pic神待ち少女
【レ○プ】「神待ち少女」が男に
ボロボロにされる

picAVのイベント
【エロ注意】AVのイベント面白すぎワロタwwwwww

pic出会い系
出会い系で会った女とハメ撮りした【画像あり】

picエマ・ワトソン
エマ・ワトソンうっかりボインポロリ

picさかなさんはガチですごいからな
釈由美子がブログでおっぱいと乳首を晒し話題

pic女子大生
女子大生やOLらと会って一日中セックスしまくりたい!

kakoドラクエ【エロ画像集】
ドラクエけしからん娘達(エロ画像集

オナニー狂いの中学時代



私は生まれたときからずっと都内に住んでいるが、中学時代の一時だけ、
家庭の事情でクソ田舎のばぁちゃん家に預けられてたことがある。
中1の終わりごろから中3の夏ごろまでいた。
そのエロい体験は中2の夏ごろから中3の春?ころまでの出来事だ。

ばぁちゃん家は信じられないほどの田舎で、マジで「村」って感じ。
しかし通ってた中学は周囲の村中から生徒が通ってきてたので、
全校生徒は100人くらいはいたと思う。
当時の私のスペックは、
14歳、背高め。太っても痩せてもいない。
顔はAKBのまゆゆ劣化版。今は残念だけど子どもの時はかわいかったと思う。

いろいろ敏感な年頃、しかも超微妙な時期に転校したので、
私はなかなか友達ができなかった。というか普通に喋ったりする友達はできたけど、
心から語りあえるようないわゆる「親友」はいなかった。
友達はいなかったけど、元々家で本読んだりするのが好きだったので、
放課後は家でのんびり過ごした。てか家から出ても遊ぶ場もないくらいの田舎。

そんなおとなしめな私には、誰にも言ってない趣味があった。
オナニーだ。
とはいっても、小さい子が偶然気持ちいいことを見つけちゃったみたいに、
うつぶせになってズボンの上からあそこをグニグニ揉む感じ。
高まってくるとトクトクトクトク…ってお股が痙攣して、おしっこが出そうになる。
それが気持ちいいくらいのかわいいもんだった。
ばぁちゃん家はトトロのさつきとメイの家みたく広かったから、
誰もいない和室でうつぶせになって、お股をモニモニしてた。

そのうち、硬めのクッションとかを下にして、押しつけるように腰を動かしても、
同じように気持ち良くなることを発見した。

帰宅部で暇だったし、1日に2、3回はオナニーをして、
ちょっと濡れてパンツが気持ち悪くなったくらいでお風呂に入っていた。
ある夏の日、いつものようにオナニーをしてたが、
気温が高いせいで異様に汗をかいた。毎日オナニーしていたせいか
中々イケず、腕も腰も疲れて、絶頂までに時間がかかった。

はぁ…はぁ……んっ…!

快感というより、疲労で息を切らしながらお股ピクピク…
しかし今までで一番気持ちよかった。

汗も混じって、パンツはぬるぬるになってた。
その時は分かんなかったけど、SEXのときもあれくらい濡れたら
「入れようか」ってなる感じ。パンツを軽く洗って洗濯機に入れ、
自分はお風呂に入った。
さっきトトロの家みたいだって書いたけど、ばぁちゃん家は風呂だけは
リフォームしたせいで不自然に新しく、バスタブとかよくあるプラスチック(?)
みたいなのでできてるやつだった。

洗い場で濡れたあそこを触ってみると、もうトゥルットゥルww
糸引いてるし。
クリトリスとかのことは知ってたから、それっぽいのを触ってみたけど、
あんまり気持ちよくない。でも今日はなんだかまだムラムラする…

そこで目についたのが浴槽の縁だった。

丸っこいし、クッションに
押し付ける要領でオナニーできるかも…?
そう思いたった私は縁にまたがり、片足はお湯につかったまま、
お股を擦りつけるべく腰を振った。そして衝撃!!!

