pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

秘境の地にあるスキー場に行ったら☆4



暫く彼女の胸を揉みながらキスを交わし、その後、夕食の準備をしているとババァ達が帰って来た。
しかし、この時使わなかったゴムが、災いをもたらすとは思いもしなかった。
スポブラ娘とこの日初めて顔を合わせたが、既に雰囲気の違いを察知しているようだった。
彼女が勝者、スポブラ娘が敗者のような空気だった。
女友達も、長年一緒にいる仲ではあるが、流石につつけないようだった。

ババァだけがスーパーハイテンションだったが、晩御飯の時間は、流石ババァ、完全に嫌な空気を払拭していた。
女友達もスポブラ娘も、ババァに乗せられる形で、今日のスキー場での話を楽しそうにしていた。
彼女はルンルンだった。
しかし、夜はそうはいかなかった。
彼女はこの日は娘を置いてすんなり帰り、ババァも寝た。
スポブラ娘は先に女友達の部屋に行って寝た。

俺は女友達にいきさつを話したが、流石に苦笑いを浮かべていた。
「すまんかったな。せっかく良いとこ紹介してくれたのに。」
「バカ、これからうまくやっていけば良いじゃん!覚悟決めなよ!」
「…そうだな」
「おめでとう!」
「ありがとう(笑)」
女友達が素に戻って聞いてきた。
「…ところでさ」
「ん?」
「まさか二人ともに中出しした訳じゃないよね?(笑)」
「な訳ねぇだろ(笑)」
「じゃあ…ゴムは?」
「!?」
俺は、「両方に生で入れた」と答えるしかなかった。

その後、廊下に声が漏れないようにしながら、いわれのない事で小一時間説教され、気が済むと自分の部屋に入って行った。
俺も寝ようとしたが寝つけなかった。
俺が布団をかぶって寝ようとしていると、背中の方の布団をあげられた。
彼女か!?と一瞬期待したが、彼女はうちに帰ったのを思い出した。
女友達が説教の続きをしに来たのか、若しくは…と考えていると、背中から抱き締めてきた。

これで誰か分かった。
胸の感触にも体躯にも覚えがある。
俺はパニクって寝た振りをした。
「お兄ちゃん…」
スポブラ娘の声だった。
「お兄ちゃん、私のパパになるの?」
不覚にも驚いてしまった。
俺は振り返った。
「ママと結婚するの?」
「嫌?」
彼女は首を横に振っていった。

「でも、私がお嫁さんが良い」
俺はお○○○んした手前何も言えない。
男冥利に尽きるとしか。
彼女は俺の右腕を掴み、自分の腕枕にした。
征服欲が強まる。
「お兄ちゃん。」
彼女は俺の脇の下で横になり、右手で服の胸の辺りを掴んでじっとしていた。

少しの間そのままでいたかと思うと、彼女が突然口を開いた。
「将棋しよ?」
「もう夜遅いよ。明日も学校でしょ?」
「将棋っ」
「(笑)俺がパパになっても言うこと聞いてくれそうにないなぁ」
「そんな事ないっ」
「シーッ!声大きいから(笑)」
「だって…ママずるい」
「何で?」
「私が先なのに…」
返す言葉も無かった。

「お兄ちゃん、私ともう一回しよ?」
「!?ダメだよ」
「何で?」
「パパになったら大変じゃん。」
「…まだ…パパじゃないもん…」
返しが秀逸なのは流石関西なまりがあるだけの事はある。
彼女は続けた。
「もう一回セ○クスしてくれたらママ許すから。言うことだって聞くから。」
彼女が俺の身体を揺すりながら言う。

興奮する一方で俺は言い逃れに走ってしまった。
「もう避妊具ないし…」
「無くて良い…私が最初だもん…」
まさか母親に中出し済みとも言えずに困っていると、彼女が拗ねてきた。
「…ママの方がおっ○い大きいからやろ?」
「…(笑)」
「ブラジャー、ママのあげれば良かった…」
彼女は抱き締めた手を離して俺の腕枕をどけて背中を向けた。

