pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

寝取らせしたくて嫁に話したら



寝取らせしたくて嫁に話したら、嫁が以前不倫していた相手とならいいよと言われた。
それを承諾したのは寝取らせでいいのかな?

週末の夜、嫁の愛美とまったりテレビを観ていた時のこと。
思い出したように「あ、そうそう」と愛美が話しだしました。

愛美「ねねあっちゃん。今日ね、メール来たんだけど」
僕 「メール?誰から?」
愛美「XXちゃんから」
僕 「・・・えっ」

1年半ほど前になりますが、その頃僕は寝取られ・寝取らせプレイ願望にずっぽりハマっていました。
しかし実際にそれを経験するためには、愛美に秘めた思いを話さなければいけません。
なかなか話を切り出す勇気が持てなかった僕は仕方なく、愛美が僕と結婚する前に付き合っていた男たちと、
どんなエッチをしたのかを聞かせてもらうことで、かろうじて我慢していました。

でも愛美が付き合った男もそれほどたくさん居たわけではなく、結果同じ話を何度も聞くことになります。
悩んだ末に僕はダメ元で、思い切って愛美に「単独デートプレイ」って奴をやってみたいんだけど、と打ち明けました。

エッチする度に僕が愛美の昔の彼氏との話をせがむので、愛美も僕の性癖は薄々わかっていたようです。
それでもさすがにリアルタイムで体験したいと言われるとまでは考えてなかったらしく、「・・・は?」と言って若干ひいてました。

しかし根がエッチな愛美です。僕の願いが本気だということをしっかり説明し、理解してもらうことができました。
「あっちゃんが望むならいいよ」と笑って答えてくれた時は、これで願いが叶う!と思っただけで痛いくらいにチンコが固くなったのを覚えています。

ところが相手の男をどうするか?で話が進まなくなってしまいました。
僕は出会い系とかネットで探せばいいと簡単に考えていたのですが、
愛美は「ぜんぜん知らない人と?会っていきなりホテルでエッチ?二人っきりで??怖いからそれはイヤ」と却下。

言われてみればその通りです。大事な嫁を見ず知らずの男と二人きりにするなんて危険ですよね。
僕は自分の浅はかさを反省しました。

となると相手が居ません。
友達や知人にそんな話を頼めるような奴はいるわけもなく。
なにより自分の恥ずかしい性癖を知られたくないし。
愛美はOKしてくれたけれど、実現は無理かぁ・・・と諦めかけた矢先。

「・・・あっちゃんそういうの好きならいいコト教えてあげる♪」

愛美はそう言ってから、かつて愛美の会社の同僚だったXXという男と、W不倫していた事を告白してきました。
浮気してくれと頼むつもりが、既にされていたという事実は、自分でもホント勝手だと思いますが結構なダメージ。
つい数分前までカッチカチだったチンコが一瞬しぼみました。

しかしよく考えれば、今まで聞いたことが無い新鮮なネタを手に入れるチャンス。
これはしぼんでいる場合ではないと思い直し、愛美とXXとのエッチレポートを詳細に聞かせてもらいました。
そして僕のチンコは再び痛いくらいの固さを取り戻したのでした。

僕 「XXからメール?な、何だって??」
愛美「ん?『久しぶりにお茶しない~?』って」
僕 「それだけ?」
愛美「うん」
僕 「ホントにぃ~?」
愛美「ホントホント。メールみる?」
僕 「見せて。・・・ホントだ」
愛美「でしょ♪」
僕 「『久しぶりにお茶』かあ・・・へー」

愛美はテレビ見ながらコーヒーを飲んでいます。

僕 「ねえねえ」
愛美「ん?」
僕 「これ、これさ。メール。返事したの?」
愛美「してないけど?」
僕 「あ、そうなんだ・・・そっか」
愛美「してないよ。なんで?」
僕 「なんでって。返事したのかな~って。ちょっと。気になったから」
愛美「あっそ」
僕 「・・・・」
愛美「~♪♪♪」

