pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

幼稚園のママ友



夏祭りやうちに来た時、この間の夢なんかでしばらくお預け状態だった事もあって、尚美さんの体が頭から離れず、尚美さんに逢いたいと前日の夜にメールを送ったら、「いいよ」と返事が。
浴衣持ってきて欲しいと送ると「浴衣?お祭りでも行くの(笑)?クリーニング出して今年はもうしまったからダメ。結構いいやつなんだから。変な事には使えないよ。」と言われ断念。
ただ、用事を済ませないといけないからと子供を幼稚園に送ってから待ち合わせ直行ではなく、少し遅めになった。
自宅で前と同じ布団を積みこみ、時間もあるからシャワーを浴びたかったが、普段昼にシャワーや風呂は使わないから使うと怪しまれるし、尚美さんには申し訳ないがやめた。
時間が来たので待ち合わせのショッピングセンターの立体駐車場へ。
尚美さんを後部座席に乗せて前回と同じルートで例の小屋へ。
車内では幼稚園始まって家が落ち着いたとか何気ない会話をしてた。
ちなみにその日の尚美さんのファッションはカーキのクロップドパンツに白ベースの花柄のチュニックみたいなの。
そして小屋に到着。
車を降りて、小屋の中に入り布団を運び敷いた。前回は猛暑だったが最近は暑さも一段落したので気温は問題ない。
そして入口の引き戸を閉めて、また竹熊手でつっかえをした。
布団に二人で座り抱き合った。
俺「尚美さん…夏の間長かった。尚美さんと早くこうしたくてこうしたくて…夢まで見ちゃいましたw」
尚美さん「長いってwそんな長くないでしょ。それに○○ちゃんがいるし。」
俺「ホントに長く感じましたよ。俺正直○○より尚美さんとしたいんです!尚美さんとなら若い時みたいに毎日出来るかもw」
尚美さん「コラwそんな事言っちゃダメでしょ。でも○○さんにそう言われるのは悪い気しないかなwありがと。」
俺「尚美さん…やっぱり俺好きです。」
そしてキスをした。段々激しく、そして舌を絡めて、ねちっこく。
尚美さん「お盆にね、旦那が帰って来てたでしょ。久しぶりに旦那としたんだけど…やっぱりあっさりしてて終わったらさっさと寝ちゃうのよ。また痩せろ痩せろって。垂れてるとか乳輪が嫌だとか、久しぶりに見てもそれってひどいと思わない?」
俺「こんなに魅力的なのにひどいですよ、それは。俺は大好きですよ、尚美さんの体型。俺の理想です。」
尚美さん「ありがと。○○さんとしてから余計にあっさり感じるようになったのかもw」
俺「ちゃんと責任とらせてもらいますねw」そう言ってまたキスへ。
尚美さん「ンンン…ンフゥ…チュッチュッ…ンン」
次第に耳や首筋に首を這わせた。尚美さんは「ハァッ」ピクッと反応する。
そして尚美さんの服を脱がせた。
今日もブラは白だったがレース付きでゴージャス感があった。
俺「キレイだよ。高そうなブラですね。」
尚美さん「ありがとう。」
俺もTシャツを脱ぎ、尚美さんのクロップドパンツを脱がせた。パンティーも白だがフロントとウエスト部分?がレースがあしらわれた大人な感じ。フロントはサイドがメッシュレースみたいになってる部分があってセクシーだった。
俺もデニムを脱ぎ、ボクサーブリーフも脱いだ。この時点で既にギンギンだ。
尚美さん「すごい元気w」
俺「尚美さんだと何もしないうちからこんなになるんです。」
そして尚美さんのブラとパンティーを脱がせた。さりげなくチェックしたがパンティーにシミはなかったw
ついに久しぶりの尚美さんの熟れたいやらしい体とご対面だ。
二人とも全裸になり抱き合いながら貪るようにキスをした。俺のチ○ポが尚美さんの腹部に当たる感じになり
尚美さん「…○○さんの…熱い…」
俺はその言葉に興奮しさらにギンギンになった。
そして下の方に向けて焦らし愛撫を続けた。
卑猥な黒ずんだデカ乳輪の垂れたオッパイを揉みながら。指先で乳首を刺激したり、つまんでコリコリしたり。
尚美さんはその度に「アッ」と喘ぎピクンと反応する。