「明日持ってきてあげる」
「良いから…(笑)」
「…パパになったら…私の、返してもらわないかんなぁ?」
彼女は泣いているようだった。
「泣くなって。」
振り返らせるとやはり泣いていたので、彼女を起こした。
豆電球を付け、座ると、彼女が涙目で俺の目を見て言った。
「おっ○い大きかったら良かったん?」
「違う。可愛いって言ったやん(笑)」
「ママ好きやけど、私も悪くないのに…言うことだってちゃんと聞くやん…」

「分かってる。可愛いから(笑)」
「ホント?」
俺は頷いた。
彼女は潤んだ目を伏せて手で涙を吹いて言った。少し間を置くと、彼女は落ち着きを取り戻して言った。
「じゃあちょっとだけ一緒に寝てくれたらママ許す!」
「分かった。」
俺はスポブラ娘の涙を拭き、彼女を寝かせ、腕枕をした。

何とか堪えたと自分を誉めていると、彼女は体を回転させ、俺の体の上でうつ伏せになった。
胸の感触が再び襲ってきた。
俺は彼女を抱いて何とか解消しようとすると、彼女も俺を抱いてきた。
彼女が俺の胸の上で少し動いた。
そして、まな板の鯉状態の彼女に、必死に保っていた俺の理性が遂にふっ飛ばされた。

俺が声をかけた。
「ねぇ」
「ん?」
「我慢できんくなってきた…」
「…そうなん?」
彼女は少し嬉しそうな声だった。
「していい?」
「…ん?」
彼女が珍しくとぼけて見せた。
彼女がまた俺の胸の上で動いた。
胸が擦り付けられ、更に興奮させられた。

「したく、なってきた(笑)」
「避妊、どうするん?」
今度は彼女の方が冷静だった。
「後、一個、あったかなー?」
言ってしまった。
「ホント!?」
彼女が飛び起きて馬乗りになった。

ハッとして彼女の顔が少し怒った顔になった。
「嘘ついたん?」
「だって…」
「『ごめんなさい』は?」
「ごめんなさい(笑)」
彼女は怒った顔のまま俺から下り、座って背を向けた。
俺はバックの方に行き、ゴムを取って戻ると、彼女は後ろ向いて座って布団を被っていた。
「避妊するやつ貸して。」
と彼女が言い、俺が彼女の横に差し出すと、彼女はそれを取った。

紙がかする音がした。
彼女がかけ布団を前に放り、袋を破ろうとするが何故か破れない。
俺が手を出すと、
「私がする!」
と答えた。
俺が立ち上がって服を脱いでる間に、彼女はゴムを取り出した。
「出来た」
「じゃあはめて」
彼女が振り返ると俺の固くなった棒がある。
手を誘導し、ゴムをはめさせた。

すると、笑顔が薄まり、何も言わず、照れを隠すように、ビニール袋にゴムの外袋を入れ、それをバックに入れに行った。
彼女はバックのそばに座ったまま、がさがさしていた。
「どうしたん?」
俺が近寄って行くと、バックを閉め、
「よし」
と言って再び俺を避け、俺に背を向けて毛布を被ってうつ伏せになった。
これもまたまな板の鯉のようだ。

俺が近寄ると、彼女は目を閉じて横を向いていた。
俺は毛布をはぎ取り、彼女の脇腹を上から下にさすった。
彼女は身震いしたが寝たふりを続ける。
俺は彼女の上に重なり、下半身を彼女の太ももの辺りで擦りながら、うなじにキスをし、辺りを舐め回した。
彼女は時々反応を見せるが寝たふりのままだった。
俺は「寝たのかー」といい、彼女の下のパジャマを脱がした。
止めようとして失敗した彼女の手を掴み、指や指の間を舐め回した。
彼女が顔を俺から見えない方にやった。