コーヒーを飲み終えた愛美は、冷蔵庫から野菜スティックを取り出してかじり始めました。

愛美「あっちゃんも食べる?」
僕 「食べる。・・・ってかさ~さっきのメール」
愛美「ほい?」
僕 「返事ホントにしてないのっ?」
愛美「だからしてませんて」
僕 「・・・そ、そうですか。じゃあ、じゃあさなんで俺に見せたの」
愛美「なんでって。内緒にしてたらアレかなって。そう思って」
僕 「えーだって。会う気無いなら別に見せなくてもいいじゃん。削除しちゃえばいいだろ」

すると愛美はニっと笑って「会う気無いとは言ってないよ」

僕 「は?」
愛美「あ、返事はしてないよ。返事は」
僕 「なななにそれどういう意味よ」
愛美「あ、あっちゃんもコーヒー無くなっちゃったね。もう一杯飲む?」
僕 「飲む。お、サンキュ♪」
愛美「このコーヒーおいしいよね☆」
僕 「うん。・・・で、何よどういう意味なのよッ『会う気無いとは言ってない』って」
愛美「そのまんまの意味ですけど?」
僕 「あ?」
愛美「ニブイねこの人。だからぁ♪あっちゃんがぁ」
僕 「俺がぁ?」
愛美「『会ってきて欲しい』って言うならぁ」
僕 「・・・・言うならぁ?」
愛美「・・・会ってあげてもいいかな~って。ぐはぁ☆」

会ってもいいと聞いた瞬間、かつて愛美の口から聞かされた
XXとのエッチなあれこれの想像シーンが、頭の中を駆け巡りました。

1年半ほど前は、思いがけずに愛美の不倫話を聞くことはできたけど、
結局寝取らせプレイをリアルタイムで体験することはできず仕舞でした。
今でもその願望が消えたわけじゃありません。

愛美は見知らぬ男と会ってその日にエッチは無理だと言いましたが、この夜の愛美の悪戯っぽい目は
(でもXXちゃんだったら前もエッチしてたし安心かもね♪)とでも言っているかのようでした。
って言うか間違いなくそう考えてたに違いない。

僕 「う~ん・・・・」
愛美「えっへっへ」
僕 「俺の気持ち次第ってことか」
愛美「そだね。あたしはどっちでもいいよ。あっちゃんに任せる」
僕 「ホントに?」
愛美「うん。あっちゃんが『会っちゃダメ』って言うならあたし会わない。メールもしない」
僕 「うそっぽいなー」

愛美「ホントだってば。疑うならアドレス変えてもいいよあたし。受信拒否でもいいし」
僕 「マジかいな」
愛美「うん」
僕 「そうか。・・・でもさ、愛美はどうなの?」
愛美「どうって?」
僕 「会いたいとか・・・思ってないの」
愛美「うーん・・・正直に言ってもいい?」
僕 「い、いいけど」
愛美「会いたいか会いたくないかって言われれば、『会いたい』かな」
僕 「やっぱり・・」

愛美「ふふっ♪ホラ、XXちゃんはさ、あたしを調教してくれた人だし」
僕 「うむむ」
愛美「ね。久しぶりにそういうのしてもらうのもいいかな~って♪正直に言えば・・・だよ」
僕 「やっぱりやっぱりそうなんだあ」
愛美「でもホントどっちでもいい。あっちゃんがイヤだったらあたし会わないよ約束する。だってあたしあっちゃんが一番大事だもん。わかるでしょあっちゃん」
僕 「うん。わかった・・・うーむ」

(1)確かに見知らぬ誰かに愛美を抱かせるよりは安心
(2)でも不倫してた時は手枷だの足枷だの目隠しだのでソフトSMにハマらせた挙句、愛美を浴尿飲尿好きにまで仕込んだ奴
(3)愛美はその時の話をしてくれた時、何度か中出しまでさせた(愛美が言うには『ホントに安全な日だけ♪』)と言っていた
(4)そんな奴に再び愛美を好きにさせても大丈夫なのか?
(5)しかし念願の寝取らせをリアルに味わえるチャンス・・・

