ


「たっだいま~」
じりじりしながら待ちくたびれた日曜の夕方。妻がやっと帰ってきました
これは言ってやらないと!
そう、結心していたのです
・・・ところが?
ガタガタと何か用意するように妻は浴室に消えてしまいました
情けない話で、私は、それでも疲れた妻を気遣って、浴槽に湯を張っていました
「うわ~い・・・ちゃんとお風呂張ってあるぅ~・・・ありがと、あなた」
浴室から妻が駆けてきました。・・・それも全部脱いで素っ裸で
狭い家なのに。
・・・何が起こってるんだ?

「あなた~ね~・・・おみやげ、おみやげ」
「・・・え?・・・なに?」
「ほらほらはやく、脱いで脱いで」
秒速でズボンを脱がされました
「こっちこっち」
「・・・え?」
私は驚きました

見覚えのある椅子が
そう、・・・ソープランドの、いわゆる「スケベ椅子」です
「すわってすわって・・・」
・・・シャ~
・・・・シャワーを浴びながら、風俗の天国を味わうことになりました
泡に包まれた私は、
たちまち、天国の頂を見ることになります。


「あなた。こうゆうの、好きって言ったよね」
「え???・・・そんなこと言ったっけ」
忘れてました
「・・・ホントは、わたしちょっと悔しかった」
「・・・え?」
驚きました

「で、先輩と、あなたに、ビックリプレゼントしようって・・・」
「へ~・・・」
さすがは我妻・・
さすがは先輩・・ちょっとほろっとしました

「うふふ・・・まだ、プレセント、あるのよ?」
私は、急き立てられるようにバスタオルでお湯を拭き取られます
「こっちこっち」
今度は、寝室へ連れていかれました
・・・それにしても、もう股間に来るものがありません
昨日から抜きすぎ、しかも、今阿波踊りで最後の一滴まで搾り取られているのです
「・・・うん・・・で、でも」
「うふっ・・・わかってるって・・・じゃあん! ほら!」
「・・・え?」
ベッドの上の妻が、すっ裸で、自らの唇で、しゃぶり立てはじめたソレは・・・そう、・・・それは
お~きな、お~きなカブ・・・じゃなくって男根の形をしていました

「それって・・・」
「えへ・・・あなたって、私のカラダ、と~っても喜ばせたがってたわよね」
「?・・・うん」
「でも・・・すぐイっちゃうの、ちょっと、気にしてたよね?」
「うん」
「・・・だから・・・あなた~、これで喜ばせてくれる?」
「・・・え?」
「ほら・・・手にもって」
「・・・うん、で、でも、こんなに太いの・・・だいじょうぶ?」
「や~ね・・・こないだ、見てたじゃない」
「・・・え?」
「だから~、・・・私に入ってるの」
「・・・もしかして」
「そう・・・先輩のと同じ太さの選んで買ったの、・・・だから、わざわざ、知ってる人に会わない隣の県に行ったの・・・ごめんね?」


私は感激していました
僕のために、旅費を使って、恥ずかしい思いまでした怪しい店に入って・・・
妻の股間に縋り付き・・・ゆっくりディルドウをやさしく挿入していきます
「・・・ん・・・ん」
「大丈夫?・・・苦しくない?」
「・・うん、馴れた・・・も少し深くても大丈夫」
「ヒリヒリしない?」
「うん・・・大丈夫・・・これで練習するから・・・あ・・・もっともっと」
「こう・・・」
「そうそう・・・・ん・・・・あなた」
「うん」
「舐めて」
「わかった」
私は妻の陰核を舐めながら模擬男根を操ります
「・・・・あ・・・・あ・・・」


「・・・・あ・・・・あ・・・」
妻は私の少なくなってきた髪の毛を両手でわしづかみにして、
思い切り、股間に引き寄せます
「もっともっと」
むぐぐ・・・
「あ・・・い・・・・いくぅ~・・・・」

ハアハアハア・・・・
妻は、軽く絶頂に至ったようです
私も、妻のクリトリスを味わいつつ、小さいままで自らを握りしめ、わずかな噴出を見ていました
夫婦そろっての絶頂です
とても、めでたいことです


【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
スワッピング5

■前の記事
スワッピング7

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集