pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

秘境の地にあるスキー場に行ったら☆2



俺が処理を終え、ビニール袋にタオルを入れ、携帯も圏外でする事もなく下に降りると、彼女はババァ達の手伝いをしていた。
ババァはアッシー男に手伝わせる事なく帰し、
三人で買ったものを入れ始めた。
彼女は目を合わさなかったが、
「兄ちゃんも手伝ってや」
と言ってきた。
「何言ってんの!もう」
笑いながら俺は手伝い、彼女の母親は遠慮がちだったが、ババァは何も言わなかったので、俺が押し切る形で手伝った。

その後、こたつに座り、出して貰ったお茶を飲みながら彼女とテレビを見ていると、彼女が俺の顔を見て言った。
「なぁ、兄ちゃんて彼女から置いてけぼりにされてんの?」
俺が笑っていると、彼女の親が彼女の頭を叩きに来た。彼女は構わず言った。
「散歩行く?何もないけど案内する」
「行こうか」
彼女の親は恐縮して遠慮していたが、二人で出て行った。
彼女の親とババァはキョトンとしていた。
彼女は、さっきした事など記憶にないかのように振る舞っていた。
しかし、「初デートや」という彼女の言葉は聞き逃さなかった。

彼女は山と山の間から遠くの景色が見える場所に行き、暫く自分の身の上話をしてきた。
降雪で見えない山と山の間を見ながら暫く話すと、帰り際に彼女はキスをしてきた。
帰ると、女友達が料理の手伝いをしていた。
彼女はババァ達のいない所で、女友達にかなり冷たく当たった。
女友達はその理由まで察し、肘で俺を小突いてきた。
女友達と話していると、ババァ達の目を盗んで話を遮り、
「後でまた将棋教えて」
と言ってきた。

夕食の場はババァのスキー経験の話で盛り上がった。
スキーの話だけで女友達とババァは完全に意気投合していた。
俺もテクニシャンババァの話術にすっかり引き込まれて楽しい時間だった。
その後、流石に空気を読んだ親が、
「今日は帰ろうか」
と彼女に切り出した。
親も、俺達の目の届かない所でかなり言っていたのか、彼女はふて腐れて黙っていた。
そこで、女友達が切り出した。
「お姉ちゃん達と将棋しようか?」
意外な味方の登場で彼女の顔は一気に明るくなり、
「うん!」
と答えた。
結局、親は申し訳なさそうに一人で帰って行った。

「お姉ちゃん何飲みたい?」
彼女の親が見えなくなるまで見送った俺を置いて、
彼女は嬉しそうに女友達と話しながら、ババァと三人で中に入って行った。
「お姉ちゃん、スキーで疲れたから先にお姉ちゃんと将棋しようか?」
という事で、彼女がパジャマに着替えた後、まずは彼女と女友達の対局が始まり、女友達の説得もありババァも観戦していた。
ババァと俺で話しながら見ていた。

ババァがトイレに付き添えと言うのでついていき、介護するのかと戦々恐々としていると、ババァが言った。
「いつものようにここにいて、友達と遊べないから将棋ばっかり強くなってしまいましてねぇ。可哀想に…」
ババァは続けて言った。
「このババァももう先も長くないし、ここも稼げる仕事じゃない。
お客さんみたいな父親が現れて孫娘の面倒見てくれると、このババァも安心してあの世にスキーしに行けるんですがねぇ」
ババァにしてはイマイチなオチだったあたり、慌てて笑い話に持っていこうとしたらしかった。
ただ彼女を「孫娘」と言ったのを聞き、ババァの人柄のよさを感じた。
その後、部屋に戻り、ババァが将棋が終わらないうちに部屋から出ていくと、有利だった女友達がミスを連発し、負けた。
彼女が嬉しそうにジュースを取りに行った後、女友達が言った。
「私もう寝るけど、手出しちゃダメよ?」
「出すか(笑)」
彼女が持ってきたジュースを飲み干すと、女友達が言った。
「今日はお姉ちゃんと寝ようか」
「えっ…」
驚いた彼女にこう続けた。
「将棋終わったらおいで」
「…うん!」
彼女は緊張気味で答えた。
流石我が友、女友達は自分の部屋に行った。

