pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

秘境の地にあるスキー場に行ったら



去年の冬、俺は女友達と二人でスキーをしに秘境の地にあるスキー場に行った。
運転が怖いからとアッシーにされたのだ。
そいつの紹介で、秘境の地のスキー場を完全にモノにしているテクニシャンババァがしている民宿的な所に泊まったのだが、
彼女の知らない女が新しく入っていた。
聞けば、一流ホテルに勤めてたが離婚して、
共通の友人が不憫に思い、秘境の地ではあるけどと、ここの民宿を紹介したらしい。

民宿に娘と来ていて、休みの日は、民宿の近くの家に娘と住んでるらしい。
スキーはしないらしいが、元々北海道に住んでいただけあって雪には慣れていて、
一流ホテルに勤めていただけあって、立ち居振舞いも良かった。
以前はババァの友人が手伝いに来ていたらしいが、
彼女の働きぶりを見てたまに手伝いに来る程度になったらしい。

娘は人懐っこく、俺と女友達が民宿にたどり着き、はさみ将棋した後に部屋で寝ていると、部屋に入ってきた。
目を覚ました俺が驚くと、友人も起きた。
一人で将棋をしていた。
「ねぇ、将棋しよ」
俺がする事になったが、かなり強かった。
明るい娘で、声で気付いた母親が入ってきたが、構わないのでと伝えると調理場に戻って行った。
暫くすると敗戦濃厚になり、
運転しなかった女友達は、「負けてるやん(笑)」と言ってスキーをしに行った。

運転で疲れてた俺と彼女は何戦か将棋をしながら話していた。
客は人づたいか女だけの少人数だけの客じゃないと断るから滅多に来ないが、
テクニシャンとはいえババァだから身の回りの世話であまりうちには帰れない事、
ババァになついている事、
村の人達から貰う物や、自給自足で生活している事を知った。
養育費と年金で生活出来てるわけかと、都会暮らしに慣れた俺には驚きだった。

暫くすると下から男の声がした。
「おーい、おーい」
彼女の親が上がってきた。
「ほら、いくよ」
「いやや、将棋するー」
「俺はかまいませんよ」
彼女の親はすみませんと謝って下りて行った。
来たのは、食料の買い物に好き好んで連れて行くアッシー男らしい。
ババァが残る事もあるが、その男が独身で評判が良くないからと、よほどの事がないとついて行くらしい。
「あんたの親が来るまではあいつは来た事が無かった」と愚痴っていたらしい。
当然普段は彼女も行くらしいが、
客だけ残す宿なんて初めて聞いた。

男の声がした後、彼女は挙動不審になり、ババァが出ていくと、
意を決したようにグイっと近寄ってきた。
俺が身を引くと、
「ねぇ」
「何(笑)」
「チューしよ」
「はっ!?」
俺は断ったが彼女は聞かない。
将棋負けてるじゃないかとか難解な事を言いながら迫ってきた。
応じないと分かると、彼女は俺の布団の中に入り、ゴソゴソしだした。
「何してるん?」
「寝るの」
「そうか(笑)」

布団の中から答えた彼女に不覚にも萌えたが、
「裸でな」
と言ったのを聞き、俺は一瞬固まった後、背筋が凍った。
布団から彼女が服を投げ出した。
俺は慌てて布団の方に駆け寄った。
「何してんの!!」
彼女の手がそっと出て、白い物を置き、手を引いた。
スポブラだった。
俺はパニックになった。
後残るはホットパンツと下着のみ。

無言の時間が流れた。
ジャッという毛布にくるまるような動きをした摩擦音がゴーサインになった。
布団と毛布を剥ぎ取ると、彼女の目で、彼女が驚いているのが分かった。
胸の前で腕をクロスさせた彼女の肩を引き、仰向けにさせた。
彼女が怯えた目でこっちを見ている。
彼女の小さな胸の上下の動きで息が荒いのも分かる。
俺も興奮が高まり、彼女の膝に跨がって腕を掴み、
クロスさせた腕を開こうとすると、一瞬力を入れたが、すぐにすんなり胸を露にした。

