pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

秘境の地にあるスキー場に行ったら☆5



それから約2ヶ月後

俺の携帯が鳴り、見ると彼女の携帯からだった。
慌てて電話を取ると、スポブラ娘の声がした。
今近くの駅まで来ていると言う内容だった。
俺は仕事を切り上げて駅に向かうと、俺を見つけたスポブラ娘が、俺に抱きついてきた。
懐かしいくらいの胸の感覚に浸る余裕もなかった。
俺はカフェに連れていこうとしたが、人が多いのを嫌がったので、駅のそばのホテルに連れていき、話を聞いた。

ババァが倒れたらしい。
入院していてベッドから起きようとしないらしい。
彼女はババァの友人と一人で宿の雪かき等しているが、
病院に行ってババァの看病もしている手前困っているのだという。
アッシー男がでしゃばり、アッシーや手伝いをして助けてはいるが、交際を迫っているのを見て、スポブラ娘はここに来たようだ。
彼女は交際を嫌がっているという。
俺には行く資格がないと言いたいところだったが、スポブラ娘を見ると言えなかった。
学校に行く格好だった。
ふと気になり、どうやって来たのか聞くと、彼女の携帯を盗み、ババァに金を借りたらしかった。
最近は、アッシーと二人きりになるのを恐れて、家にも帰っていないらしい。
ババァの友人が折を見て、彼女の家の雪かきや彼女の衣服の持ち運び等をしてくれているのだと言う。

《ババァがこのまま死んだら大変な事になる。》
それがスポブラ娘なりに分かったのだろう。
俺は女友達に頼み、ついてきて貰った。
週末だったのもあり、女友達は快諾してくれた。

女友達をババァのいる病院でおろし、宿へと向かった。
スポブラ娘も下ろそうとしたが、行くと言って人目もはばからずにわめき散らしたのでやむを得ず連れていった。
途中の道で、ババァの友人が手を振って車を止めた。
ババァから連絡があり、話し合ってる間、宿を見といてくれるらしい。
ババァの人徳にはつくづく恐れ入った。
宿に着くと流石に入るのを躊躇してしまった。
しかしここまで来たと思い、意を決して中に入った。

彼女が出迎えて驚いた。
奥に行く彼女をスポブラ娘が追いかけ、ババァの友人が宿を見ておくから話し合ってくるよう、彼女に言い聞かせてくれた。
彼女の自宅に初めて行った。
彼女がお茶を出そうとしたが断り、三人で話を始めたが、彼女の第一声は
「帰って貰えませんか?」
だった。
話し合う事なんかないと彼女は言い張る。
「お母さんは貴方と結婚して欲しいみたいですけど、それは私達にした事を知らないからでしょ?」
等々と攻め立てる。
スポブラ娘は、俺達の行為は自分が無理強いしてした事だ等々とフォローを繰り返したが、彼女は聞く耳を持たない。

俺が一旦席を立とうとするとスポブラ娘が腕を掴んで言った。
「帰っちゃ嫌…」
「帰らないから」
それを見た彼女が口を開いた。
「もう帰ってください。娘や私をこれ以上振り回さないで下さい。」
するとスポブラ娘がキレた。
「じゃあママはあんな男がいいの!?」
「ママはあんたに手を出したのが許せないの!!何度言ったら分かるの!!」
「私がお願いしたの!!ママと仲良くなった後も…一回だけって言って私がお願いしたの!!お兄ちゃんが、ダメって何度も言ったのに私が聞かなかったの…」
彼女は黙った。

スポブラ娘が続けた。
「あんなパパ嫌だ…私、お兄ちゃんがパパが良い…。」
「あの人だってそんな悪い人じゃ…」
「ママの事脅かしてたじゃん!!」
俺はトイレどころではなくなった。
「どういう事?」
「…お婆ちゃん死んだらどうする気だって…………私にも……結婚するように言えって言って来るんだよ?」
俺は呆れ返ると同時に、彼女の苦境を知った。
沈黙の時間が流れた後、電話が鳴った。
ババァからだった。
何と、宿に帰っているという。
俺達は急いで宿に戻ったら本当に帰っていた。

ババァは俺と彼女と女友達を部屋に集めた。
スポブラ娘も加わろうとしたが、ババァが引き止め、流石のスポブラ娘もそれに従った。
ババァは初めて見るくらい真剣な表情で彼女に聞いた。
「何があったんじゃ」
「…」
当然誰も答えない。
「このババァに気を使って言わないでくれているんなら、言わなくて良いから、結婚して幸せになっておくれ」
彼女の目から涙がこぼれた。
「何やらあんたが娘を思って結婚思い止まったようじゃが、あんたの娘が今日、お兄さんをここに呼びに行ったのは聞いたのかね?」
彼女は驚いていた。
沈黙の時が流れ、再びババァが口を開いた。
「一旦、許しておやり。そこからやり直すんじゃ」
彼女は何も言わず頷いた。