めたくそ気持ちいい。。。
縁に沿ってぺたっと寝そべり、夢中で浴槽の縁と騎乗位SEXをした。
んッ…んっ……はぁ…っ
初めてあえぎ声(?)も出た。広い家だから誰にも聞こえない。
元々濡れてたし、腰を激しく動かすと、お股のあたりから
「クチョ…」って音も聞こえる。

あ…貧血?って思うほど頭が白くなってきて、気持ちよすぎて
力入らないはずなのに、お股擦りつけるのはやめられない。
変な体制だし、硬い浴槽にしがみついてるから
股関節のあたりとか痛くなってくるのねww

そしてとうとう絶頂が近づいてきた。最後の力でぐちょぐちょ擦りつけて、

あっ…!んっんっ……はぁっ…!!!
ビクビクビクビク………

イッた衝撃でお尻が洗い場の方にずり落ちて、一瞬本当に気を失った。
浴槽によりかかってしばし呆然。
はぁ…はぁ…しながら震える手であそこに手をやってみる。

経験の少ない私にはイッた直後のお股があんなに敏感だと思わなかったww

ぁあっ!
クリちゃん付近に指が触れた瞬間、電気が走ったような感覚にみまわれて、
一瞬でお股が小刻みに痙攣。たまらなくて腰を浮かせたら、
「あっあっあっ!!!」しょあぁぁぁぁ~…
とっさにヤバいと思って両手で押さえたけど、まぁ、そういうこと…
熱いおしっこが放出して両手に溜まり、もちろん収まりきらずに
洗い場にじょぼじょぼぶちまけてしまった。蒸し暑いお風呂場には、
体中から立ち上る汗の匂いと、おしっこの香ばしい(?)臭いが充満した。

すごくエッチなことやっちゃった…

当時の私はとにかくばぁちゃんに申し訳なくなって、お風呂場をきれいに洗った。
浴槽のお湯もお汁入ってたら悪いから入れなおした。
シャンプーで隅々まで洗って、臭いも確実に取った。

お股を擦りつけていた縁は、カピカピになってた上に、
抜けた毛がいっぱいついてたww
(私はまんこの周りやお尻に全く毛がない代わりに、前の方が超絶剛毛だった)

掃除も完了し、自分の体も洗った後、お湯につかりながらしみじみ思った。
擦りつけオナニー気持ちよすぎww
イッた時の快感もやばかったが、その後。おしっこ漏らした瞬間の
まんこの痙攣は何物にも形容し難かった。

私はその日から、学校から帰宅→
部屋でウォーミングアップのクッションオナニー
→お風呂場で縁オナニー
という性欲処理ローテを確立させ、毎日快感と背徳感のコラボを楽しんでいた。

夏休みはいとこがたくさん遊びに来たりして何日もオナニーができず、
欲求不満がすごかった。それでも、夜布団の中でこっそりお股を触ってみても、
何も感じない。私は擦りつけオナニーの虜になっていたのだ。

いとこも帰り、夏休み最後の数日は男子顔負けのエロぶっちぎりで、
朝風呂と称して縁オナニー、昼間は宿題してたはずが、いつのまにか
うつぶせでお股をもみもみ。汗をかくし、パンツが濡れるのは気持ち悪いので、
おりものシートを常に使うようになった中2の私…

直接の刺激は全く感じなかったが、
正座した状態からのかかとでオナニーや、
膝くらいの高さの低い棚に片足乗せて、角オナニーとか、
擦りつけオナニーのレパートリーは少し増えた。
ただやっぱりお風呂場でのオナニーは格別で、
唯一声も漏れるし、おしっこ漏れちゃうのはお風呂だけ。
まぁおしっこは部屋ではまずいし、自然と抑えてたんだと思う。
学校が始まったが、オナニーへの熱は全く冷めず、
授業に集中できなった。お股が濡れるのを我慢しながらノートを取る。
休み時間も、どうにかしてこのムラムラを抑えようかと考えていた。

でもさすがに学校ではオナニーはできない。指入れて感じる体質だったら
トイレとかでオナってたんだろうけど、角オナは場所がないとできないww
てか学校でとか、そもそもそんな勇気は無い。
そんなことばっかり考えていたからさらに友達と話すこともなくなり、
完全にクラスのモブキャラとなって、2学期も数週間が過ぎた。
ある日私は、宿題のプリントを机の中に忘れて、靴箱から引き返して教室に戻った。

その中学は教室のある旧校舎と、増設された体育館がけっこう離れており、
帰りの会が終わると、旧校舎の方はすぐにほぼ無人になる。
部活組はグラウンドや体育館にすぐ向かうし、
帰宅部は家が遠い人がほとんどだからみんなすぐ帰る。
誰もいない教室で、自分の机からプリントを回収し、
さっさと帰ってオナニーしようっと!とドアに向かおうとした。
ドガッ!
持ちあげた鞄の持ち手が机の横の荷物かけ(あるよね?w)に
引っかかり、つんのめった私は隣の机にぶつかった。バカだww