一通り舐め終わると、俺は、彼女の下着をTバック状にし、尻を愛撫し、マッサージをした。
やはり弾力が違う。
俺の中では、親子の味比べが始まっていた。
尻を舐め、割れ目の周りを彼女の股に顔をうずめながら舐め回した。
彼女を人の字にし、更に舐め回しながら彼女の脚の肌触りを堪能した。
俺は更に下に移り、彼女の足を上げ、足の指をしゃぶり、舐め回した。
彼女が足を逃がそうとする中、俺が足裏をマッサージをしてやっていると、彼女がたまらず仰向けになった。

相変わらず目は閉じたままだ。
俺は彼女にキスをし、口の中に舌を入れた。
彼女は顔を背けようとしたが手で固定し、口の中を舐め回した。
彼女は目を固く閉じて開けようとしない。
俺は彼女のパジャマを脱がせ、胸に近付いた。
そしてスポブラをまくり上げ、胸をしゃぶろうとすると、彼女が手で胸をふさいだ。
手をどけようとするが、かなり強く塞いでいる。
俺は彼女の脇を上げさせ、脇を臭い、舐めた。
彼女が脇をしめたところで胸から手を離させ、再び胸を攻めようとすると、再び胸を塞いだ。
彼女の顔を見ると、寝たふりを貫いている。
俺が脇をくすぐると「やめて!」と、あくまで目をつぶったままはしゃぎ、慌てて口を塞いだ。

俺が再び胸を攻めようとすると再び胸を隠し、脇をくすぐろうとすると脇を強く閉め、彼女が言った。
「胸は、いいやん…」
俺は顔を上げて答えた。
「えー、いじりたい」
「…」
「言う事聞いてくれないんやね。」
そういうと、何も言わず、彼女は手から力を抜いた。
俺は彼女の両肘を上げ、掴んで固定した。
俺はスポブラを取り、彼女のピンク色の首をペロッと舐め、左右交代で吸った。
彼女が喘ぎながら
「恥ずかしい…」
と言う。
「じゃあ他のとこも…」
と言い、俺は脇を嗅ぐと、彼女は恥ずかしそうに顔を背けた。
俺が脇にキスをして舐めると、くすぐったさで彼女がバタバタし始めた。
舌や手、身体に触れる肌の質が半端なく
「ああ、良い」
と俺が声を漏らしてしまった。
彼女は脚を俺の背中に絡めた。
首筋から鎖骨、胸へと再び戻ると、彼女は再び可愛らしい喘ぎ声を漏らし始めた。
俺は仰向けになり、彼女に肘を布団につかせ、抱き寄せながら下から胸を攻めた。
抱き寄せた腕を離すと、彼女は少し離れた。
キスをすると、
「アンッ」
と反応して更に少し離れた。
俺は背中に手を回して彼女の身体を少し引き寄せ、彼女の○首を舌を出して舐め、更に引き寄せてしゃぶった。

彼女の身体がピクッピクッと反応した。
俺は舐めるのを止めて言った。
「今なら胸隠せるよ?」
「…」
彼女は胸を隠さない。
俺は息を吹き掛けたり、ペロッと舐めたりして焦らした。
何度か繰り返し、再びペロッと舐めると、彼女の胸が落ちて来た。
俺の顔に僅かに柔らかみのある胸が押し付けられ、慌てて彼女は体勢を建て直そうとしたが、俺は身体を固定し、○首に吸い付き、○首を甘噛みした。
「はっあっ!」
と彼女は驚きと快感に襲われたようだった。
彼女は慌てて右手で口を押さえた。

俺が両手で彼女の身体を引き寄せつつ胸を舐め回しているのを、彼女は左肘を布団につき、喘ぎながら堪えた。
彼女はガクッ、ガクッと何度も姿勢を崩し、俺に胸を押し付けた。
俺は再び彼女を仰向けにし、既に脱力感に襲われている彼女の胸を、思う存分堪能した。
彼女は脱力しながらも、コンプレックスな胸を攻められ、羞恥と快感に襲われながら身を委ねていた。
俺は堪能し終わると、彼女と顔を合わせて言った。
「おっ○い、美味しかったよ」
「……イヤだそんなの…」
彼女は恥ずかしそうに顔を隠したと思うと、うつ伏せになった。

