pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

レイプ魔の夢☆5



小さく丸まった姉の膝を持って、姉の身体を転がし、仰向けにする。

閉じた両膝を手でこじ開け、隙間に両膝を入れ込む。

そのまま、俺が膝を開いて曲げ、腰を落とすと姉は股間をおっ広げた状態になった。

「嫌ぁ。嫌ぁ。」
恥ずかしいポーズでガッチリと極められた姉が、秘部だけは見せまいと両手で押さえ、泣きべそをかいている。
ワンピースとパンティを剥ぎ取られたことで諦めがついたのか、そこまで強い抵抗を見せなかった。

「お姉ちゃん、見てみ。今からコレ、姉ちゃんの中に挿れるんやで。
奥まで挿れたるしな。」
腰を落とし、秘部を隠す手の直近までペニスが近づいた。
俺はペニスが未だにギンギンな事を姉に見せつける。

そして、湯呑みを持っていない右手で、姉の両手を掴み、少し持ち上げる。

「>>1ちゃん!>>1ちゃん!お願い! やめて!!お願いします!」
姉は涙を零しながら、抵抗し、再び助けを求めてきた。
バカな女だ。もう遅い。あのとき俺の愛を無下にするからだ。

姉は必死に力を入れ、秘部を守るが、力及ばず。
俺は少しだけ空いた隙間に、湯呑みのサラダ油を流し込んだ。

「ひっ!」
姉は油の感触に声を上げる。

俺は空になった湯呑みをソファの中に放り投げ、両手で姉の両手を強く掴む。

姉の腕を力任せに床に押さえ付け、正常のような体勢になった。

姉の陰毛は油でヌタヌタになり、ツヤやかに光っている。
俺はそのツヤやかな茂みに赤黒い亀頭を擦りつける。
すると、俺の亀頭も油にまみれ、テカテカと光った。

「お願い!>>1ちゃん!お願い!何でもするから!!やめて!お願い!」
姉の助けを求める叫びを他所に、俺は隆々とそそり立つ陰茎を姉の茂みの下にある柔らかな割れ目に当てがった。

俺は、心の中で思った。

親父、お袋
こんなに素敵な姉を産んでくれてありがとう。
出来損ないの俺にとって一番のプレゼントだ。

2人の自慢の娘をいただきます。

「おねえちゃん、大好き」


「いやぁぁぁあ!!やめてぇえ!!お願い!!やめて!>>1ちゃん!!お願い!!嫌ぁああ!!」
姉はその日一番の声で泣き叫ぶ。

俺は、泣きわめき、ぐしゃぐしゃになっている姉の顔を見て、満面の笑みを浮かべ、悪根を乙女の中に押し入れた。

ズブ・・・
俺の亀頭が、姉の割れ目に入り込んだ。
キツイ。これ、最後まで入るのか?
それがまず思ったことだった。

さらに初めてのペニスを女に挿れる俺は、
挿れる穴を間違っているんじゃないか?
とも思ったが、そのまま腰を押し込むと、ペニスも中へとめり込み。
正解のようだ。

サラダ油で、俺はペニスと姉のマ○コはヌルヌルになっていたはず。
それでいても、一気に奥までは突けそうにはない。

「お、おあぁぁぁ!」
俺は姉にたった今、ペニスが入ったということを認識させるため、わざと大きな声を出した。

「嫌ァ!!嫌ァ!!」
姉はゆっくりと秘部に侵入してくる異物感に激しい拒否反応を示す。

身体をよじり逃れようとするが、所詮は女、中2で細身とはいえ男の俺に力では劣ってしまう。

「お姉ちゃん、わかる??先っぽ、マ○コに入ったで!」
俺は、亀頭が半分くらい入ったところで止め、笑顔で姉が泣き叫ぶのを楽しみながら、現状を教えてやった。

満面の笑みで童貞を捨てたキモメンの俺と、泣き叫び処女を奪われた美少女の姉。
2人は面白いほど対象的だった。

息を止め、ゆっくりゆっくりとペニスを姉の深部へと潜らせる。

ズブ・・ズブブ・・
ようやく亀頭が姉の中に入りきった。

「あ・・、あぁ・・・、あ・・」
と痛さか気持ち良さかはわからないが、涙を流し天井を見つめ、声にならない声を出している。
呼吸は荒く、呼吸のたびに姉の胸が大きく上下する。

