pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

近所の変なおじさん4



車について窓をトントンってしたら、叔父さんは助手席のドアを開けて「自分から来たかw」と言いました
わたしはちょっと寒かったので車に乗り込みました
「あんなとこでメールとめるからです」
とわたしが言うと、車が進み出しました
「ちょ…どこいくの?」
と尋ねると、叔父さんは「その人に聞いてよ」と言いました
後ろを振り返ると、後部座席に誰か一人乗っていました
わたしはびっくりして「きゃあ!」とおっきな声を出してしまいました
わたしのおっきな声に動じることなく、その人は「わたしも驚きました」とつぶやきました
よく見ると、わたしに手紙をくれた変な趣味のおじさんでした
わたしが「あぁ…!」と言うと、「ご無沙汰しています。本当にまた会えるとは思っていませんでした」と変な趣味のおじさんは言いました
わたしは混乱して叔父さんに「なんで?」と尋ねると、叔父さんは答えず変な趣味のおじさんが話し始めました
「本当に驚きました。清掃のときに出会ったときは、ちょっと無防備なだけの普通のお嬢さんだと思っていたから」
なんのことかわからず黙っていると、叔父さんが話に入ってきました
「まさかこんなエロエロ娘だとは思わなかったとさw」
と笑って言いました
変な趣味のおじさんが続けました
「はい…とても若くて、かわいらしいのに…こんなに…いやらしいなんて…」
わたしは別にいやらしいことしてませんけど!あなたたちが無理やりしてくるんでしょ!って突っ込みたかったけど、
「いやらしくないですよ!w」
くらいにしておきました
そしたら変な趣味のおじさんが
「いやらしいです…なにをしても拒まず受け入れてくれるなんて…一番いやらしいです」
と言ってきました
わたしは、そんなもんかなと思いながら、だって拒めないんだもん…と心の中で言いました
「今だって、そんな、挑発的な姿で…」
と変な趣味のおじさんが言ってきたので自分の服装を見直してみました
でも、ただのタンクトップだし、ブラはしてるし、下も普通の部屋着用のやわらかい素材のホットパンツだし、挑発的ではありませんでした
あえていうなら、体を捻って後ろ向いて、座席に胸を押し付けていたので、胸がつぶれてブラといっしょに少しはみ出てるくらいでした
わたしが「挑発的ですか?」と聞くと、変な趣味のおじさんが
「ほら、いまのその声も…かわいい…あなたの存在全てがいやらしいんです」
と言いながらわたしの胸をガン見しました
「…いま、そーいう気分なだけですよ…わたしは別に…」
と言いながら、わたしは恥ずかしくてタンクトップの胸元を引っ張り上げて胸を隠して前を向きました
車がとまりました
高架下の、あの小さな公園でした
叔父さんが「降りよう」と言ったので、わたしは車を降りました
もちろん変な趣味のおじさんも一緒に降りました
「あなたがわたしのためにしてくれた場所ですよ」
と変な趣味のおじさんが言いました
してくれたって…おしっこでしょ…って感じでしたが、興奮状態の変な趣味のおじさんの前では言えませんでした
叔父さんがわたしに、「じゃあ、あそこのベンチに座って」と言ってきたので、わたしは座りました
そして、おっきいサイズの水のペットボトルを渡されました
え?って顔をして叔父さんたちを見上げると、
「ここに座って小便がしたくなるまでじっと待ってて」
と叔父さんが言ってきました
わたしが「えぇ!?」と驚くと、「車から様子見てるから、何かあったら助けるから大丈夫」と言って二人ともわたしを放置して車に戻っていきました
またこんなバカなこと…一人で帰ろかな…って思ったとき、通行人が一人わたしをチラッと見て通り過ぎました
わたしの体はガチッとかたまり、アソコがキュッてなりました
わたしはその場から動けなくなってしまいました
まだ仕事帰りの人が通ってもおかしくない時間だったので、わたしは緊張しました