俺は背中にキスをし、脇を撫でた次の瞬間、パ○ツを脱がし、背中を舐め始めた。
彼女はどこを防げば良いのか分からなかったようで、抵抗も出来ず下半身を露にした。
背中に戻り、棒を脚に擦り付けながら下から上へ舐めてやり、時折キスをすると、ピクッと反応した。
俺は尻を愛撫しながら背中を攻め始め、
今度は隠すものがない股を開かせた。
脚や太ももを揉み、尻を開いた。
彼女は枕に顔をうずめて備えているようだった。

だが、俺が尻の穴を指で撫でると驚いて声を漏らし、顔を押し付けて堪えていた。
そして、俺は彼女の尻に顔をうずめて尻を攻めた。
枕から喘ぎ声が漏れる。
パニックになってか暫く喘ぎ声が止まらなかった。
彼女は尻を振って逃れようとしたが、俺は構わず、尻を両手で揉んだり開いたり、割れ目を指でさすりながら尻を攻めた。
ピュッ、ピュッと既に割れ目からは時折、液が吹き出していた。
かくいう俺も尻を攻めるのは初めてだったが、彼女の綺麗な尻は、攻めねば惜しいと感じさせた。

彼女の身体が一気に汗ばんだ気がした。
そしてその後、彼女に尻を突き上げさせた。
綺麗な割れ目と可愛らしい尻が目の前に現れた。
俺は左手で尻を掴み、右手人差し指で割れ目をなぞった後、指を入れた。
準備は出来ているようだった。
俺は指をピストンさせ始め、尻に再び顔をうずめて攻めた。
彼女が喘ぎ声をあげた。
俺は彼女のパ○ツを渡し、「これくわえて」
と言うと彼女は何も言わず、口を開いた。
そして、俺は再び攻め始めた。
俺が尻や太ももを軽く叩いたりすると身体をまげてのがれようとした。
俺は割れ目を味わいたくなり、彼女の股を少し開かせて、股の下に仰向けになって言った。
「口に当てて」
「…」
彼女は明らかに恥ずかしがっていた。
「ほら」
俺は顔の両側にある彼女の膝を押し更に股を開かせると、慌てて彼女は踏ん張った。

俺は彼女に身体を起こさせた。
彼女は前で両手をつき、パ○ツをくわえたまま、股を少しずつ開き、俺が舌を出せば届くところまで割れ目を下げた。
「もっと下げて、腰を前後に動かして」
俺が舌で舐め始めると、彼女はパ○ツを取る余裕もないのか、目を横にそらし、ゆっくり腰をおろし、俺の口につけた。
汗ばんだ彼女の様子が濡れた割れ目を通して伝わってくる。
まだ毛の生えていない綺麗な割れ目を、俺は彼女の太ももの上から手で逃げないようにしてすすった。
彼女は快感から逃げようとする一方で、俺の言う通り、時折腰を前後させた。

