pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

おっぱい先輩5



おっぱいバレーと俺
興奮冷めよらぬバーベキューから数ヶ月が立ち
俺は黙々と応援団の練習に明け暮れていた
暫くして野球部以外の応援に行くことになった
それは女子バレーボール部
女子バレー部は県内屈指の競合校でインターハイ常連であった
ここから先は少し、おっぱい先輩から離れるけど時期に戻ってきます
地区予選は応援には行ったがたいした応援はいらずにあれよあれよと決勝まで駒を進めた


決勝は流石に応援団と生徒たちも駆けつけた
話が抜けたが夏のインターハイはベスト16で今の大会は国体です。
おっぱい先輩ともバーベキューの絡みもあって慣れたのか自然と会話ができる様になった「応援頑張ろうね」と声をかけられ、すっかりやる気になった
応援の甲斐あってかバレー部は優勝し国体へと行く事になった
俺の応援が目立ったのかバレー部の保護者から目を付けられ国体でも応援に来てくれと言われた
例年通りだとバレー部の保護者と1部の生徒だけだったが、俺も頼られてはと思い行く事にした。
顧問が応援団の経費で行けるから行く気あるならいけば?
その言葉も後押しした。


そして国体が始まった
大会は決勝まで進めば4日間、選手達は開会式の為、1日前乗りしていた
行きのバスで揺られる事8時間
俺はグッタリしていたが期待に応えなくてはと思い声を上げ応援した
初戦はなんなく勝利、続く2戦目も快勝した
さすが常連校は強い改めて思った
試合が終わり宿舎へと向かった
俺は外泊出来る事がとても嬉しかった自分の街から出る事も中々出来なかったので
宿舎は女子バレー部も一緒だった
俺はツレの応援団と2人部屋で持ち込んだ64で遊んでいた
マリカーに007にスマブラを一通り楽しんだ
ツレが疲れたもう眠いと言ったので電気を消し寝ることに時間はまだ21時を過ぎたあたりだ


>>338 サンクス

俺も眠りにつく事にしたが、バス移動の大半寝ていたせいか目が冴えていた
ツレはもう寝てしまったので、俺は1人で散策に出ることにした
旅館内の休憩スペースで漫画を読み漁っていた
22時になり旅館のゲームコーナーからも明かりが消え急に静かになった
暫くして大浴場から上がる女の声が聴こえた、徐々近づいてくる
別に悪い事をしたわけではないのに気配を消した
だがすぐに見つかった、よく見ると女子3人組だった
話を聞くと同じ高2で同じくバレーの大会で来たと、中々の恵体であった
女の1人がフレンドリーに「1人で何してたの?」と声をかけてきた
俺は「眠れないからゴルゴ読んでた」
女達はゴルゴ?見たいな感じだったが何故か一緒にテーブルを囲む様に座りゴルゴを読む事になった
その後の会話でこいつらは別ブロックのチームだと判明した
勝ち進めばいずれぶつかるね~とか話を続けていたら
「ゴルゴの真似してみて」とか無茶振りしてきた


ボーイッシュな3人だがここで確認しておく
恵体のさやか
磯山さやか似てムッチムチで唇がエロかった
同じく恵体のあかね
大沢あかねに似ていた、ロケットおっぱいだった
長身のはるか
はるかは綾瀬はるかに似ていたが長身のせいか綾野梓にも似ていた
話は戻って急にゴルゴを振られた俺は困ったが周りのノリに押されてか
「俺の後ろに立つな…」とか眉間にしわ寄せたりしていた
その様子を見て3人がゲラゲラ笑い始めた
3人は笑ったせいで少し乱れたか足元から浴衣がめくれた
俺は肉感ある白い太ももを確認しさらに目線をその先へと移した
白い太ももの先は同じく白いパンツであった


さやかとはるかはどちらも白だった
あかねはパンチラしていたと思うが対応しきれなかった
俺は調子に乗ってモノマネを続けたが失敗に終わった
さらに他愛もない会話が続いた
あかねがジュース飲みたいから奢ってと言ってきた
俺はただ奢るのはつまらないから何かゲームしようと提案した
俺の策略もあってか勝負は腕相撲になった
相手は両手で3人の内1人でも勝てばジュースと言う条件でゲームを認めた
初戦ははるかだった俺は始めから長期戦にする事を目的としていた
何故なら浴衣がはだけてブラもしくはおっぱいを拝めると
予想通りブラを見るの意外と簡単だった


