pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

秘境の地にあるスキー場に行ったら☆3



帰ると、彼女の母親がいた。
ババァは通院の日で、帰りはスポブラ娘と帰るらしい。
こたつで座ってお茶を飲んでいると、彼女(親の方)がお礼を言ってきた。
暫くスポブラ娘の話をしていた。
昨日の話をして、ババァも一緒に観戦していたと言うと、彼女は驚いていた。
将棋盤はジジィの形見で、お客を見守って欲しいと客室に置いてはいるが、ジジィを思い出すからあまり見たくはないと言うらしい。
客がいる中、客間に長々といるババァも、将棋盤のそばに長々といるババァも見た事が無いそうだ。

そんな話をした後、彼女が突然切り出した。
「あの」
「はい」
「もしよろしかったら、こんな×1ですが、連絡先交換して頂けませんか?」
「!?」
「娘があんなに人になつくの初めて見て、もしよろしければですけど…」
彼女の経歴からして、ババァの入れ知恵がなければしてなかっただろう。
彼女は、圏外表示の携帯を持ち出してきた。
「正にここはガラパゴスだな」と何となく思いながら、連絡先を交換した。

すると彼女は更に切り出した。
「あの」
「はい」
「さっき母から電話があって、郵便局にお金を下ろしに行って欲しいって頼まれたんですが、一緒に行って頂けませんか?」
本当に心臓に悪い親子だった。
俺は一緒に行く事にしたが、彼女はやけに山の中の道を通った。
「凄い道通るんですね」
と俺が言うと、
「本当は他にも道はあるんですが、村を横切りますし…」
彼女は何かを言おうとしてやめた。

「あれが村の中心部です。」
彼女は木の間から見える村の中心部を指差した。
小さな集落だった。
遠目ではあったが、昨日、アッシー男が乗っていた車らしき車もあった。
俺は何故山道を通っているのか納得した。
そして、これがババァの策略だと確信した。
俺が「別件」で内心困惑している事など知るよしもなく、彼女は手を握って来た。
彼女は、いつも、家の中でもガードが固そうな服を着て、お洒落さもわざと落としている感じがするが、素材だけ見ても、清純派アイドルと言われても納得するレベルだ。
多分ノーメイクだろう。
もちろんアイドルにしては厚着だが、着ぐるみを着たアイドルと言った趣だった。
郵便局が近付くと手を離したが、近くの個人商店でババァが外から電話する時用のテレホンカードを買い、
再び手を繋いで来た道を帰った。
帰りつくと、手紙が置いてあった。
「晩御飯は病院の近くのスーパーで弁当を買って食べました。三人でスキー場に行ってきます。」
と書いてあった。
『ババァ!!!!!!!!!』
と叫びたい衝動に駆られた。
三人それぞれの内心が見えるようだった。
着替えに部屋に戻ると、意味不明な事に着替えがバックから出されていた。
着替えていると紙が落ち、読むと、女友達の字だった。
「お○○○ん!?
帰った後結果教えてねー☆」
察した俺がスポブラを探すと、バックの服の中にうまく隠されていた。
女友達の行動から、彼女も俺の手中にあると確信した。
そして、俺の中の背徳感か何かが、彼女の元へと向かわせた。

俺が部屋を出ようとすると、部屋の外にはノックしようとしていたワンピース姿の彼女が立っていた。
「あっ」
彼女は驚いており、目も動揺していた。
彼女は焦りを隠すように言った。
「晩御飯の、準備しますね。お、お風呂も沸かしますからゆっくりつかって下さい。」
「あの」
「はい」
彼女が振り返った。
やはり動揺している。
「何か御用だったんですか?」
と、俺の口からクソ野暮な事を聞いてしまった黒歴史発言が飛び出した。
「…その…」
彼女は伏し目がちになって押し黙った。
俺の心から後ろめたさが消え失せた。
俺は彼女の両肩を掴んだ。
いつもは押さえているのか、胸の膨らみがあり、チラ見してしまった。
すると彼女がそれに気付いてか空気を変えた。
「あっ、そうでした。お布団、敷きますね。」
彼女はそう言って俺の手を振りほどいて部屋の中に入って行った。
彼女は電気をつけ、カーテンを閉め、布団を敷き始めた。

彼女の脚が初めて見れたが、スポブラ娘と同じく綺麗で肉付きは流石大人の魅力と言ったところだ。
俺はズボンを脱ぎ、服も脱いだ。
彼女は、こちらを見ずに布団の準備をした。
彼女がシーツを整えている後ろに座り、後ろから肩を掴んだ。
彼女は振り返った所で彼女を抱き締めて倒した。
キスをしようとすると、
「ダメです。」
と手を俺の口にあてて拒んで来た。
だが俺はもう止まれなかった。
手をどけてキスをした。
彼女もキスを受け入れた。

ワンピースを脱がすと、スポブラ娘とは逆の、大きな胸が見えた。
俺は人生で初めて2日で2人の女を抱いていると実感した。
俺はブラを上げて胸を露にした。
俺は綺麗な白い脚をさすりながら胸に吸い付いた。
胸を強く掴み、弾力を味わいながら乳首を吸った。
それを彼女は、人差し指を噛んで堪えていた。
胸をしゃぶりながら下着の上から割れ目を擦ると、彼女は声を漏らした。
下着が少し濡れたのを見て、俺は下着に手をかけた。