彼女の割れ目の中から俺の口の中に液が勢いよく何度も噴き出した。
彼女は前の方にうつ伏せに倒れ、枕を下から掴み顔に押しあてた。
よほど恥ずかしかったらしい。
俺が彼女の耳元で
「頑張ったね」
と言うと、彼女は何も言わずに頷いた。
彼女の身体からは熱気が感じられた。
俺は彼女を仰向けにし、俺は彼女に覆い被さり、胸を愛撫しながらキスをした。
彼女は俺の目を見ている。
舌を入れると彼女も応じてきた。
キスを終えると、彼女が言った。
「来て…」
「もう一回言って」
「…来て…」
俺は彼女の固くなった○首をいじりながら焦らした。
「どう来て欲しいのか言ってよ」
俺がそう言って彼女にキスをすると、
彼女は目を見て言った。
「おチ○チ○…入れて欲しい…」
一度彼女にキスをし、頭を撫でながら挿入準備に入った。
彼女の股を開き、割れ目に擦り付けると、彼女も腰を振った。
彼女は口に指を当てて備えていた。
そして、彼女の腰の動きに合わせ、彼女の中に挿入した。
彼女のキツい中に一気に入り、彼女は身体を反らせた。
俺はピストンをゆっくりしながら、彼女の口の前に右手の人差し指と中指をやり、くわえさせた。
俺は彼女に密着し、腰を振った。
彼女の中が俺の棒をきつく締め付ける。
彼女は布団を掴んでいるうちに毛布を見つけ、俺に被せた。
二人の体温が更に上がり、彼女の口の中では、俺が舌を指で挟んだり、彼女が指を舐めたりと攻防戦が行われていた。
俺は彼女のひざを抱えて立ち上がり、そのまま彼女を突いた。
彼女は俺にしがみついて必死に喘ぎ声を堪えていた。
彼女のキツい中も、重力に負けて勢いのいい挿入を許した。
二人とも汗が身体を滴る。
俺は興奮で、彼女は若さで耐えしのいでいた。
俺が腰を止めて少し様子を見ると、彼女が健気に腰を動かした。
俺は座り、両手をついて自分の身体を支え、彼女に委ねた。
彼女はそれを察し、俺を抱き、腰を振り始めた。
彼女の吐息が身体に当たる。
彼女の身体が火照っているのが手に取るように分かった。
気をまぎらわそうとしてか、俺の○首を吸ってきた。
俺も腰を振り始めた。
彼女の挿入を両手で誘導すると、彼女の抱きしめる力が強くなった。
俺は彼女の腰を固定した。
彼女が腰を降ろうとするが動かせない。
手を離してやると、解放されたように動き始めた。
俺は自分が達してしまわないようきをつけながら彼女を焦らした。
彼女は次第に、俺が固定しても無理矢理腰を振ろうとするようになった。

「気持ち良くしてほしい?」
と言うと、
「うん…うん…」
と首を縦に振りながら答えた。
俺は彼女の腰を固定しつつ、腰をゆっくり振りながら言った。
「お願いしてご覧?」
彼女は快感に逆らわず俺に合わせて腰を振りながら答えた。
「…お願い…」
彼女は俺にしがみつき、腰を振りながら言った。
「気持ち良く…して下さい…」
俺が手を離すと、彼女は快楽に任せて腰を振り始めた。

彼女に反対(俺と同じ方向)を向かせて腰を振らせた。
初めは要領がつかめなかったようだが、彼女は気持ち良くなる方法を探すように、腰の動きを変えたりと試し始めた。
俺も尻を揉んだり、軽くスパンキングして楽しんだ。
彼女が腰を上下に、激しく動かし始めると俺は堪らなくなり、腰を一度強く突き上げると、ブシュッと彼女の中で、液の噴き出す音がした。
彼女の動きが止まったのを見て、俺は起き上がり、彼女を四つん這いにした。
尻を掴んで何度か激しく突き、一度突いて棒を抜くと、彼女の身体が痙攣し、液が溢れ出た。
彼女の身体は壊れていた。

再びピストンを始めると、彼女も腰を動かしてきた。
俺ももう限界だった。
俺は後ろから突き続け、限界が近付き彼女の中から抜くと、彼女は再び液を噴き出した。
尻を突き上げて痙攣している彼女を前に、俺はゴムを外し、彼女の尻で棒を挟み、擦り付けて絶頂を迎えた。
俺は、彼女の尻で全部出し切ると、そのまま彼女の横に倒れるように寝た。
俺が仰向けになると、彼女が俺の身体の上にうつ伏せになって寝た。

俺が彼女の頭を撫でていると、彼女が声をかけてきた。
「お兄ちゃん…」
「ん?」
「ありがとう…」
「俺も、気持ちよかったよ」
「……うん……私も…」
「良かった(笑)」
「……お兄ちゃん…」
「ん?」
「最後にもう一回…キスしよう?」
俺は彼女を仰向けにした。
目を合わせたまま彼女の胸を愛撫すると、彼女は目を閉じ、俺達は最後のキスを交わした。