開いていた脚を閉じ、内股になって手を挟みました
叔父さんからメールがきて、「そのポーズ、小便我慢してるみたいでたまらないらしい」という内容でした
もう知らないよぅ…って感じでした
緊張して喉が乾いてきたので、ペットボトルの水を飲みました
そのとき数人の通行人がきました
酔っ払いの集団らしく、ふらふらな足取りでした
その中の一人がわたしに気づいて立ち止まり、他の人に「おい…」って感じで伝えました
みんな立ち止まって、わたしのほうを見ました
わたしは気を紛らわせるためにまたペットボトルの水を飲みました
何かコソコソ話して、たまにいやらしく笑いながらずっとわたしのほうを見てました
はやく行ってよ…と思いながら手持ち無沙汰で携帯を見ると、叔父さんからメールがきてました
「脚をパタパタ開いて」
と書いてありました
助けるって言ったじゃん…って思いながら、わたしは脚をパタパタ開いたり閉じたりしました
脚をパタパタし始めると、明かりに虫が集まるように、酔っ払いさんたちがわたしのほうにやってきました
はじめはわたしのほうをチラチラみながら近くでウロウロしていたんですが、すぐに5、6人みんなでやってきました
20代から40代かな…いろんな世代の人がいました
「何してるの?」
と一人がニヤニヤしながら尋ねてきました
わたしは適当に「人…待ってます」と言いました
「相手は男?ひどいやつだなこんな危ないとこで待たせて」
「良かったらそんなやつ放っておいて一緒に飲まない?」
「未成年じゃないよね?ね、いこうよ」
こんなあからさまなやられるコースに誰が着いていくか…って感じでしたが、よく考えたらここでおしっこしてるよりましだな…とも思って、ちょっと迷ってる感じになってしまいました
そしたら若い人がガツガツ絡んできて、わたしの隣に座って両肩をつかんで「いこーよ、ね?」と肩を揺すってきました
多分胸が揺れたからだと思うけど、周りから歓声があがりました
「おぉー」
「いいね、いいね」
「お姉さん、おっぱい大きいね」
「これからその相手にもっと大きくしてもらいにいくの?」
「それなら○○さんに揉んでもらったほうがいいよ。ゴッドハンドだから」
「きてます、きてます」
わけのわからないことを言って○○さんておじさんがわたしの胸のすぐそこまで手のひらを近づけて、あやしい手の動きをしてきました
やっぱこんな人たちやだな…と思って立ち上がろうとすると、隣の若い人に両肩をおさえられてまた座らされました
そして、その若い人は「いいじゃん、俺の顔をたてるつもりでさ…」と耳元で囁いてきました
大きな声出しますよ、と言いかけた瞬間、「すいませーん」と向こうから叔父さんが走ってきました
叔父さんは周りのサラリーマンたちにヘコヘコしながら、
「すいません、すいません、実は撮影中でして…」
とわけのわからないことを言いました
サラリーマンさんたちは恥ずかしかったのか急にイライラしだして
「許可もらってんのかよ!」
「こんなやつがいたら普通声かけるだろ!」
「ていうかこんなとこにいたら危ないから忠告してたんだよ!」
みたいに声を荒げて叔父さんにつめよりました
叔父さんはひたすら頭を下げて「すいません、すいません。AVの撮影なもので、若干露出の多い格好を…」
と言いました
するとサラリーマンさんたちは急におとなしくなって、逆にまたニヤニヤしだしました
「AVなの?エッチなやつ?」
「はい…まぁ…」
「てことは、この子AV女優さん?」
「はい…まだデビュー前なので名前はついていませんが…」
「どんな内容なの?」
「はい…公園でおしっこを…」
「デビューでいきなり放尿かよ!かわいそうw」
「俺そういうの好きだよ」
「まじっすか!○○さん露出の趣味あったんだ!」
「ばか、俺はしねぇよ」
みたいな会話が興奮状態でされていました
「俺たち写ってないだろうな」
「はい、それは大丈夫です」
「どこから撮ってんの?」
「あの車です」
「せっかくだからさ、ちょっと見学させてよ」
「それ俺も言おうとしてました!」