はるかは花の刺繍がはいった白ブラでCカップぐらいだった
風呂上がりの独特な匂いがたまらない、程よく堪能して勝った
続いてさやか、白無地のスポーツブラだった、おっぱいデカそうな割りにBダッシュぐらいで萎えたので速攻で勝つことにした
最後はあかね、あっちもいよいよ追い詰められたとばかりに気合が入ってきた
あかねは中々強かった、3戦目という事もあり疲労のせいか俺は少し危機感を覚えた
一進一退を繰り広げてくなか、あかねの胸元がはだけおっぱいが目に入った
でかい!俺はおっぱい先輩を思い出した
そして気付いた「奥行きがある、あれ?ブラしてないのか?」と心の中で思った
もう少しで乳首が見えそう…だが長引くとさすがに負けそう
肘をずらしながら視点移動へと入る

薄っすら乳輪が見えかけた時に俺はつきてしまった
負けた…俺は約束通り3人にジュースを奢った
その後、なんだかんだで後日また会う流れになった
3人が帰った後も漫画を読み続けていたが


俺もさすがに眠くなってきたので部屋に戻る事にした
するとある物に気付いた、先程3人が座っていた場所に
薄紫色のブラが置いてあったのだ
先程のパンチラ確認でさやか、はるかが白だったのでブラの色が変わるのは変だと断定し、このブラがあかねではないかと推定した
タグを確認するとF70と表示されていた、デカイ…あかねで間違いない
あかねの乳首を見れなかった事に後悔した俺はそのブラをオカズに
共同トイレで自慰する事にした
あかねのブラをあそこに巻き付け俺はストロークを開始した
眠気と疲れもあったのかあまり息子は元気が出ずフィニッシュには至らなかった
俺はあかねのブラを隠し気づかれぬよう部屋に戻った
ツレは爆睡中だった


俺はブラを自分のカバンにしまい眠った
その夜、俺は初めて夢精をした
夢と現実の狭間であそこがフルパワーの感覚になっており、なぜか裸のおっぱい先輩にパイズリされているシュチュエーションからのスタートだった
先輩のおっぱいは確認済みだったので描写はかなりリアルなものだった
乳圧が気持ち良すぎて発射寸前だったが
俺も先輩のおっぱいを楽しみたいと思い先輩のピンク乳首を舐めおっぱいを堪能した
夢ではあるものの今でさえ感覚に相違はないと感じた
そのうち先輩が「中に挿れていいよ…」と声をかけてきた
俺は待ってましたと言わんばかりに正常位で挿入を開始した
先輩のあそこはピンク色で新品未開封状態だった
ゆっくり時間をかけ先輩は俺のブツを優しく迎えてくれた
奥に到達するまで先輩は小刻みに震えるのがわかった
「…ん…んっ」と繰り返し囁かれ、益々俺のブツは大きくそして硬くなっていった


ようやく奥まで挿れる事ができ、ゆっくりと動く事にした
先輩が「んっ…あっ…気持ちいぃょ」と言った
俺は「もう少し早く動きますよ」と言い、腰を振り始めた
腰の動きに合わせ先輩のおっぱいが大きく動いた
ドデカいがプリンが平行移動する様はとてもエロかった
先輩の喘ぎはさらにワントーン増してきた
俺はさらに高速で動きなおかつ乳首を舐めながら続けた
乳首が気持ちいいのか先輩の締め付けがキツくなるのを感じた
俺はこのままいってしまおうと思いさらに高速で腰を打ち続けた
おっぱいもそれに反応し激しく波打った
先輩が「あっ…あんっ…あんっ…いっ…いっちゃう…いっちゃうよぉ……んっ…いくっ…くっ」と言い身体を仰け反らせた
俺は先輩のお尻のあたりをホールドし唇にキスをしながら発射した所で目が覚めた
夢の中俺は終始無言だった笑