しかしそのときちょうど、私の万年濡れ気味のお股が、
当たったんだ………
そう、机の角にw
古いタイプのじゃなくて、角の丸いあの机ね。

ぐにゅってなって、下手したら恥骨をうって痛い目にあうとこだったんだけど、
運よく(?)いつもオナニーで刺激して一番気持ちいいとこがヒットした。
「わっ!」ついつい一人なのに声を出してしまった私。
そして思った。。。

ここでオナニーしたらどうかな…?
何度も言うけど私は気が小さいし、人に見られて興奮…とかもない。未だに。
ただその時は、恥ずかしいとかいう気持ちを超えて、
ムラムラする気持ちがあったの。

私の机は教室の隅の方だったから、万一のときのために二つあるドアが
しっかり見える体制になった。背後の窓(1階の教室だった)が気になったけど、
山に面してたからまぁ人は通らない。
机に両手をつき、スカート越しにまんこを角に押しつけた。
ちょうど私が軽くつま先立ちしたら、いい感じに当たる。
グッ…グッ……

初めは人が来ないか探り探りだったけど、3分くらいやってると
慣れてきて安心してきたし、気持ちよくなってきたので、
全然気にしなくなった。てか制服のプリーツスカートはそれなりの厚さなので、
強く押し付けないと感じなかったから、それどころじゃなかった。

机がずれて面倒だったので、私は上半身を机にピタッと伏せて、
お股を角に押しつけるのに最適な体制を取った。
はぁっ…はぁ…はぁ…
放課後で窓も閉め切り、エアコンもない教室は蒸し暑く、
腰の力でお股ぐにぐにする私は汗びっしょりになった。
自分の汗が机の面を曇らせ、熱い息が顔に跳ね返ってくる。
はぁ…はぁっ…あっ…!んっ……あぁ…
夢中になるうちに普段はお風呂でしか出ない声が出てしまって、
一瞬、やばい誰かにバレる!って気持ちになった。
けどもう今さら止めるなんてできない。腰が勝手に動く。

んッ…んー…あぁ…はぁ……くぅぅ…
とか必死に声を抑えながら腰をぐいぐい振る私。
顔を伏せて暑くて苦しかったけど、声が漏れないように頑張った。

プリーツスカート越しの刺激はいつもより鈍く、
「クる」のが異様に遅かった。けど遅い分、過去最大の快感が迫ってくる
怖いような予感があった。ほとんど両足は床から離れて、
まんこを支点に机の角にぐにぐに…
机の縁を手でつかんで、全身の力で快感に向かってお股を擦る。
はぁあっ…ヒッ…んっんっんっ!んあっ!
お風呂場でも出たことがない声が自分から発せられたのが
信じられないくらい恥ずかしかった…

グッ…!!!
「あっ…!!!」
最後の一突き(?)が入った瞬間、目玉がぐるんって
ひっくり返ったかと思った。頭真っ白で何も分かんなくなって、
ただお股だけがビクビクビクビク!ってすごい動き回ってた。そんな感じ。

すぐに意識は戻ってきたけど、「めちゃくちゃ気持ちいい」ってことしか
頭になくて、ぼーっとしながらまた少し腰を動かしちゃったのさ…
ビクッ!!!
あ、やばい!って思ったときには遅くて、私は初めてお風呂でオナった時と
同じことをやらかしたww

ぴくぴくぴくぴくっ…という細かいまんこの痙攣と一緒に、
下半身の感覚がなくなる。オナニーに夢中で体温は上がってたし、
全身汗だらけだから感触はないけど…
おしっこ漏らしてました。。。
教室、しかもその日は暑くて、休み時間に何度も水を飲んでた。
その上給食にスイカが出た(関係あるか分からんけど)。

じょ~っとすごい勢いで放出されたおしっこは、
ぐちょ濡れのパンツ(とその上に履いてたスパッツ)を難なく突き抜け
スカートの内側に「こぉーっ…」という音を立てて当たってた…
頭の中が快感から、どうしよう…という気持ちにシフトしていく。
全て出しきったあと、フラフラしながら立ち上がると、
セーラー服はしわしわでびしょびしょ、机もべたべた、
そして床と机の脚の広範囲わたって、おしっこが撒き散ってた。

どうしよ…片づけなky…
ガッ!!!