「いいでしょ?嫌な思いしたんだから」
わたしは、お酒ってやだなぁ…さ、頑張って振り切ってさっさとこんなことやめて帰りましょ…と心の中で思っていました
でも、叔父さんが次に言った言葉は
「あ、いいですよいいですよ」
でした
わたしは驚いて顔をあげました
叔父さんはさらに
「通りがかりの素人さんに見られてたって設定でいきます。実際に素人さんに見られてたほうが女優も興奮するでしょうし」
みたいな調子のいいことを言いました
わたしが(ほんとに?)って叔父さんに口パクで尋ねると、叔父さんは「じゃ、そういうことで、始めようか」ってわたしに言って、サラリーマンさんたちを車のほうに連れて行きました
サラリーマンさんたちは まじかよー レアだぜ レア! とか言って盛り上がっていました
車に着くと、車から変な趣味のおじさんがビデオカメラを手に出てきました
叔父さんからメールがきました
「はやく出しちゃって」
そんなこと言われても…って感じで、わたしはとにかく水をがぶ飲みしました
なかなか尿意はきませんでした
むこうから「まだ?」「これおもしろいの?」ってサラリーマンさんたちの声が聞こえてきました
「監督、ちょっと女優さん刺激したほうがいいんじゃない?」
「なんなら手伝いますよw」
みたいな声も聞こえてきました
冗談じゃない…って思ってたら叔父さんとサラリーマンさんたちがこちらに近づいてきました
サラリーマンさんたちはニヤニヤしてわたしを見下ろしていました
叔父さんが「ちょっと自分で刺激してみようか」と言い、「おーいカメラ」と変な趣味のおじさんを呼びました
刺激する、の意味がわかんなくて戸惑ってたら、サラリーマンさんのひとりが自分の股関を触りながら
「おしっこがでるところこうやって触るんだよ。あん!あん!って」
と気持ち悪く言ってみんな笑いました
「できません…」
って言うと、「女優だろ?なに仕事さぼってんだよ」と若いサラリーマンさんが言いました
わたしは仕方なくホットパンツの上からクリのあたりを指で触り始めました
場が静まりました
チラッとサラリーマンさんたちの表情をうかがうと、目を見開いて半笑いの顔でわたしの股関を見ていました
中には自分の股関をモゾモゾ触ってる人もいて、わたしはちょっと変な気分になってきました
ただ触っていただけの指の動きが、だんだんほんとに気持ちよくなるようにくにゅくにゅまわしたり小刻みに震わしたり、いやらしい指の動きになってしまいました
「はぁ…はぁ…ん…」って息が漏れはじめ、口はだらしなく開きっぱなしでした
「エロ…」
「AVすげぇ…」
みたいなつぶやきが聞こえる中、わたしの興奮は増していきました
あっ あん…
って声が漏れる度、サラリーマンさんたちは息を大きく吸い込んで自分の股関をモゾモゾしました
叔父さんはいたって冷静で、「出そうもないな。脱いでみようか」と言いました
わたしは言われるままにホットパンツを膝のところまでずらしました
おぉ…っていうどよめきが聞こえました
わたしはパンツの上からクリのあたりを指でまわしはじめました
「んっ… ん… ぁ、ぁん…」
気持ちよくていっぱい声が出てしまいました
すぐにパンツのクリの部分に染みができてきました
わたしは触りやすいように、ホットパンツをもっとおろして、脚を広げました
また、サラリーマンさんたちのおぉ…みたいな声が聞こえました
わたしはまるでみんなに見せつけるみたいに脚を開いて、パンツの上からクリを弄りました
サラリーマンさんのひとりが、カメラをまわしてる変な趣味のおじさんに
「これ、撮ってる?」
と聞きました
変な趣味のおじさんはうなずきましたが、叔父さんがすかさず
「撮ってますけど、もちろん使いません」
と付け加えました
そしたらサラリーマンさんが「手伝うのって、あり?」って叔父さんに聞きました
叔父さんはそれを待っていたかのように「いいですよ、むしろお願いしますよ」と言いました
そしたらサラリーマンさんたちが「まじ?」「ナイス質問」「でかした」みたいなことを言い、いっせいにいやらしい目でわたしを見下ろしました
