pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

幼稚園の不倫ママ



今日、この間言ったように有華さんとカラオケに行ってきた。
昨日メールで今日の予定打ち合わせしてる時に「デート♪デート♪楽しみにしてるね。」と来て、なんかいいオッサンのくせにキュンときてしまったw
デートって事はやっぱ俺を男として見てるととっていいんだよな、と思いながら。
場所は地元ってわけにもいかないし、電車で30分ほどの繁華街にしようって事になった。ただそうなるとお迎えの時間がきつい。
有華さんは預かり保育使おうよと言ってきたが、嫁にどう言おうかと。
うちも俺と嫁どちらも休みじゃない時がたまにあるから使う事はあるが、今日俺は休みだし。
結局、嫁にはどうしても今日中に処理しないといけない仕事があるから休日出勤すると言って預かり保育を使わせてもらう事にしてもらった。
有華さんには預かり保育OKですと返信して、待ち合わせ場所などを決めた。
そして今朝、子供を幼稚園に送り、預かり保育の申請書を提出。
有華さんも来たがスーツ姿の俺を見て、「あれ?今日はお仕事?うちも今日は用事があって預かりなんだ。」と。俺も「ええ。休日出勤するんです。」と。お互いよく言うわw
その後、俺は駅前のコインパーキングに車を停めて電車に。
車で行ってもよかったが、時間が読めないし駐車場が空いてるかもわからないし。
駅に着いた。待ち合わせは現地駅前のスタ○。店内見ても有華さんいなかったんで、アイスコーヒーを注文し着いたとメールを送り待った。
少ししたら有華さんが来た。
服装はスキニーデニムにドレープ感がある胸元開いた変形ボーダーのカットソーにかなり薄いカーディガン。
それから少し話して、周辺で結構あるカラオケの中でどこのカラオケにするかなんかを決めて、俺が先に行って受付すませて部屋番号メールする事にした。
俺は受付をすませて部屋番号をメールすると、しばらくして有華さんが「失礼しまーすw」と冗談ぽく言いながら、部屋に入ってきた。
向かいに座ると思ってたら俺の横にピッタリと。俺はドキドキしてしまった。
「何歌おうか」とか言いながら、選曲して俺からスタート。
それから結構歌った。お互いの世代的に90年代から2000年初頭くらいの曲が多かった。
調子に乗って振り付きで歌ったりしてたのもあったと思うが、二人だと回転早くてさすがに疲れてきて、トークタイムに。
ところどころでボディータッチしてきたり、メニュー見るのにくっついてきたり、ツボを心得た感じだ。
有華さん「○○さん○潤に似てるよね。」
俺「いやいやいや、言われた事ないし。」
有華さん「あごがシュッとしてない○潤w」
俺「有華さんは誰似って言われます?」
有華さん「知ってるかなぁ。ス○○ンダルのRI○Aちゃんに似てるって言われた事あるよ。あんな若くないしスタイルよくないけどw」
俺「知ってますよ。言われてみたら似てる!」とかそんな感じで。
で、また歌い出した。
そして、またトークタイム。
有華さん「あー、最近ドキドキしてないな。大事だよねドキドキは。」
俺「俺、今ドキドキなんですけどw」
有華さん「お!いい事言うねw」
俺は有華さんが前に俺のチ○ポを見た時に旦那以外のを久しぶりに見たって言ってたのが気になってた。
それに遊んでそうな感じだったし、カマかけたらなんかありそうだったからカマかけてみた。
俺「有華さん最近ドキドキしてないって事は前はしてたって事ですよね?この間も旦那以外の久しぶりに見たとか言ってたし。」
一瞬表情がこわばった。
有華さん「結婚する前って事。考えすぎ。」
俺「…俺見ちゃったんですよね。男といるの。」
有華さん「…じゃあどんな人だった?」
平静を装ってるが、笑顔がひきつってるし明らかに動揺してる感じだった。
俺「若いスポーツマンて感じだった。」と誰でも当て嵌まりそうな男性像を答えた。スポーツ好きな有華さんなら尚更だろう。
有華さん「…そっか。見られたか。ジムのね、インストラクターなんだ。」
一気に気まずい雰囲気になったが、