いよいよ、俺は大好きな尚美さんのいやらしいデカパイに吸い付いた。赤ちゃんみたいにチュパチュパ音を立てながら、舌で乳首を転がし、乳輪をなぞるように舐めて吸って、揉みしだいて好き放題した。
俺「あぁ…尚美さんのデカパイ最高です。いやらしく黒ずんだデカ乳輪の垂れたデカパイ…このデカパイ旦那さんにも渡したくない。誰より素敵な体です。」
尚美さん「旦那はこんなのに興味ないから安心して…私も○○さん好きよ…こんな体をそんなに求めてくれて…ハァ…アッ。」
次はオ○ンコだ。
俺は未処理でボリュームあるヘアに興奮しながら、割れ目に舌を這わせ舐めまくった。匂いもたまらない。肥大気味のビラビラが相変わらず卑猥だ。クリを舐め、それから指で広げさらに中も舐め続けた。
尚美さん「イヤ…ハァッ…ンッ…アッ」
濡れて光っている。黒ずんだオ○ンコはいやらしい。
俺「尚美さん…オ○ンコすごくいい匂いしてますよ…汁いっぱい出てきたけど挿れる準備できたのかな?すごくいやらしい…いいんですか?旦那さん以外の男にこんな濡らして。」
指で広げたままマジマジ見てそういいながらさらに舐めた。
尚美さん「意地悪…そんな見ないで…恥ずかしい…アッ…ハァン」
まだだ。俺は指をオ○ンコに入れた。指マンでいつも通りイカせようと思ったら、いつもと反応が違うというか強いポイントがあった。よくわからないがそのポイントを探りたくなって神経を集中して指を動かした。
尚美さんは腰を浮かせて反応している。ここだ!
そこだけじゃないが、重点的に責めた。すると、
尚美さん「アッ…アッ…何か変な感じ…ハァハァ…ンンンッ…ごめん…オシッコ行かせて…でもイキそう…」
俺は指を止めようとしたが、止める前に
尚美さん「いや…出ちゃう…ダメ…見ないで…アッ…アァッ…アッ」
とその瞬間、オ○ンコからピュッと液が出た。AVで見るような潮じゃなくて、ホントにピュッと発射みたいな感じ。何だったんだろう。
と同時に尚美さんはイッたようだった。ピクッピクッしていた。いつもより反応が強い。
尚美さん「ハァッ…ハァッ…オシッコ出ちゃうかと思った…こんなの初めて…ハァハァ。」
俺「気持ちよかったんですか?」
尚美さんは赤らめた顔で恥ずかしそうに頷いた。
次は俺の番だ。
俺「今度は尚美さんがして下さい。」
尚美さんがフェラしようとしたので
俺「尚美さん、体こう向けて」と位置を変えさせ、太ももを持って俺を跨がせるようにした。シックスナインだ。よく考えたら尚美さんとは初めてだ。
尚美さん「え!?え!?こんな体勢!?恥ずかしい…イヤ…やめよ」
俺「お互い全部知ってるのに?じゃあお願いします。」
尚美さんは恥ずかしそうにフェラを始めた。恥ずかしそうにしててもいざ始まると、尚美さんのバキュームフェラは吸引力がすごい。
尚美さん「ンッンッンッンッ…ジュポッ…ジュポッ…あぁ…ンッンッ…ングング…ジュポッジュポッ…ング…ンッンッ…。」
俺は尚美さんのオ○ンコをチロチロと舌で責めながら、
俺「あぁ…尚美さんのオ○ンコ、パックリ開いてまる見えですよ。お尻の穴もヒクヒクしてる。」
尚美さん「だから恥ずかしいって言ったでしょ!見ないで!」
少し怒り気味だ。マジマジ見られるのは嫌なのか。
俺「そりゃ無理ですよーw」
オ○ンコにチュッチュッとした。
かなりキタので、
俺「尚美さん、ストップストップ!」
尚美さん「ダメw」
ジュポッ、ジュポッ、ブピッ、パブッパブッ、ジュポジュポッ…
このままではヤバイ。
俺「尚美さん、ゴメン。マジでもう…お願いします。」
尚美さんはニコッとしてストップしてくれた。仕返しと言わんばかりだ。
そしていよいよ挿入。受け入れ準備万端のいやらしいヌルヌルのオ○ンコにズブッとチ○ポを挿れた。
尚美さん「ハァンッ…。」
尚美さんのオ○ンコは前にも書いたがキツキツではないが絡み付く感じが最高だ。何か生物でもいるのかと思うほど。
徐々にピストンしていく。しっかり濡れてヌチャヌチャいやらしい音がしていた。
