pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

彼女が寝取られるのを阻止してやったwwww3



ユウは我慢できなくなったのか自由になった手を自分の胸へと動かそうとしていた。そこで俺は再びユウの両手を押さえた。ユウは驚いた表情で俺の顔を見た。すかさず俺は
「どうした? 胸を触ってほしいのか?」
 と言ってやった。ユウは顔を真っ赤にし、悔しそうな表情をしながら俺から目をそらした。まだ満足はしていなかったが、仕方がないので胸を触ってやった。右手で左の胸を揉みながら、右の胸を舌で舐め上げていった。
外側から内側に向かってゆっくりと。ユウはまた我慢しながら時折、小さな喘ぎ声を漏らしていた。乳首の辺りまで来ると「フッ」と息をふきかけた。
ユウはビクンと身体を震わせた。乳首には触ることなく左の胸にも同じことをしてやった。最後に息を吹きかけると先程と同じようにビクンと身体が反応した。そこまですると俺はもう一度ユウに向かって
「触ってほしいのか?」
 とたずねた。ユウは俺の声を無視してそっぽを向いていた。俺は顔をユウの顔の方へと持っていき、両手でユウの顔を固定した。
ゆっくりと顔を近づけていってもユウは手で少し押し返そうとするだけで抵抗らしい抵抗をしなかった。俺は唇をユウの口の近くまで持っていった。
口と口が触れ合う直前で近づくのをやめ、そのまま止まっていた。ユウは閉じていた目を開き、私の顔を見た。私はそのままキスはせずに首筋に移り、舌を這わせた。ユウはまたビクンと身体を震わせた。
私はそのまま首筋を舐めながら耳のほうへと向かっていった。耳まで到達すると小さな声で
「乳首を触ってほしいのか?」
と言った。その後もう一度ユウに顔を近づけるとユウは目を閉じ、恥ずかしそうにしながら小さくコクンと頷いた。

 俺は満足しながら乳首に吸い付いた。乳首を吸いながら舌で先端をチロチロと舐めてやった。逆の乳首は指で優しく弄ってやった。ユウはもう声を我慢することもなく「アッ、アンッ」と、普通に喘いでいた。
そのまま数分の間、胸を中心に全身の愛撫を続けた。全身の愛撫をしても、まだ局部には触れなかった。しばらく触っているとユウの腰が前後に動き出した。クネクネと小刻みに振っている。
俺はその反応には無視して愛撫を続けた。そのまま続けているとユウが俺の身体に腰をこすりつけてくるようになった。

 俺はそれを見るとまたユウの両手を押さえつけた。仰向けで両手を押さえられているユウの上で両手を押さえながら俺が上に覆いかぶさっている状態だ。俺はユウの目を見つめた。今回は何も言わなかった。
ユウは俺の視線を感じると、一度目を合わせたがすぐに恥ずかしそうに目をそらした。ユウはおそらくまた俺が「触ってほしいのか?」と言うのを待っていたのだろう。だが俺はそのまま何も言わなかった。その間ユウはたまに腰を前後にクネらせていた。俺
が何も言わないのが分かったのかユウはまた俺の顔を見た。少し戸惑っているようだった。ユウはしばらく俺から視線を外したり、また俺の顔をちらりと見たりということを繰り返していた。俺はその間ユウの目を見続けていた。ユウは観念したのか、恥ずかしそうに
「触ってください」
と、つぶやいた。俺は心の底から満足感に満たされるのを感じた。ほんの一時間前までは「童貞野郎」と、罵っていた女が今では自分に「触ってほしい」と、お願いしているのだ。この言葉に満足しながら俺は冷たく
「どこを?」
と聞いた。
ユウは恥ずかしそうに顔を横に向けながら
「マ○コを」
と、小さな声で言った。
「俺の目を見ながらはっきりと言え」
と言うとユウは少し恥ずかしそうにしていたが、俺の目を見ながら小さな声で
「私のマ○コ触ってください」
 と、言った。

 そこで俺は彼女に向かって言った。
「彼女、こいつはこう言っているけど俺は浮気をしたくないし、彼女以外の女を抱きたくもない。だけど彼女がどうしてもこいつを抱いてやってほしいと言うなら考えなくもない。どうする?」
 彼女は突然話しかけられて驚いたのか、一瞬身体をこわばらせて俺の顔を見た。再び視線を外すと彼女は少し黙ってから
「触ってあげて」
と、ボソリと言った。

「じゃあ、こっちに来て」
 俺はその言葉を聞くと彼女をベッドの上へと上がらせた。何をするのかと二人は戸惑っていたが、無視して彼女をベッドの上に来させると俺はユウの両手を離して起き上がった。
ユウの足にまたがって座った状態になり、彼女を俺の方に向かせてユウのお腹の上に座らせた。
「キスして、激しいやつ」
 俺は彼女にそう求めた。彼女は少し戸惑っていたがすぐに両手を俺の首に回してキスをしてきた。はじめは唇を重ねるだけだったが、すぐに彼女は俺の口の中に舌を入れてきた。
少しの間、彼女の舌が俺の口をさまよっていたが、俺は我慢できなくなって彼女を抱き寄せて激しく舌を絡ませた。
彼女をユウの横に押し倒し、力いっぱい抱きしめながら激しく舌を絡め合わせた。二、三分の間ディープキスをした後、口を離し彼女の顔を見た。俺もかなり興奮していたが彼女もかなり興奮していた。
好きな男と好きな女が愛撫しているのをずっと見ていたのだから仕方がないのかもしれない。
俺はもう一度彼女とキスをしながら右手を彼女の局部に伸ばした。パンツの上から少し触ると彼女はピクンと腰を振るわせた。
俺はキスしながら少し驚いていた。彼女のパンツは信じられないほど濡れていた。お漏らしでもしたかのようなという例えがピッタリ当てはまるようにグチョグチョだった。
パンツ越しに二、三度上下に指を這わせるとパンツの中に右手を滑り込ませた。パンツ越しでも分かったが彼女の局部はこれまでにないくらい濡れていた。
俺は我慢できず彼女の中に二本指を入れると激しく動かした。彼女の感じる部分を指で刺激していると、彼女は
口を離して喘いだが、俺は彼女の顔を左手で押さえるともう一度唇を閉じた。そのまま激しく舌を絡ませながら彼女を刺激し続けると彼女はほんの数分で果てた。いつもなら彼女がイクと余韻を感じるために少し休憩するのだが、その日は興奮が収まらなかった。
そのままディープキスをしながら指を動かし続けた。少し戸惑ったのか彼女は軽く抵抗したがすぐに受け入れてもう一度イッた。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
彼女が寝取られるのを阻止してやったwwww2

■前の記事
 彼女が寝取られるのを阻止してやったwwww4

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集