pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

中学三年の時の夏の終わり☆1



中学三年の時の夏の終わりでした。

夏休み明けに体育祭があって、応援団を担当していた私は、休み中も学校に来て体育祭の準備などを行っていました。
校舎の旧館である別館に荷物などを置いて、仲間内で段取りを決めたり、応援合戦のネタを考えたりしていました。
いつもなら暗くならないうちに早く帰るのですが、その日はやることが多く、後片付けなどに手間取り、
日も暮れてしまっていました。

私は作業が進んだことで、ある意味満足感を感じていましたが、仲間は時間が遅くなったので早々に帰って行きました。
私も早く帰らなきゃいけないなと思い、別館へ荷物を取りにいきました。

すると別館前に、卒業生の先輩たちが男4人集まっていました。不良っぽく怖かったので、私は会釈だけして通り過ぎました。
「なんか・・嫌な感じだなぁ・・・。」そう思い、なるべく目を合わせないようにして、その場を離れました。

別館の三回まで登って、美術室に置いてある自分の荷物を取り、早くここから離れようと、
足早に階段を降り、別館の入口に向かった時、私はギョッとしました。
男たちが入り口を塞ぐように立っていて、私の方を一斉に見てニタニタと笑っていました。

怖かったけれども、そこを通るしか他にないので、うつむき加減で男たちの間を抜けようとした。
すると、「体育祭の準備、たいへんだね~」と声をかけられました。
私は、「あ、はい・・・」と顔を合わさないように男たちの間を抜けようとした瞬間、出入口を完全に通せんぼされ、
扉を閉められました。

そして男たちは私の肩を掴んで、「せっかくだからもっとお話しようよ~」と言って私を取り囲みました。
そして、私の手首をギュっと掴み逃がさないようにし、「せっかくだからゆっくりお話しようよ~」と言ってきました。
「いいです、もう遅いんで・・・」私はなんとか逃れようとしました。

すると、別の男が私のもう片方の腕を掴もうとしてきたので、
私はその手を振り払い、腕を掴まれないようにしましたが、男も無理やり掴もうとしてきました。
私が少し暴れたので、男の手は私の胸を触ってしまいました。
その瞬間、男たちの欲望に火がついたのか、男全員が私の胸を触ろうと手を伸ばしてきました。

私は反射的に「いやぁっっ」と叫び、自分の荷物を投げつけ逃げ出しました。
今思えばなんて愚かなと思いますが、気が動転した私は、別館の上の階に逃げてしまいました。
逃げ道なんてないのに・・・。

私と男たちの鬼ごっこが始まりました。いや、鬼ごっこというより獲物を追う狩りと言ったほうが正しいのか。
捕まったら確実に犯されると思い、必死で逃げました。
そして三階の美術室の用具入れの中に隠れました。

男たちは一部屋づつ虱潰しに探していました。
まずは二階、そして三階。
男たちが近づいてくるのが気配や音でわかり、私は緊張状態となり、心臓はバクバクとなっていました。
そして、男たちはとうとう美術室へと入ってきました。
私は息を殺して去って行くまで待ちました。男たちはしばらく室内を捜索してから出て行きました。

「助かった」と私は思い、10分位してから用具入れから出て様子を見に行きました。
三階にはもう彼らがいないとわかり、二階へゆっくりと慎重に降りて行きました。
そして二階にもいないことを確認し、一階へ降りる階段から少しずつ一階の様子を伺いました。

シーンと静まり返り、もはや人はいないような感じでした。すると、別館の入り口付近に私の荷物が落ちていました。
「あれを取ってダッシュで逃げよう」と思い、私はついうっかりその荷物に近づきました。
男たちが仕掛けた罠だと気付かないで・・・。

よく考えれば逃げ道なんてなかったから、最初から私は犯されることが決定していたのです。
男たちは扉の影に隠れていて、私の前に飛び出し、「み~つけた~」と言い放ちました。
私はまた気が動転し、上の階へ逃げました。男たちも走って追ってきました。

やっとの思いで三階の美術室まで逃げましたが、息が切れ、もうヘトヘトでした。
男たちはすぐ追ってきて、美術室の二つの出入口を手分けして塞ぎました。そしてジリジリと私に迫ってきました。

私は強行突破しようと出入口へ向かいました。
しかし、男の力に勝てるわけなく、腕を捕まれ、私は廊下で座り込みました。
男たちは私を取り囲み、抱え上げて、隣の図書室へ運び込みました。
私は抵抗しましたが力ずくで私は引きずられ、図書室のカウンターの裏へ連れ込まれました。
そして図書室の鍵を閉め、私を寝かせ、私の体中を触り始めました。