俺のパンツはには驚く量の精が出ていた
夢だけどおっぱい先輩とやってしまった…すごく気持ち良かったなぁ。
夢だけど童貞卒業したから俺は仮免許クラスかなぁと暫く余韻にひたりたかったがツレもいたので、すぐ処理せねばと気持ちを切り替えた
だがツレは爆睡継続中で少しホッとした
試合前に外で捨てようとレジ袋に二重にしパンツを処理した
やがて試合の時間になったのでバスへと乗る事にした
だがゴミを捨てるを忘れていたが気にしなかった
そして大会2日目そろそろ苦戦が続くかと思えたが、やはりウチは強かった
午前の1試合目に勝利し俺は暇を持て余していた
周りの試合を見ると昨日旅館で会った3人組のチームがいた
スコアは2セット先行されていて後がない状況だった
はるかはレギュラーであかねがピンチサーバーみたいな感じでさやかはベンチでチームを鼓舞していた
俺は負けたら帰っちゃうんだよなぁと軽い気持ちで思った
健闘虚しくチームはストレートで負けてしまった
むせび泣く3人組に俺は興奮してしまった笑
鬼畜ではないのだが女の涙は色気がある

3人組の高校が帰ると言う事は今日中にあかねにブラ返さないといけない
強い使命感が生まれた
午後の俺たちの試合が始まる
やはりウチは強い素人目にもこのまま優勝するのではないかと思えた
俺も夢精してスッキリしたので応援も軽やかだった
すると3人組のチームが見学に来ている事を確認した
俺は応援を見られて恥ずかしい気持ちは特別なかったので、そのまま続けた
2試合目ももちろん勝利し明日へと繋げた
そして夕方宿舎へと戻った
夕食を食べ終え部屋に戻りツレと64をしながらブラをどう返そうか悩んだ
一応また会う約束はしていたが正確な時間は決めていなかった

俺はブラを隠し持ち22時ぐらいに漫画を読みにロビーへ繰り出した
3人を待ちながら漫画を読み続けたが現れず日付が変わり諦める事に
部屋に戻り眠りにつこうとするが中々眠れない…
俺はあてがあったわけではないがなぜかもう一度ロビーへ行くことにした
1時を過ぎたぐらいだろう静寂の中とぼとぼ歩くとそこにはあかねがいた
俺は「うぉ!」びっくりした
あかねの第一声は「遅いんだけど」
時間決めてなかったし…と反論したが別に怒られる事はなかった
はるかとさやかも居たそうだが部屋に戻ったの事で俺には都合が良かった
俺「ブラ忘れてなかった?」
あかね「やっぱり!忘れてた?!浴場探してもないから」
俺は背中に隠していたブラをあかねに返した
あかねは「そのまま持ってきたの笑、普通袋とかに入れない?」と笑っていた


あかね「まぁありがと」
それから試合の話になって負けたから明日帰るんだよねぇと多少しんみりするのかと思ったら
そんなに気にしてないらしくまた練習してまた大会に出れるように努力すると前向きな発言をしていたので安心した
するとあかねが「今日はブラ付けてるよ」と笑った
俺は返しに困って「あぁそうなんだ」しか言えなかった
あかね「反応薄いね?嫌い?」
俺「何が?」
あかね「私」
俺「は?」
あかね「なんでもない、もー疲れたから肩揉んでよ」
俺「じゃんけん」
じゃんけんに負けた俺はあかねの肩を揉む事に


じゃんけんに勝とうが負けようがやらされたとは思うが
俺は少し緊張もするもゆっくりあかねの肩を揉む事に
途中あかねから痛い気持ちいい強い弱いがループしていたが、俺は気付いた
肩揉むポジションって胸チラ見放題だと、幸いにも浴衣なのでハードルは低い
深い谷間は綺麗に見えるものの乳首は一向に見えてこない残念だ
しかし女の肩を揉み谷間が見えるシチュエーションに俺は元気になってしまいヘマをしてしまう
俺の元気なブツがあかねの腰にヒットしてしまった