胸を触ると、小さい胸だったが、今までの女とは弾力が違った。
彼女は顔を背け、毛布で顔を覆った。
毛布を取り上げて小さく膨らんだ胸を揉んで可愛らしい乳首を摘まむと、両手で顔を隠した。
俺は、彼女の乳首に吸い付き、口に含んで舌で舐め回した。
舌触りも最高で、興奮しきって責め、彼女は時折声を漏らしながら感じていた。
彼女の白い足のさわり心地も最高だった。

舐める場所を次第に下へ下へと移動させ、ホットパンツに手をかけた。
彼女は右手で俺の右手を握った。
手は震えていた。
彼女の右脚を肩の後ろにやり、大腿部にキスをして舐めると、彼女は、俺の手を誘導し、ホットパンツのフックを外させた。
ホットパンツを掴み、下ろすのを少し妨げたが、白い下着だけになった。
俺は、開脚させ、彼女の顔の方を見ながら、割れ目の近くにキスをした。
枕を掴み、「ウウッ」と歯を食いしばって喘いだ。
割れ目のそばを中心に執拗に舐めて焦らした。

頃合いを見計らい、彼女に言った。
「早く裸にならないと誰か帰って来るんじゃない?」
間を置いて彼女は、枕を掴んだ手を離し、彼女は自ら下着に手をかけた。
俺は下着の上から割れ目を舐め、指で押した。
「脱ぐから、何もせんで?」
俺は起き上がり、バックからタオルを取りだし、急いで服を脱いだ。
俺が、女友達ともしもの時の為に持ってきたゴムをはめると、彼女は下着を下ろした。
割れ目が露になった所で、俺が下着を掴んでゆっくり脱がせた。
まだ綺麗な割れ目が見えた。
俺はタオルを彼女の尻の下に敷き、割れ目に息がかかる所まで近付けた。
少し濡れているのが分かった。
俺が何もせず、割れ目を直視していると、彼女が脚をバタつかせるように動かし始めた。
俺は両肩で腕を巻き付けて脚を抱えるようにし、ほんの数センチの所で見続けた。
彼女がバタつかせた脚が背中を叩く。
「はやk…」彼女はその先を口にするのを思いとどまったが、俺はそれを聞いて舐め始めた。
彼女は「アアッ!!アアッ!!」と喘ぎながら腰を前後させる。
間もなく体を痙攣させ、
中から液が勢いよく吹き出した。
彼女はピクッピクッと震え、さっき味わった快感を再び求めるかのように、腰を動かし始めた。
俺は、起き上がり、彼女の右脚を抱えた。
彼女はうっとりした表情で右を向いている。
「指、中に何本入れて良い?多い方が良いんだけど」
「一本…」
目を反らしたまま答えた彼女に何も答えずにいると、
「二本…」
俺は再び答えず、人差し指で彼女の割れ目をなぞった。
「二本っ」
と彼女は懇願するように言った。
俺はそれを聞き、二本の指をゆっくり入れた。
「アンッ」と彼女は可愛らしい声を漏らした。
俺は堪らなくなり、彼女にキスをした。

彼女の中からクチュクチュと音がし、彼女は口を離して喘ぎ、再び絶頂に達した。
キスをし、交尾の時を待ち構えていると、車が戻って来た音がした。
ハッとしたように俺と彼女は目を合わせ、服を着た。

彼女はブラをせず、服を着た後も握っていた。
俺が彼女の愛液で濡れたタオルをどうしようか悩みながら持っていると、
彼女は目を僅かに下向け、自分のブラを差し出し、タオルの上に置いて「あげる」と一言だけ言って部屋から出て行った。
俺は、愛液で濡れたタオルにスポブラを巻いて処理をした。
だが結局、この時処理する必要は無かった。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
従姉妹とお医者さんごっこ

■前の記事
秘境の地にあるスキー場に行ったら☆2

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集