男たちの8本の手が私の体に伸びてきて、私の胸、首筋、脇、お腹、太腿、下腹部と撫で回し始めました。
私は2本の手で抵抗しましたが、簡単に押さえつけられました。
そして私は胸や下腹部を触られるたび、ビクッと体を反応させてしまいました。
男たちは、それを見て興奮してニタニタと笑い、私の顔を覗きこんで醜悪な表情を浮かべました。
私が顔を背けると、男たちはさらに興奮して歓喜しました。

そして、私のジャージのズボンに一人の男の手がかかりました。
私は「いやっ、いやっ」と抵抗しましたが、むしろ男たちをより喜ばせてしまいました。
そして私はズボンを脱がされ、ブルマー姿にされました。男たちは私の膝を抱え上げ、足を開かせて、
私の股間を無防備にしました。

そして私の割れ目部分を指でなぞり始めました。
私は必死で足を閉じようとしましたが、がっちり足を抑えられ、されるがままになっていました。

男たちは私の上体を起こして、体育座りの状態にしました。後ろから胸を乱暴に揉まれ、
私はその男にもたれかかるような形になりました。
足は開かれた状態を保たれて、沢山の男の指が、ブルマー越しにわたしの割れ目を刺激してきました。

すると、急に一人の男が私の目の前に仁王立ちになりました。
私はビックリしてその男の顔を見上げました。
男はまたニタニタ笑って私を見下ろしながら、自分のベルトを外しチャックを下ろしてイチモツを出し始めました。
ビックリしている私の頭をガッチリ押さえつけ、私の口の中へイチモツを滑り込ませてきました。
当然私は抵抗して口から吐き出そうとしましたが、頭をガッチリ抑えられ、両手も他の男に掴まれて、
一切の自由を奪われました。

男は腰を突き出し、奥までイチモツを突っ込んできました。
喉にあたり、私はむせてしまいました。私は涙目になり、「んんーーー、んんーーー」と声にならない声で抵抗しました。
相変わらず別の男は、私の胸を揉み、股間を弄って、効率よく私の体を弄びました。

しばらく男は私の口腔を犯していましたが、ゆっくりと口からイチモツを抜き出しました。
私は息苦しさから開放され、ぐったりとして頭を下げ、うつ向きました。
そして私の口から、溜まっていたヨダレがポタポタと体操服に落ちました。

すると男たちは体操服を脱がせにかかりました。
私も段々体力が奪われ、男の力の強さに押されて抵抗できなくなっていました。
すんなり体操服を脱がされ、ブラジャー姿にされブラの上からキツく胸を揉まれました。
そして股間にむしゃぶりついていた男の手が、ブルマーの腰の部分にかかりました。
そしてゆっくり、本当にゆっくりと時間を掛けて、私はブルマーを脱がされました。

男は私のブルマーを剥ぎ取り、まるで獲物を獲ったかのように歓喜しました。
すぐに男たちは、パンティの上から私の股間の割れ目を指でグリグリと上下になぞってきました。
パンティにスジがクッキリ浮かび上がり、男たちは楽しそうにスジをなぞって弄んできました。
私は極度の嫌悪感と羞恥心に苛まれましたが、男たちに拘束され逃げられない現実が、
それらを絶望感へと変えていきました。

次に男たちはポジションをローテーションし、別の男が私の前に仁王立ちになりました。
そしてイチモツを出し私の口内へ挿入してきました。

私は絶望感と疲労から、だんだん抵抗しなくなってきていました。
むしろ、これからこの人達に犯されるんだと言う現実を、受け入れ始めていました。
男は私の頭を抑え、腰を動かして、イチモツで私の口内を探るようにピストンを繰り返しました。

それほど大きくない私の胸は強く搾られ、股間は乱暴にイジられ、足を何度も閉じようとしてもガッチリ抑えられ、
恥ずかしいけれど、私はパンツを湿らせてしまっていました。
パンツが湿って股間に張り付き、スジをよりクッキリと浮かび上がらせていました。

しばらくして、男は私の口からイチモツをニュルッと抜きました。
私は呼吸を整えるために深く息をし、ぐったりと後ろの男にもたれ掛かりました。

すると後ろの男は、私の背中を前に倒してきました。
そして、ブラのホックを外してきました。
簡単にブラを外され、別の男が肩紐を引っ張り剥ぎとっていきました。
もう私はされるがままでした。

私は仰向けに寝かされ、男たちはわたしの乳房を鷲掴みにし、乳首を指先で転がして遊び始めました。
私は自分の意志に反して乳首をプックリと勃たせてしまいました。
男たちはそれを確認すると、ぬーっと顔を近づけ、私の乳首にしゃぶりつきました。
男たちは私の乳首に強力に吸い付き、歯や舌で刺激し始めました。
思わず私は、「んっ、んんっ」と声を漏らしてしまいました。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
留学生を下宿させたら………

■前の記事
中学三年の時の夏の終わり☆2

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集