俺「別に責めてるわけじゃないんです。不倫なんて今時めずらしくもないし。ちょっと興味があったんで。有華さんかわいいし何かショックで。」
と言いつつ俺は手を握った。
俺「俺とじゃドキドキしませんか?」
有華さん「…出ようか。」
俺は距離縮めるどころか終わったと思った。精算を済ませて店を出た。
すると、有華さんが「あそこに行きましょ。」と指差した。その先にはマンガ喫茶やら何やらが入った雑居ビルだった。
手は繋がず少し離れて歩いてビルに入った。するとレンタルルームと書いた看板が。
レンタルルームって何だ?と思って有華さんに聞くと
有華さん「ホテルなんて入れないでしょ。」
ホテル代わりに使える場所があるのかとレンタルルームを初めて知った俺は感心してしまったw
受付を有華さんが済ませて部屋に。
ホテルみたいに広くはなかったが、シャワーとベッド、テレビなんかもありラブホと変わらない。普通に使えそうな場所だった。
ベッドに腰掛けて、有華さんは俺に言った。
有華さん「約束して。こんな事は今日一回だけ。」
理由を聞くと、自ら色々話し出して、ジムのインストラクターは最近の話で、以前テニスコーチと関係を続けてた時に、バレて相手は旦那に慰謝料請求されたりかなり揉めたらしく、それ以来一回限りにしてるそうだ。
正直ひいた。バレても続けるとか。遊んでると思ってはいたが想像以上のビッチw
しかし、やれるならやりたいのも本音w最終目標はこれだったわけだしw
俺「約束します。」
と言ってキスした。
気持ちは盛り上がってきて、チ○ポも勃ち始めた。
有華さん「シャワー浴びてくる。」
と言ってシャワーに行った。ガウンを羽織り戻ってきたので交替で俺もシャワーを浴びた。バレるとマズイのでボディーソープはチ○ポだけに使った。
俺もガウンを羽織りベッドに入った。
俺は有華さんを抱きキスした。有華さんも俺に手を回してきた。
チュッチュッと軽く始まったキスは次第にねっとりしたキスへと。有華さん「ンンッ…アッ…ンフゥ…」
チュバチュバとキスして舌を絡めて激しくなった。
耳や首筋に舌を這わせていった。
そして俺はガウンを脱ぎ、有華さんのガウンも脱がせた。
有華さんのおっぱいは尚美さんみたいに異常なデカさじゃないけどやはりデカかった。
白いもちもちした肌に少し大きい程度の茶色めの乳輪、乳首は子持ちだけに伸び気味というか大きめだった。
そのおっぱいを揉みながら舌を体に這わせる。そしておっぱいに吸い付いた。乳首を舌で転がし、吸い付いた。
有華さん「アッ…ハァッ…アッ」
乳首が結構感じるようだ。そして焦らし愛撫を続け、オ○ンコへ。
尚美さんと違って整えられた薄目のヘア。脚を開くと、肉厚のモリマンが。尚美さんはビラビラが肥大してはみ出してるが、有華さんは、はみ出してない。
モリマンの肉をつまんだりしつつ、割れ目に舌を這わせたあと押し込んだ。
有華さん「ハァッ…アアアンッ」
俺「有華さん…オ○ンコきれいですね…」
有華さんは喘いでいる。
匂いはほんのりした感じでそんな強くない。
それより感じやすいのか濡れ具合がすごい。愛液がすでにかなり出てる。
オ○ンコを開くと中は真っ赤だった。それから俺はクリと中を舐めまくった。
有華さん「ハァハァ…アアアンッ…アン…アッアッ」
すると愛液がダラダラ出てきた。指マンしつつクリを舌で責めると、
有華さん「アッアッ…イクゥゥッ!アアンッ!」
イッて体をビクピクさせた。
誰かに仕込まれたのか喘ぎがAV並だw
俺「今度は有華さんがして下さい。」
有華さんは起き上がり、俺の乳首から下に向けて舌を這わせた。
そして俺のギンギンになったチ○ポをしごきながら亀頭に舌を這わせた。裏筋を舐め上げ、カリ首を舌でチロチロと。
俺「オォ…有華さん…すごい…ウゥッ…」
チ○ポをくわえ込み、フェラ。
有華さん「ンッンッンッンッ…ング…ンッンッンッンッ…ハァ…おいひい…ンッンッンッ…」
玉まで舌を這わせ、しゃぶってくれた。俺は恥ずかしながら、思わず喘いでしまったw
尚美さんのようなバキュームはないが、舌使いがすごい。フェラも人それぞれだなと思う。
このままでは射精してしまう。