とかなんとかしているうちに、彼女は寝てしまった。
俺も寝そうになったが、何とか起き、服を着て、彼女の身体を名残惜しみながら彼女にも着せた。
シーツの濡れた部分の臭いをスプレーでごまかした後ドライヤーで乾かした。
彼女を女友達の所に帰すか悩んだが、そのまま寝かせた。

次の日、俺達はババァの雪かきを手伝った。
女友達は口も聞いてくれなかったが、彼女は上機嫌だった。
途中から母親が来て、気まずかったが、スポブラ娘が間を取り持つかのように動いたのを見て、女友達も態度を軟化させ、俺も彼女(母親の方)と気楽に話せるようになった。
ババァももちろんハイテンションだった。
ババァは俺と二人になった際、これで安心してジジィの元へ行けると笑っていた。

スポブラ娘は学校に行き、俺達は、宿をババァの友人に留守を頼んで、4人でスキーに行く事にした。
ババァと女友達は完全に意気投合していて、俺と彼女は必然的に二人で話す感じになった。
スキー場では尚更、ババァと女友達は俺達二人を避けていた。
俺達二人は休憩を挟みながらしていたが、ババァ達は休みなく滑っていた。
俺達二人はいよいよついていけなくなり、前日と同じように、先に帰る事にした。
俺達が帰る途中振りかえると、ババァ達二人がくつろいでいた。

そんな友人思いの女友達等を残し、バスで話しながら帰った。
俺は風呂に入る事にした。
風呂からあがると、彼女の姿が見当たらなかった。
部屋に戻り、着替えを出すと、何か整然としていた。
俺はまさかと思い、慌ててゴムを入れたところを確認したが、大丈夫そうだった。
その後、下におりると、彼女がこたつに座っていた。
俺に座るよう促した。
嫌な予感がした。
俺が座ると、彼女はこたつの上にティッシュを敷き、その上に何かの切れ端を置いた。
それを見て顔が青ざめた。
ゴムの袋の切れ端だった。

思い返して分かったことだが、スポブラ娘が破り損ねたものだったようだ。
迂闊だった。
彼女は涙ながらに
「これ何ですか!?」
と聞いた。
俺はただ謝るだけで、何を聞かれても何も答えられなかった。
まず二人が帰ってきて、徒歩で買い物に行かないかと誘ってきた。
ダイレクトには言わなかったが、スポブラ娘の好物で「前祝い」をしようという事らしい。
すると、沈黙していた彼女が口を開いた。
「やめてください。私達…結婚しませんから」
それだけ言って、彼女は家に帰って行った。

追いかけるババァをよそに、俺は女友達に部屋に連行された。
俺はババァが帰って来る前に、さっきあった出来事を自白した。
「ほら見たことか」と言わんばかりに説教された。
暫くすると、ババァが入ってきた。
「兄さん達、すまんかったの。」
ババァはそれだけ言って部屋から出ていった。
何も知らないスポブラ娘が帰って来ると、彼女も戻ってきた。

目が腫れてる彼女を見て、スポブラ娘がしきりに心配していたが、彼女はスポブラ娘に当たるくらいしかしなかった。
夕食はババァのあまりのローテンションに、女友達の提案で別々に食べる事にした。
僅かながらに察してか、スポブラ娘が
「私お姉ちゃん達と食べてくる!」
と言ったが、彼女によって、実力行使で止められた。
女友達は、乾杯だけかわすと、後は言葉少なく、その日は寝た。
彼女達親子は帰ったようだった。
俺達は次の日、早めに帰った。
ババァが名残惜しんでくれたのに胸が傷んだ。
俺達は、「宿代はいらない」と言ったババァに内緒で、お金を包んで枕の下に置いて帰った。
俺が帰ると、バッグから一通の手紙が見付かった。
彼女からのものだった。
これを入れた後ゴムを見たのだと分かると、中を見る事が出来なかった。
後日、スポブラも見付かった。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
オレと先輩

■前の記事
秘境の地にあるスキー場に行ったら☆5

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集