俺「あぁ…尚美さん…夏休み中…尚美さんとしたくて我慢が…大変でした…久しぶりの尚美さんの…オ○ンコ気持ちいい…絡み付いてくる。」
尚美さん「ハァッ…ハァ…○○さん…ハァッ…アンッ…。」
尚美さんの未処理ヘアと俺のチン毛が擦れていやらしかった。
結合部を見ると出し入れする度に、肥大気味のビラビラが出入り?のように動いてチ○ポにまとわりついている。
俺「尚美さん…すごい…尚美さんのオ○ンコが俺のチ○ポをくわえ込んでる…いやらしい。」
尚美さん「…そんな事…言わないでぇ…アンッ…アッ…」
その後はしばらく無言でピストン。喘ぎ声と打ち付ける音、ヌチャッ、ニチャッ、パブッ、パブッっという感じの音が室内に響く。
そのままチ○ポを抜き、尚美さんに跨がって馬乗りパイズリへ。
俺は卑猥な黒ずんだデカ乳輪の垂れたおっぱいをわしづかみにしてチ○ポを挟み腰を降り始めた。
尚美さんとするからには馬乗りパイズリは絶対にしないと気がすまない。
俺「ハッハッハッ…尚美さん…気持ちいい…尚美さんのデカパイ…黒ずんだデカイ乳輪…俺大好きです尚美さん …ハッハッハッ…俺だけのデカパイ…いやらしい…尚美さんの…ウッウッウッ…」
興奮してピストンが加速していく。イキそうと思ったのか、
尚美さん「ハァハァ…まだダメよ。」
俺「ハッハッ…大丈夫…まだ…ちゃんと…我慢しますから。」
パイズリをやめて、尚美さんが上に。騎乗位で尚美さんの腰使いを堪能した。
こんな体してるのに普段旦那とご無沙汰なんて勿体ない限りだ。垂れたデカパイがぶるんぶるん揺れている。
それから立ち上がり、壁に手をつかせ、お尻を突き出させて立ちバックに。
前回同様、また窓を少し開け遠くに見える幼稚園を見せながら、後ろから突いた。尚美さんのオ○ンコめがけて力強く打ち付け、ピストン。
俺「ハッハッ…尚美さん…幼稚園見えますか?…昼間から…人妻の尚美さんが…旦那以外の男と…こんな場所で…尚美さんママさんですよ…いいんですか?」
尚美さんは喘ぎながらも
尚美さん「ハァッ…ハァッ…ンッ…意地悪ね…その前に男と…女でしょ…○○さんも…パパでしょ…いいの?…アッ…イイッ…そう!…そのまま…ハッハッ…ンンッ」
俺「ハッ…ハッ…ハッ…男と…女より…バックでしてると…動物みたいです…あぁ…ハッハッ」
それから無言でピストン、お互いの喘ぎ声と息遣い、打ち付ける音が響く。
するとそれを破る音が。尚美さんの携帯だ。
尚美さん「幼稚園からだ。ゴメン、出なきゃ。」と携帯を取ろうとバッグに手を伸ばそうとした。その着信音は幼稚園に設定してるらしい。
だが、むっちりした大きなお尻をつかんだまま俺は抜かなかったw
尚美さん「ちょっと…離して。」
俺「動かさないからこのまま出て。」
尚美さんは電話に出た。話をしている間も中は微妙な動きがあり俺は満足感に浸った。
どうやら○○くんが昼を食べた後に吐いてしまって調子悪そうだから迎えにきて欲しいとの連絡だったらしい。
尚美さん「ゴメンね。帰らないと。」
俺「そりゃ早く行ってあげないとね。」
と言って俺は腰を振り始めた。
尚美さん「アッ…ちょっと…ダメ…ストップ…ね?…アッ…」
俺「もう…すぐですから…尚美さんもでしょ?」
尚美さんは恥ずかしそうにしながらも結局肉欲に負けたのか、すぐならと思ったのか受け入れてくれた。
尚美さん「ハァッ…ンンッ…ハァ…アンッアンッ…ンッ」
俺「ハッハッハッハッ」
急ぎ気味でピストン。
射精しそうで興奮がピークになった俺は何故か外でしたくなった。
ここは誰も来ないし、回りは竹やぶ、車は小屋の入口目の前に停めてるから、出てすぐの場所はトイレと小屋と車で完全に誰からも見えない死角になってる。フィニッシュくらいなら大丈夫だろう。
つっかえを外し引き戸を開けた。誰もいないのを確認し、靴だけ履かせて、尚美さんを外に連れ出そうとした。
尚美さん「まずいよ…」
俺は強引に連れ出して、すぐにそこで立ちバックで再び挿入。ピストンを加速させた。
俺「ハッハッハッハッ…尚美さん…こんな竹やぶで…こんな事して…俺達…ホントに動物…みたい…オッオッオッオッ…あぁ…尚美さん…」