彼女は明らかに動揺し始めた。
お互い会話が無くなったが、経験の差で、割と落ち着いて彼女を観察出来た。
彼女は完全に緊張していた。
将棋も彼女の敗戦濃厚だ。
パチン、パチンと将棋の駒の音だけが響く中、俺は、パジャマの隙間からチラチラ見える胸に興奮してきた。
そして、彼女の王を取った。
「あっ」彼女はミスに気付いて久々に声を出した。
俺が将棋盤をよけると、彼女は正座して、握りこぶしをパジャマの上に置いていた。
「今度は俺が勝ったんだから俺の言う事聞いてね」
彼女は、一度、首を縦に振った。
俺がキスをしようとすると、彼女も唇を近付けた。
俺は彼女をお姫様だっこして布団の上に寝かせ、掛け布団をよけてタオルを敷き、再びキスをした。
そして、キスをしながらパジャマの上から弾力のある胸を揉むと、早く見たい衝動にかられた。
ボタンを外し、ブラをしてなかった為、すぐに胸が露になった。
「ブラ、してないんだ?」
「一つしか持ってきてないから…」
ズボンを下ろすと、ノーパンだった。
彼女は、胸と割れ目を隠して言った。
「お母さんが間違えて持って帰って…」
俺は彼女にキスをした。
彼女も待ちわびていたかのように、腕を背中に回してキスをしてきた。

俺はキスをしながら自分の服を脱いだ。
あまりの愛らしさに俺は、彼女と見つめあいながら半分賭けで「写真撮って良い?」と聞いた。
彼女は少し考え、頷いた。
都会にいれば俺なんかとせずとも経験出来ただろうが、ここは携帯も使えない田舎。
ネットに載せるつもりはハナから無かったが、そんなネットの世界をほとんど知らなかったのも幸いしたのかも知れない。
俺は彼女の全裸の姿や股を開いた姿、割れ目を開いた姿等を撮った。
割れ目を開いた姿を撮るのは嫌がったが、
「可愛いから」と言うと、毛布で顔を暫く隠していた。
仕方なく割れ目を俺が開いて写真を撮った。

一通り写真を撮った頃には、彼女の身体を注視し過ぎて我慢できなくなって来ていた。
俺は、こっそりビデオを撮る事にし、バックに立て掛けるようにスマホを置いた。
「終わった?」
彼女は毛布で隠したまま言った。
「うん」
彼女はそれを聞くと毛布を取った。
俺がキスをしようとすると、恥ずかしそうにうつ伏せになった。
俺はうなじにキスをした。
「イヤッ」
彼女が驚いて声を出した。
俺は構わず背中にキスをしながら舐めた。
彼女は身体をピクッ、ピクッと震わせながらうつ伏せのままでいた。
うつ伏せになってくれたのはちょうどよかった。
俺は彼女の可愛い尻を揉んだ。
揉んだ事のない感触の尻がまたもや俺を興奮させる。
「もうイヤや…」
俺は彼女の耳の近くに行き、
「お尻高く上げて」
と言うと、彼女は首を横に振る。
「恥ずかしい」
「将棋負けたやろ?」
「…」
「じゃあもっと恥ずかしい事するよ?」
俺は彼女の尻を横から叩いた。
パチンという音とともにプルンと尻が揺れた。

「イヤ…ダメ…」
彼女は尻を隠して仰向けになった。
彼女がようやく俺と目を合わせて言った。
「乱暴にせんで……………」
彼女はまだ何か言いたげだった。
「分かった。」
「お尻…高く上げれば良いん?」
「そう」
「…分かった。」
彼女は少し間を置いて意を決したようにうつ伏せになり、顔を横向けて尻を突き出した。
俺は彼女のパジャマをくわえさせ、両手で尻を開かせた。

俺が右手首のあたりで彼女の太股を引き寄せるようにし、指で割れ目をなぞると、ピクッと震えた。
そして左手で彼女の後ろの穴を撫で始めると、彼女は痙攣し始めた。
声出されるとまずいので、驚かさないように
「お尻の穴、舐めるよ?」
と予告すると、彼女は首を横に振った。
「将棋負けたやろ?」
と言うと、彼女は首を振るのをやめ、目を閉じてパジャマを噛んで歯を食いしばった。
俺は彼女の2つの穴を愛撫しながら、彼女の尻の穴を舐め、キスをし、吸い付いた。

彼女は手を離し、右手でシーツを掴み、左手で噛んでいるパジャマを握りしめながら口に押し込むようにして声を出すのを堪えていた。
彼女は逃れようと尻を横に振るが、動かせない。
「可愛い」と俺の口から漏れた。
すると彼女が尻を動かさなくなり、次第に、俺が尻を舐めるのに合わせ、尻を縦に振りだした。
彼女の割れ目から愛液が溢れ出ているのが指づたいに伝わり、割れ目も舐めてやった。
愛液が何度も溢れ出る。
指を中に入れると、濡れまくっているのが分かった。
尻の穴の周りを舐めながら、二本の指をピストンさせ、
最後は割れ目をしゃぶりながらピストンさせて絶頂を迎えさせた。
彼女の愛液が口の中に注ぎ込まれた。