俺のペニスははち切れんばかりに膨張していたが、1度精子を出し切ったからか、射精の兆しは全くなかった。

すぐに中出しはしてやれない。
しかし、この時間をたっぷりと楽しめる。
にやける顔がおさえきれず、ずっと笑顔のままだった。

「一気に奥まで行くか、ゆっくり、どっちがいい?」
俺は姉に選ばせてみようと思い質問した。
記念すべき初めてのセックルだ、女の子に合わせてあげよう



「あ・・、お・・お願・・い!抜い・・て!」
姉は天井を見上げたまま、秘部に挿さったペニスを抜くことを望んだ。

「はあ?」
そんな選択肢は与えていない。
この後に及んで、まだ俺を拒むのか?
お前はもう、俺のものなんだよ。
優しくするとまた調子に乗る。

俺は自分が思っていたのとは違う返答に苛立ちを覚え、姉に少しお仕置きをしてやろうと思った。

「抜いたろか?姉ちゃん」
と言い、亀頭を割れ目の入り口まで引き、出るか出ないかのところでまた挿れる。
これを小刻みに数回してやった。

「あ・・!いああぁぁぁ!!」
俺の亀頭ピストンに、姉はビクビクッ仰け反り、大きな声を上げた。

それは入り口を異物で広げられる痛みからなのかも知れないが、俺には、俺のペニスでイキまくってるように見えた。

「おい、どうやねん!!」
俺は亀頭を挿れた状態で止め、強い口調で姉を責めた。

「やめ・・うぅッ!!」
姉の言葉を遮り、再び亀頭の出し入れを行い、カリが姉の入り口でこすれる感触を楽しむ。

やはり、射精の兆しはない。
今の俺のペニスは無敵だ。思う存分、姉をいたぶれる。

「聞こえへん!」
絶対に自分の口で言わせてやる。
また出し入れを止め、姉の回答を待つ。

「う・・、ゆっ・・く・・り」
姉は小さく、弱く、だが確かに「ゆっくり」と言った。
お望み通り、俺のペニスで時間をかけて、姉の処女膜を破いてやることに決めた。

ジワリジワリと亀頭を押し入れる。
俺は鼻息を粗くし、ズブブとゆっくりだが、確実に姉の中に入っていくペニスの様子を見つめる。

「見える?お姉ちゃん。今、俺のチ○コ、お姉ちゃんのマ○コに入っていってるで?メッチャ気持ちいいわぁ!お姉ちゃんのマ○コ、メッチャ気持ちいいわ!」
俺は執拗に姉に挿入していることを主張する。

「なん・・で、・・こんな・・ことするん?・・>>1ちゃん!」
姉の身体は震わし、俺に訴えかける。
膣を圧迫されて苦しいのか、その言葉も途切れ途切れだ。

「姉ちゃん・・、奥まで行ったで」
俺は姉にペニスが根元まで刺さったことを確認し、姉の唇にむしゃぶりついた。
舌を伸ばし、ベロベロと舐める。
姉は俺の舌を口内に入れまいと歯を食いしばっている。

姉の中にペニスを突っ込んだという興奮で、さっきまでの余裕はなくなり、再びケモノのようになっていた。

歯を食いしばっていた姉であったが、奥まで挿入されで状態で、むしゃぶりつくキスをされているうちに、悔しさが溢れてきたのか、目から大粒の涙が溢れ、しまいには大きな声で泣き出した。

「なんでなん・・!なんで・・!」
姉は自分を襲った理不尽な暴力を受け入れられず、泣き喚く。

俺は、姉の声を聞きながら、腕を姉の背中に回し、姉の柔らかな身体をギューと強く抱きしめる。

「嫌や・・!嫌や・・!」
姉は俺が襲いかかってから、どれくらい涙を流したのだろう。

姉は両手で俺の両脇腹辺りを押し、なんとか俺を離そうとするが、俺の体は完璧に姉の身体と密着しビクともしない。

俺は姉を抱き締めながら、中に入っているペニスに力を入れて、腰は振らずにペニスだけを動かす。

「あっ・・!やっ・・!」
俺のペニスに合わせ姉の体は小さく震えた。

俺が、ペニスを奥まで挿入してから5分くらい経過した。
俺は小さくゆっくり腰を振り出した。

「嫌!嫌っ!」
姉は俺の腰の動きを膣で感じ取り、懸命に無駄な抵抗する。

ペニスを動かさずにいた時とは、気持ちよさが全く違う。
姉の膣が俺の精子を搾り取ろうとしているような感覚に襲われる。

「ヤバッ!おねねちゃんのマ○コやばい!」
俺は予想以上の快感に歓喜の声を上げた。
腰のピストンは段々と大きく、はやくなってきた。

「やああぁぁあ!!やめてぇ!!」
姉は叫び声をあげるが、俺は快感の虜になっていて、とても腰を止めることなどできない。
俺は一心不乱に腰を振り続ける。


出る!
JKの処女マ○コから得られる快感は絶頂に達し、ペニスから精子が溢れ出そうなことを感じ取った。

「・・あぁっ!ねえちゃん!来たわ!来たわ!!」
俺は待ちに待った射精のときがやってきたことを姉に伝える。

ついに来た。
俺の精子を姉の膣内にぶち撒けるときが!
パンティの生地越しではない、直接精子を流し込んでやる!

「やめて!やめて!!あかんって!!ホンマあかん!」

「あああ!!姉ちゃん!俺の赤ちゃん産んで!!」

まさに精子が溢れ出ようとした瞬間、姉が大きくピストンしている俺のペニスを掴んだ。
突然力が加わったことにより、俺のペニスは姉の膣から抜けてしまった。

「あっ!!」
いきなりのことに俺は焦った。
姉の手をすぐに振り払ったとき、

ビュー!ビュー!

出てしまった。
俺の精子は空中に飛び出し、姉の陰毛に降り注いだ。

「うっ!」
姉は、精子がかかった感触に声を上げた。
姉の陰毛は大量の精子でまみれた。

「姉ちゃん!!何すんねん!!精子が!!」
俺は怒鳴った。
せっかくの精子が無駄に終わってしまったのだ

射精の快感よりも悔しさで頭がいっぱいになった。
しかし、俺は諦めなかった。
精子が溢れ出た亀頭を再び、姉の割れ目に当てがう。そして

「ながにだずのぉぉお!!!」
俺は叫び、一気に奥まで貫いた。

ズブブ
油や俺の体液、姉が分泌していたかもしれない愛液などで、締め付けはあったが、初とは違い、途中で止まることなく、すぐに奥まで到達した。

「ああああ!!いやぁぁああ!!」
姉は2度目の挿入に悲鳴をあげた。
今回の挿入は、一回目とは違い、乱暴で容赦がなかった。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
レイプ魔の夢☆4

■前の記事
いつ捕まってもおかしくない毎日でした。

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集