尚美さん「ハァハァハァ…○○さん…アンッ…○○さん…私達…ただの雄と雌よ…ハァ…ンンンッ…いいわぁ…アッ…アッ…」
この間、旦那としたっていうのを聞いて(旦那だから当然なんだが。)尚美さんは俺のものだという独占欲や嫉妬や自分たちは男と女じゃなく雄と雌だという尚美さんの言葉で異常な程興奮し、中に出したくなった。妊娠させたい!動物は避妊なんてしないしな。
俺「ハッハッ…雄と雌…すごい…あぁ…尚美さん…もう出ちゃいそう…イクよ…尚美さん…ハッハッハッ…尚美さんのオ○ンコ…オッオッオッ…もう無理です…出すよ…出すよ尚美!…ウッ!…クッ…アッ…オオ…あぁ…ハァハァ」
尚美さん「いいッ…きて…ンンンッ…ハァハァ…アッ…アンッ…アッアッ…私も…イクッ…イクッ…ンアアッ!」
尚美さんの中は収縮したかと思うとビクッビクッビクビクッとなり、ふわっと緩んだ。
その瞬間俺のチ○ポも、ビクンッ…ドクン…ドクン…ドクン…ドクッ…ドクッ…ビク…ビク。
しっかり腰を押し付けて深く出来るかぎり奥で尚美さんの中に大量の精液を発射した。
尚美さんはこの前は中はダメって言われたけど今回は何も言わなかった。
と言うより今回は興奮し過ぎて、中に出していいか聞きもしなかった。聞いたらダメって言っただろうな。
それでも今回は出してたかもしれんなorz
尚美さんは満足したのだろうか。
最後まで一滴残らず出し切っても俺は抜かずに余韻に浸っていた。と言ってもすぐに小さくなり抜けてしまったんだがw
抜いたら俺の濃い精液がドロッと出てきた。奥に飛ばしてしっかり注ぎ込んだからあまり出てはこなかったが、量が多かったからだろう。
尚美さんに俺の子種を植え付けて尚美さんを妊娠させた(まだ妊娠したかなんてわからないし、してたら大変なんだが)、これで尚美さんは俺のものだ、という異様な満足感。完全に性欲に支配されその後の事は一切頭になかった。やっぱ病的だよな、これって。
尚美さん「ハァ…ハァ…中に出しちゃったんだ…多分大丈夫だと思うけど…あ、早く行かなきゃ。」
俺「夏休みの間、ずっと我慢してたから、その分気持ちがつい…ごめんなさい。尚美さんがホントに好きなんです、俺。」
俺達はすぐに小屋に入り、いちゃつく間もなく、服を着てすぐに出発した。
尚美さんの白いパンティーにはしばらくしたらオ○ンコの中に残った俺の精液が流れ出てきて染み込むはずだ。洗濯しても落ちないかもなw
車内では「○○くんどうしたんですかね。出来るだけ急ぎます。」とか話した。
ショッピングモールで別れ、尚美さんは幼稚園に、俺は自宅に。
一回しか出来なかったけど濃密なセックスだった。
妊娠しにくい体質と言ってたが、もし尚美さんが妊娠したら…お互い家庭崩壊するな。まあ、尚美さんが大丈夫って言うんだから大丈夫だろう。なかなか子供も出来なかったみたいだし。
これが今回の一部始終です。
書いてたら思い出して勃ってしまったわw
次の日に尚美さんからメールが来た。内容はこうだ。
「昨日はすごかったね。ホントに野生動物になったみたいだった。
昨日言えなかったから言うね。中に出した事。私は妊娠しにくいけど妊娠しないわけじゃないよ。
正直な気持ちを言えば○○さんとするのはすごく刺激あるし、こんなおばさんの体を求めてくれて、うれしい。中に出されるといけない事だけど満たされる。
でもね、私は家族は壊したくないの。だから妊娠は困る。出来るだけ中には出さないで。わかってくれるとうれしいな。」
確かに俺にとってもまずいし、当然だよな。でも妊娠させたい気持ちもあるんだよ、やってる最中は。
とはいえ、尚美さんの事考えても、気をつけないとなあ。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
中学の同窓会で再会

■前の記事
嫌いな女で性欲処理してる

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集