俺「有華さん…もういいです。」
すると有華さんはパイズリしてくれた。尚美さんのようなとろける柔らかさではないが尚美さんより、少し張りがあり、違った気持ちよさがあった。
俺は挿れたくなり有華さんの肩に手を置きパイズリをストップ。
有華さんを寝かせた。
脚を広げ、クリを舐め、中を舐めると愛液がダラダラ。
俺はチ○ポをヌプッと挿れた。尚美さんのように絡み付く感じはないが、キツイ。チ○ポでこじ開けて突き進む感じw
ピストンするとヌチャッヌチャッといやらしい音がした。
有華さん「アッ…いい…すごいわ…アンッアンッアンッ…」
俺「ハッハッ…有華さん…ホントに子供産んだんですか?…すごい…オ○ンコ締まってる…ハッハッ」
有華さん「○○さんの…太い…アンッアンッ…ハァハァ…アッ」
太いとか初めて言われたw
バックに体位を変えた。身長差があるので普通のバック。
ムチムチした白いお尻を見ながら突いた。
有華さん「アンッアンッアンッ…ハアッ…いいわ…アッ…もっと」
パンパンと突き続けた。有華さんのオ○ンコは奥が締め上げてくる感じ。
有華さん「ああ…いい…イクッ…イクッ…アアア…ンンッ!」
ビクンビクンして崩れ落ちた。
次は騎乗位。上下に動いて喘いでいる。腰使いはイマイチだったかな。
正常位に戻りピストン。この時点で結構射精しそうだった。
俺「あぁ…有華さん…すごい…ハッハッ…締まってる…フッ…フッ…フッ」
我慢して突いたが有華さんのオ○ンコがギューッと搾り上げてきた瞬間、力を抜いてしまいドクンッと暴発。
すぐに引き抜き、お腹に発射。
ドピュッ…ズピュッ…ピュッ…ピュッ…ポタッ…ポタッ。
精液はきれいなへそに入り溜まった。ビーナスのおへそにドピュッて感じだwすごくいやらしかった。
俺「ごめんなさい…出ちゃいました。」
有華さん「んもう…先にイッちゃって。まだ出来るよね。」とチ○ポをしゃぶり出したが、チ○ポはしぼんでいく。
俺「すぐには…無理です。」
それでもしごいてくるので、止めた。
しばらくテレビ見ながらイチャイチャして、2回目。
キスから始まりシックスナイン。
有華さん「ングング…ンッンッンッ…○○さんの太い…いい…ンッンッ」
俺「有華さん…中よく見える…きれいな赤色。」と舐めまくった。愛液がすごいので口がベタベタだ。チューチューと音を立ててすすったw
俺「こんなに濡らしていやらしい。」
そして挿入。ピストンすると有華さんはまたすごい喘ぎ声。うるさいw
体位を変えマングリ返しにして挿入。
次は松葉崩し、最後に正常位に戻った。
有華さん「ハァッ…ハァッ…突いて…もっと…イクッ…もっと…速く…きて…いい…ハァハァハァ…アッ…アアアンッ…イクゥ!…アッ」
有華さんはイッた。
ピストンを再開したが、俺ももうイキそうだった。
俺「ハッハッハッ…有華さん…もう出そう…口に出していい?」
有華さん「アッアッ…いいよ…アッアッ」
俺はピストンを加速した。
俺「ハッハッ…有華さん…有華さん…イクよ!」
チ○ポを抜いたら有華さんは起き上がってくれたので頭を持って口に突っ込んでピストンした。
「ウッ…アッ…ハウッ…オッ…アァ…」
ドクンッ…ドクッ…ドクッ…ビクッ
すぐに口の中に発射。チ○ポが脈打つ度に有華さんは「ンッ…ンッ」と体が小刻みに動いた。
有華さんは口内の精液を吐き出した。尚美さんは飲み干してくれたのに…。
その後、シャワーを浴び服を着た。今日初めて下着を見たが、シャーベットカラーみたいなグリーンでリボンがついたかわいいブラとサイドが二本紐みたいになったパンティーだった。
帰りは別々に帰った。子供は嫁が迎えに行ってくれるし、俺はコンビニ寄って帰宅。
気持ちよかったけど、やっぱり尚美さんがいいなと再認識。
距離縮めるつもりが即日ゴールwこんな感じでした。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
自分の彼女の話をします。

■前の記事
思春期MAXの俺

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集