ひとりがわたしの前にしゃがみこみ、パンツに顔を近づけました
「うわー。よく見ると染みてる。自分で濡らしてたんだ」
そう言うとその人は、クリを弄ってるわたしの手の下でアソコを指でクニクニ押してきました
わたしがすぐに「あぁ、ん…」と声を出すと、また、おぉー…たまんね…みたいな声が聞こえ、2人がわたしの両端に座りました
両端に座った人は、タンクトップの上から胸を揉んできました
おしっこと関係ないじゃん…って思って「え…」って声を漏らしたけど、すごい力でぐいぐい揉まれまくったのですぐに
「はぁ…ぁん…うぅん…」
って声を出してしまいました
そのうち自分で触れないくらいサラリーマンさんたち数人の指でアソコを弄られはじめました
タンクトップとブラは捲られ、おっぱいが露出して、「おぉ…でけぇ…」ってまた歓声があがりました
左右からおっぱいを揉まれたり乳首に吸い付かれたり
アソコのほうも、パンツの股関部分をめくられて直接クリを転がされたりアソコに指をいれてクチュクチュされたりしました
みんなもう必死すぎて真顔で、わたしもただやられるがままで、雰囲気に興奮して
「あ、あんっ… や… やだ…ぅ、うん… んっ んっ… あんあん」
って我慢できずにずっと声を漏らしてました
両端に座ってる若い人が、わたしの顔をそっちに向かせて
「暗くてよく見えなかったけどすっごくかわいいね…まじ惚れたんだけど…」
ってキスをしてきました
「ちゅ…しかも…ちゅう…こんなにエロいとか…ちゅ、ちゅぱ…レロレロ…たまんね…独り占めしたい…ちゅちゅうぅ…」
って思い切り舌絡めてキスしながらいやらしいこと言ってきました
わたしは口をだらしなく開けて
「はぁ… ん… ちゅ… んん…レロレロ… ちゅぱ はぁ、ん…んぅん… ちゅうぅ… ヘロレロ…あっ ぁん… ちゅう ちゅぱっ」
って自然と舌をだらしなくレローンって出してちゃぷちゃぷ絡めてディープキスしてしまいました
それを見た他のサラリーマンさんたちに入れ替わり立ち替わり唇を奪われました
連続で何人もの人とキスしたのは初めてで、唇からは誰のものかわからないよだれがだらだら垂れていました
そんな状況に水をさすように、変な趣味のおじさんが「おしっこは出ませんか…?」と言ってきました
一瞬場が静まりましたが、すぐにサラリーマンさんのひとりが
「水分が足りないんじゃないの…俺もう我慢できないよ」
と自分のものを出し、わたしの口に無理やりくわえさせました
わたしは反射的に指を輪にして添えて
「はむ… じゅ…じゅ…んっ んっ… ちゅっ ちゅる ちゅる ちゅぱっ あ…ん… じゅる…じゅる…じゅる… んっ んっ んっ…」
って顔を前後に動かしておち○ち○をしゃぶりました
たまに先をペロペロ舐めたり、指をシュコシュコ動かして気持ちよくなるようにしました
他の人たちも自分のものを出してわたしを囲み、自分で扱きながらわたしの口や手がまわってくるのを待っていました
わたしは何度も
ちゅぱっちゅぱっ
って精液を垂らしながらおち○ち○を口から出して、別のおち○ち○にしゃぶりつきました
頭がぼうっとしていて無心でフェラをしました
ひとりが口の中に射精しました
わたしはけほっけほって少しだけむせ、それを手のひらに垂らしました
それがいやらしかったのか、他の人もわたしの口の中でガンガンおち○ち○を突いてきました
同時にさっき射精した人がアソコに指をいれてすごい勢いでかきまわしはじめたので、わたしは
「じゅっじゅっじゅっじゅっ…あっあっあっあっ…!はぅん!はあぅん!んんっ…はぁはぁ…」
ってフェラしながらだらしなく喘ぎまくりました

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
近所の変なおじさん3

■前の記事
クラスの可愛い子がオナニーしてた

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集