彼女が下着を掴んで止めて言った。
「お願いします。電気、消して下さい。」
「自分でつけてくれたんじゃないですかー」
「そんな…」
俺が下着をよけると、大人の割れ目が見えた。
彼女は隠そうとしたが、俺が下着を脱がそうとすると、その手で下着を掴み、割れ目が露になった。
右手は口を押さえている。
無防備になった割れ目に指を入れてみると、やはり濡れていた。
俺は彼女の割れ目にしゃぶりついた。

彼女の喘ぎ声が響く。
俺が、割れ目の縁を舌の先で舐め回していると、彼女の手の力が抜けてきた。
更に一度割れ目に「チュッ」と音を立てて吸い付くと、彼女の喘ぎ声とともに体が一瞬浮き上がり、ガクンと手の力が抜けた。
それの瞬間に彼女の下着を一気に下ろした。
彼女は慌てて力を入れ直したが、既に手遅れだった。
彼女は割れ目を手で隠した。
しかし、俺が股を開かせるのには逆らわず、されるがままM字に脚を開いた。

俺は手を掴んで言った。
「見せて下さいよ」
「恥ずかしい…」
「大丈夫」
彼女はゆっくりと手をどけた。
俺はその手を膝にやり、脚を抱えさせた。
割れ目を開き、舌で舐めた。
次第に速くして行き、中をすすった。
彼女はされるがまま必死に堪えていた。
俺は、彼女の中に人差し指と中指を入れた。
クチュッと音を立てて抜き、彼女の顔に近付いてその指をくわえて見せ、彼女の口の前に出した。
彼女は目を閉じ、俺の手首を掴んで口の中に指を入れた。
彼女はゆっくりと目を開き、俺の手を持って指を暫く舐めていた。

俺は彼女の横に横たわり、彼女を腕枕し、右手の指を再び割れ目の中に入れた。
彼女は俺の方を向き光悦の表情を見せた。
彼女の「気持ちイイ」という一言でペースを速め、絶頂を迎えさせた。
彼女は喘ぎ、彼女の中から液が噴き出した。
俺が彼女にキスをすると、彼女は更に大量の液を噴き出した。
俺は手を休めないまま、彼女の口の中に舌を入れた。
彼女は喘ぎながら俺と舌を絡ませた。

俺が指を止め、数度キスした後、大の字になった。
彼女は暫くの間、俺の横に寄り添うように寝ていた。
その後、彼女は起き上がり、俺のパンツを脱がした。
俺の棒を彼女の顔の前でゆっくりしごき、暫く息が棒に当たっていたかと思うと、彼女は意を決したように袋の近くの裏筋に吸い付いてきた。
俺は僅かに液を漏らした。
彼女は構わず棒を舐め、右手で丁寧にしごいた。
俺はあっと言う間に絶頂に達した。
俺が絶頂の余韻に浸っていると、彼女は俺の白濁液をなめ回して掃除した。

彼女が棒を掴んだまま顔を近付け、キスをしてきた。
俺達は舌を絡め、互いの性器を愛撫した。
顔を離した彼女を、俺は左手で彼女の顔を寄せ、再びキスをし、彼女を仰向けにした。
数度キスをした後、ズボンから最後のゴムを取り出した。
俺が袋を破ろうとすると、
「待って…」
と彼女が言い、起き上がった。
「私が…」
彼女に袋を渡すと、彼女は袋を暫く握りしめた。

そして、ゴムを投げ捨て、俺にキスをして言った。
「このままして下さい」
「えっ!?でも」
「中に…出して…」
「!?」
「もう私には、貴方しかいないんです」
「…」
彼女は俺の手を彼女の左胸にあてて言った。
「お願い…」
俺は、彼女に生の棒を入れた。
正上位もほどほどに、彼女は俺の上に股がり、自ら棒を受け入れて腰を振った。
俺は横になり、豊満な彼女の胸を堪能した。

その後、彼女は後ろを向いて俺の上で腰を振り、俺は彼女の尻を形の良い尻を堪能した。
彼女のほどよい重量感がたまらなかった
彼女を立たせて壁に手をつかせ、後ろから突くと、彼女もゆっくり腰を動かした。
俺は彼女の右足を上げさせて激しく突くと、彼女は絶頂に達し、液を垂らした後、座り込んだ。
後ろから彼女の胸を揉みながらうなじにキスをしていると、彼女も振り返ってキスをしてきた。
彼女は俺を引き寄せて横になり、キスをしたままゆっくりと布団の上に移った。
「俺も、もうイキそう…」
「来て、下さい…」
俺は正上位で再び挿入した。
息を荒くしながら腰を振る彼女に興奮を高められ、俺も激しく腰を振ると、
彼女が再び絶頂に達した。
俺はたまらず声を上げた。
「もうだめ、出すよ!」
「出して!出して!」
俺は彼女の中に白濁液を注ぎ込んだ。

暫く彼女の胸を揉みながらキスを交わし、その後、夕食の準備をしているとババァ達が帰って来た。
しかし、この時使わなかったゴムが、災いをもたらすとは思いもしなかった。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
秘境の地にあるスキー場に行ったら☆2

■前の記事
オレと先輩

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集