「よし…。お嬢ちゃん」
ババァは女友達を呼んだ。
「今日はゆっくりして行かんかね?」
「帰ろうにも運転手が帰してくれませんよ(笑)」
ババァが笑い、俺も苦笑いをした。
彼女も少し微笑んでいたように見えた。
ババァと女友達はスポブラ娘も連れて買い物に行った。
ババァの動きが遅かったのもありかなり長い時間だったはずだが、俺の謝罪の言葉の後、沈黙の時間が流れ、三人が帰って来た。
彼女が
「分かりました。」
とだけ言い、三人を迎えに言った。
俺は少し達成感を感じながら彼女の後を追った。
ババァの提案で、彼女の家で夕食を取る事になったらしい。
「ほら、ここまで私と娘ちゃんが運んだんだからあん運びなさいよ」
荷物を俺が車に運ぶのを彼女達が手伝おうとすると、女友達がそれを止め、車の中で談笑していた。
俺が運び終えると、俺達は彼女の家に向かった。
夕食をとっていると彼女のテンションも次第に回復し始めた。
ババァと女友達は「布団を持ってくるのを忘れた」と言い、帰って行った。
「私もお姉ちゃんと寝て良い?」
とスポブラ娘が彼女に聞くと、彼女は断った。
「お姉ちゃん達はスキー行くんじゃない?やめときなさい。」
「…はーい」
スポブラ娘は不思議がっていた。
「お風呂入って来なさい」
「はーい」
彼女は俺の方を見た。
物凄く視線を感じた。

二人になるとやはり沈黙したが、相変わらずのババァと女友達の意気投合っぷりの話から、少しずつ会話が成立し始めた。
俺は決心した。
スポブラ娘が戻ってきたのを見計らい、俺は言った。
「あの…」
「はい…」




「俺と…3Pして下さい!!」

目が覚めた。
横では妻とスポブラ娘、そして息子が寝ていた。
今や懐かしいくらいの思い出だ。

3Pではなく結婚を申し込み、俺達はめでたく結婚した。
俺の親は父親は妻の美貌で、母親は孫娘ができた感動で、結婚を快諾した。
ババァの寿命も気がかりだったので村で披露宴を早々と挙げた。
「あんたがそんなに人(ババァ)の事を考えるなんて思わなかった」
と親は言っていた。
俺はババァの宿を継ぐ事にした。
ババァの人脈で副収入のアテも紹介して貰い、宿も少しオープンにして村おこしにも貸し出し、収入を増やした。
実質ニートだったアッシー男は働きにと言って村から出ていった。

だがそんなアッシー男も、ひとつだけ俺の役に立った事がある。
アッシー男が妻に結婚を迫っている間、「誕生日祝いも兼ねて拘束プレイをしたい」的な事をほのめかしてきた事を妻から聞いた。
怖かったとは言いつつも、
プレイ中、俺も拘束プレイしたいか聞いてきて以来、俺達の夜の営みのバラエティーが増えた。

娘は、結婚後も、妻のよきライバルだ。
俺と娘がたまに一緒に風呂に入るのだが、妻はそれ以外の日毎日一緒に風呂に入り、背中を流してくれる。
夫婦喧嘩で俺が説教されると、娘が「パパ可哀想(笑)」と俺の頭を撫でてきたりする。
妻のいる所ですると俺が睨まれたりするのだが、娘は時折、俺の腕に密着しながらそれをしてくる。
娘の胸はめでたく大きくなった事を、俺の腕はよく知っている。
娘のそんな行動のお陰で妻は滅多に外泊せず、マンネリもしないよう奉仕し続けてくれている。

数年前、宿を手伝ってくれていたババァの友人が亡くなったのを契機に、女友達がスキーインストラクターを目指して村に来た。
今は、村が外から働きに来る人を支援する制度を利用して宿にババァと住み、スキー場で働きながらインストラクターを目指している。
ババァはスキーはしなくなり、友人が亡くなってからはいよいよかという意気消沈ぶりだったが、女友達が来て以来、スキーをしていた頃並の健在ぶりを発揮し、今も生き長らえている。

かくいう俺も大歓迎だった。
スキー客は取り込めるし、ババァの世話も安心出来るし、何より夜勤が減り、家族、夫婦の時間も確保出来るようになった。

先日、妻が息子のママ友と旅行に行った日、パジャマ姿の娘がソファーに座っていた俺の腕を抱いてきた。
「ねぇパパ」
「何?」
「昔の私と今の私、どっちが良い?」
「どっちも良い(笑)」
「どっちか!!」
娘が胸を擦り付けるように腕を揺すった。
「今かな?」
「……おっ○い、大きくなったから?」
「(笑)…それもある」
彼女は俺の胸板を叩き、少しすると、俺の固くなった股間に手をやった。
俺は慌てて手をどけた。
娘は笑った後、俺に寄り添って言った。
「ママに言っておいてあげるね」
「無茶言うな(笑)」
「……私が…ゴム使って良かった…」




【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
秘境の地にあるスキー場に行ったら☆4

■前の記事
新聞配達のバイトをしているんだが

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集