うーんうーんと(1)~(5)の考えが頭の中をループしました。

僕 「・・・わかった」
愛美「ん?」
僕 「会ってきてもいいよ」
愛美「マジで?」
僕 「マジです」
愛美「ホントにぃ~?」
僕 「・・・う、うん」
愛美「そっかー」

愛美はじーっと僕の顔を見た後でニコと笑って「やっぱやめとく」と言いました。

僕 「え?やめるの?」
愛美「うん。だってなんかあっちゃん辛そうだから」
僕 「そ、そう?そうかなぁ。でもでもさっきまた会いたいって」
愛美「そう思ったけど、あっちゃんに辛い思いさせてまで会わなくてもいいの。それはよくないなって」
僕 「あ。いやいや。別にそんなツラくないよ」
愛美「無理しないであっちゃん・・・さっきはちょっとだけ、久々に会ってみたいなーって。そう思っただけ。ね。忘れよ今のハナシ」

僕 「ちょっと待ってよ。やっぱりホラあの、会いたいって思う気持ち?大事にした方がいいと思う」
愛美「・・・えー。・・・だってぇ」
僕 「だって何よ」
愛美「・・・あっちゃんさっき悲しそうな顔にみえて。・・・きっとホントは会ってほしくないって思ってるんだって」
僕 「だから~そんなコトないって。っていうかむしろ会ってきて欲しい!なーんて」
愛美「・・・それホント?」
僕 「ホントです本当」

愛美「・・・あっちゃん無理してない?」
僕 「してないしてない。ハハハ♪」
愛美「・・・あたしにXXちゃんとエッチしてきて欲しいの・・・?」
僕 「ぜひお願いします」

愛美はしばらくの間、んーーと考え込んでいました。
やがて(・・・も~。仕方ないなぁ)って顔して「しょうがないなああっちゃん。そこまで言うならわかった。
ホントあたし別に会わなくてもいいって思ったんだけど。でもいいよ!会ってきてあげる」と可愛い笑顔を見せてくれました。

翌週の金曜日の朝、僕より一足先に会社に出ようとした愛美が言いました。

愛美「あ、そうそうあっちゃん。今日XXちゃんと会うことになったから」
僕 「え、今日?会うの??」
愛美「うん。でもなんかあんま時間ないっぽいの。お茶だけかも」
僕 「そう。まぁ久しぶりに会うんだしね。いきなりアレってのもアレだよな。うん」
愛美「だよね。だからたぶん遅くならないと思う。じゃ行ってきまーす☆」
僕 「いってらっしゃーい」

カッカッカッと足音を残して出て行った愛美が、その夜帰宅したのは終電でした。

愛美「ただいまーっと♪♪」
僕 「おかえりっ!・・・遅かったね」
愛美「えへ」
僕 「・・・ホテル行ったな?」
愛美「がは☆行っちった!」
僕 「お茶だけとか言ってたくせにぃ」
愛美「違うのあっちゃん聞いて。あのね彼ねホントに予定あったっぽいの!でも会ってお茶してイロイロ話してたらなんか盛り上がっちゃったのね」

愛美「でね、彼がね『あ~もう今日は予定キャンセルして、このまま愛美ちゃんとホテル行っちゃおっかな~』って。
その時あたしもチョー楽しくなっちゃってたから『行こ行こ~☆』って」

軽いなオイと思いつつもチンコは正直です。
これからついに夢見てた他の男としてきたばかりのエッチレポートを、愛美の口から聞けるんだ!
と考えたらパジャマの上からもクッキリ形がわかるくらいに固くなりました

愛美はそんな僕のチンコを「お」と、嬉しそうに見てから、

愛美「ごめんねぇあっちゃん。予定じゃなかったけどホテル行っちゃった。ってかあっちゃん勃ってるし!ね、お風呂入った?」
僕 「まだだけど」
愛美「あたしホテル出る前にシャワー浴びてきたから、あっちゃんもお風呂入りなよ。お話聞きながらエッチしたいでしょ?」
僕 「わかった。すぐ入る!!」

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
小5の頃、まだ低学年の妹が寝ているときあそこをパンツの上から触ってみた。

■前の記事
釣りに行ったら女が釣れた

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集