彼女が痙攣しながら余韻に浸っている間、彼女の尻を味わった。
そして彼女を起こし、
「今度は俺のを気持ちよくして」
「…」
俺は立ち上がり、彼女の手で握らせた。
そのままでいると、彼女も手を動かさなかった。
「動かしてよ」
「どうやって動かせば良いん?」
顔を背けながら言った。
俺が
「初めてなん?」
と言うと、横を向いたままの彼女の表情が悔しそうな表情に変わった。
「初めて嫌やった?」
彼女は言った。
何を言ってるんだ最高だ。

「最高やん。手動かすよ?」
と俺が言うと、彼女の表情が和らぎ、首を縦に振った。
俺は彼女の手を上下させ始めた。
あっという間に固くした俺は彼女に言った。
「チ○チ○、舐めてくれない?」
彼女は首を縦に振ってこう答えた。
「何でもする…将棋負けたもん」
彼女はようやく正面を向いたと思ったら俺の方を見てきた。
何が言いたいか察した俺は言った。
「手動かしながら、先の方を下から上に舐めて」
彼女は言われた通り下から上に舐め始めた。
合っているか不安だからか、ずっと俺の方を見ていた。

「軽くで良いから先っちょにキスしてよ」
と言うと、時折先っちょにキスをしながらしごき始めた。
いきり立ってしまい、フ○ラは難しそうなので、本番に移る事にした。
彼女の手を離し、2つ目のゴムを彼女にはめさせた。俺がしゃがみ、キスをしながら彼女を横にして唇を離すと彼女が聞いてきた。
「…セ○クスするの?」
「うん。したい。」
俺が答えると、
「…分かった。」
俺は彼女に股を開かせ、唇、首筋、胸、割れ目にキスをして挿入準備に入った。

彼女に密着し、左腕と右肘で身体を支えた。
右手で彼女の口をふさごうとすると、彼女が慌てて言った。
「ねぇ!」
「ん?」
「私は、どうすれば良いん?」
「力まないようにしがみついて」
彼女は言われた通り、俺を抱き寄せた。強く抱き寄せたせいで、彼女の胸が更に強く押し付けられた。
「脚も、俺に絡めて」
不覚にも少し出してしまった。
彼女は言われた通りに絡めてきた。
「少し力抜いて」
彼女が力を抜いたのを感じた。
「入れるよ?」
「うん」

密かに割れ目に入れる準備をしながら声をかけた。
「可愛いなぁ。言われた通りしがみついてるの?」
「だって…」
「初めて、貰っていい?」
「うん、あげる」
彼女が再び力を入れる前に右手で棒を割れ目に誘導して入れ、彼女の口を押さえて挿入した。
予想以上のきつい締め付けだったが、何とか指三本分はある棒を入れるのに成功した。
彼女が喘ぎ声を漏らしたので、俺は彼女のパジャマを取り、再びくわえさせてその上から手で押さえた。
俺はヒタスラ正常位で突いた。
というより正常位しか選択肢が無かった。
しかし、締まりの良い彼女の中は、彼女の若々しい肌と合わせて、正常位だけでも十分に楽しめた。

というより正上位しか選択肢が無かった。
しかし、締まりの良い彼女の中は、彼女の若々しい肌と合わせて、正上位だけでも十分に楽しめた。
俺は絶頂が近付くと、パジャマを口から取り、汗ばんだ彼女の顔を見て言った。
「胸に、出すよ」
「コン○ーム、してるから、中に…出して良いよ?」
「だめ。」
「私、胸小さいもん…」
「えー。オッ○イ可愛いから出したいのに」
彼女はそれを聞くと俺を抱き寄せて答えた。
「やっぱり、私も、オッ○イに出して欲しい」
俺は絶頂寸前までピストンし、中から抜いてゴムを外し胸に出した。
俺達は暫くキスをしたり身体を愛撫しながら余韻に浸った。
その後彼女は「お休み」と言って部屋を出て、シャワーを浴びた後、女友達の部屋で寝た。

俺は彼女が部屋から出て行くと服を着て暫くボーッとして、いつの間にか寝ていた。
起きた頃には彼女は既に学校に行っていていなかった。
雪で休校になるのに加え、彼女は雪で登校できない日が他の奴より多いため、
彼女は時々、先生のうちで勉強を教えて貰いに行っているらしかった。
女友達は久しぶりにウザく感じたくらい、ババァの目を盗んでは俺の方を見てニヤニヤ笑みを浮かべていた。
俺達はスキーに行ったが前日の「運動」で調子が出ず、先に帰った。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
秘境の地にあるスキー場に行ったら

■前の記事
秘境の地にあるスキー場に行ったら☆3

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集