あかね「なんかあたってる笑」
俺「ごめん膝かなぁ」
あかね「いやいやわかるっしょ笑」俺「何が?」
あかね「何がじゃないでしょ笑」あかねは笑っていた
あかね「ダメじゃん笑、元気なの? 」
俺「いやゴメン不可抗力だわ」
あかね「私のブラでやった?」
俺「何を?」
あかね「もう~そういうのいいから笑………やる?」
俺「…え?」
あかね「いいよ…ちょっと待ってね」
あかねは一度部屋に戻ると言い俺は待つことに
その間色んな事を考えていた恵体とまさかやれるとは…
今では大沢あかねは世間一般的にはブスとか言われてる、有吉からはブス界1の美女のあだ名をつけられているが、天テレリアル世代の俺はタイプだった
程なくしてあかねが戻ってきた
俺はドキドキしまくりでこの辺の記憶は曖昧
あかねがどこでやる?俺くんの部屋にする?と言ったがツレがいる事を説明したら俺の部屋はダメになった
早く決めないとあかねのモチベーションが下がってしまうと思い
共同トイレでする事にした
あかねは「ぇえ~」と小声でいったが後には引けず
2人個室へと入った、静寂が包む中ゆっくりキスから始まった
和式だったので座る事ができず直立したまま、俺は浴衣の帯をとりおっぱいへと移行した

白ブラがこれでもかと主張しており、外すとも見事なロケットおっぱいが出てきた
俺は右に左に乳首を舐めまわした
あかねは必死に息を静め身体をビクッつかせていた
俺はさらに下に手を伸ばしパンツの中に指を入れた
この時あかねに力が入るのがわかった、あかねのあそこはビショビショになって今すぐ受け入れOKの状態だった
俺は挿れていい?と聞くとあかねはコクリと頷いた
ちなみにあかねが一度部屋に戻った理由はコンドームを持ってくるためであった
コンドーム持ってくるなんてビッチだと思ったが今はそれどころではなかった
コンドームを見るのも触るのも初めてだった俺だが野生の直感なのかスムーズに装着できた

あかねもまさか俺が童貞だと思うまい
俺も服を脱ぎ挿入を試みるが直立したままは中々難しい
俺はあかねの片足を持ち斜め下からゆっくりと挿れる事に
ようやく全部入りぎこちないながらも動ける形に
俺は突く度に揺れるおっぱいを舐めながらこの作業に没頭した
暗闇が照らす真っ白なおっぱいをひたすら舐めまわした
すでに俺は昨日夢で脱童貞を果たしたばかりで余裕があった
今度はバックで挿入し腰を振る
これでやっと動きやすい格好になった
乾いた音が響いた、周りの気配なんて忘れていただろう
腰に回してた手をおっぱいに移しひたすら腰を打ち続ける
手に余るおっぱいが激しく揺れあかねの乳首はビンビンだった
もうあそこもヌルヌル絡みついて離さない

乳首をいじるとキュっとあそこが締め付けるそれを何度か繰り返しいると俺は静かに逝ってしまった
俺はヘトヘトだったが、あかねはもっとヘトヘトだったろう
座りこもうとしていたが俺が抱き寄せた
あかねが小声で「気持ち良かった?私は気持ちいい良かったよ…」と吐息混じりに答えた
俺も「良かったよ」と答えキスをした
トイレットペーパーで拭いてあげコンドームと一緒にトイレに流した
この時フェラして欲しかったが言い出せず終わった…
そしてまたロビーに戻り談笑した
トイレから出る時はドキドキしたが誰もいなくて助かった
今度いつ逢えるだろうかそんな話をしていた
ここに来てやっとお互いの連絡先を交換した
俺はピッチだったのが少し恥ずかしかった、当時エッジというPHS笑
お互いの住む所は東日本だったので逢おうと思えば電車で3時間ぐらいだね~などと逢う事が決められたかのような感じだった
彼氏がいるか聞きたかったけどあとでメールで聞こうと思いやめた
そして最後におやすみのキスをしてサヨナラした

俺はおっぱい先輩に申し訳ない気持ちでいっぱいだった
目の前のエサにまんまと飛びついてしまって本能とは恐ろしいものだ
単なるスケベなのだが、中・高校生の性欲は半端ない
とりあえずコンドームでしたから生でやれば本当の脱童貞と勝手なルールが当時あったかもしれない笑
この後話は端折るけど準決勝で負けました

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
おっぱい先輩4

■前の記事
おっぱい先輩6

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集