突然音がした。

心臓が吹っ飛ぶくらいびっくりして、
気を失いそうになりながらその方向を見ると…

人がいた。
しかも男の子。

私の顔もひどかったと思うけど、その子も同じくらい白い顔だった。
たぶん黙って去ろうとして、机にぶつかったんだと思う。

「あ・・・あ・・・」
言葉が出ないくらい動揺。体は硬直してた。向こうも一緒で、
「ちがうけど・・・」とか意味分かんないことをつぶやいてたww

彼はクラスの子で、私は一度も喋ったことはなかった。
名前はゆうき、とかゆうた、とか。とにかくクラスメイトからは「ゆう」って
呼ばれてた。サッカー部なのに色白で、背も私と同じくらいの小柄な子。
ユニフォームを着ていたから、部活の途中に忘れ物を取りに来たっぽかった。
とにかく取り繕わなきゃっていう気持ちが働いて、
「ゆ…ゆうくんだよね?」とか突然はじめましての会話を始める私ww
「ミズキさん…だよね?」と向こうも乗ってくるww(私の苗字がミズキ)

ゆうくんも必死でごまかそうとしてくれてたんだと思う。
しかし、しわしわの制服や机は距離的に見えなかったとしても、
床に広がる私の粗相のあとに、つい目が行っているのに気づいてしまった。
「ごめん。ほんとごめん。片づけるから!!!」
ゆうくんの方を見ないで、教室の後ろにある掃除用の雑巾を手に取り、
床を雑に拭きはじめた。雑巾一枚じゃ吸い取りきれないww
この後死のうとリアルに考えたwww

そのとき、隣に気配を感じたかと思うと、ゆうくんが黙って別の雑巾で
机の脚を拭いてくれてた。


「いや!いいから!汚れるから私がやるって!!!」
その時までは微粒子レベルで、ゆうくんが何が起きたかに
本当は気づいてないのではという期待があった。
けどこんなとこまで来られたら確実に臭いでばれる…

私は汗とか体臭とかは無臭に近い体質だったけど、さすがに
全力でオナニーして汗をかき、おしっこで足はびしょ濡れ、
その上一連の衝撃で冷や汗をどっとかけば、普通に臭かったと思う。

申し訳ないし恥ずかしいしで、さらに死のうという意を強くしたところで、
「大丈夫?」とゆうくんが口を開いた。
正直何も大丈夫な点はなかったし、心配はいいから早くここから去って
記憶をなくして欲しかった。

「大丈夫。全然大丈夫だk…」
ここで私の限界が訪れ、目から涙がこぼれた。久しぶりに泣いてしまった。
手もおしっこまみれだし、全身汚いままだったけど、
私はしゃがみこんで泣き続けた。

「泣かない方がいいよ…(人が来るから)」ゆうくんはそんな感じのことを
もごもご言いながら、黙々と後片付けをしてくれた。
私が「ヒック…ヒグッ…」って情けなく泣き続ける中、ゆうくんは
汚れたところを拭き、雑巾も洗って干して、スポーツタオルを渡してくれた。
「まだ使ってないやつだから」
タオルを受け取るときゆうくんと目があって、また動揺した私は
「お願い誰にも言わないで。何でもするから。お願いだから」
と涙声で懇願した。ゆうくん何も脅したりしてないのにww
さらに…
「また見せてあげるから!お願い。みんなに言われたら私死んじゃう!!!」
信じられないことを口走る私。

「明日もここに来て。じゃないとほんとに死んじゃう。お願い、お願い…」
またメソメソ泣きだす私を途方に暮れたように見下ろすゆうくんww
「わかったから…」とかつぶやきながら教室から出てった。

私は小さい頃からまじめでいい子で、普通から外れたこととか
したことなかったのね。だからああいう非常事態にめちゃくちゃ動揺したわけ。
普段は結構ドライなんだけど。。。

その後どうやって家に帰ったかとかは記憶にないw
とりあえず制服は洗わないといけないから、お風呂でこっそり洗った。
まだ夏だけど翌日は冬のセーラーで行くことにww
当然だけどその日は何十日ぶりに家でオナニーはしなかった。
次の日、私は学校に早めに行った。教室の汚れの最終チェックをするのと、
万一ゆうくんが誰かに話しそうになったら全力で死守するつもりだった。
ゆうくんが来た時は頭が沸騰しそうに熱くなったけど、寝たふりをして
ごまかした。その日はいつも以上に無口な私。

放課後。帰りの会のあと、(誰も気にしてないと思うがw)帰るふりして
一旦トイレに隠れ、心臓バクバクで教室に戻ってみた。誰もいない。
席に座って少しほっとしてると、
ゆうくんがうつむき加減で現れた。
とんでもないメンへラで、ほっといて死なれたら怖いとか
思われてたのかもしれないww

「あ、部活はいいの?」呼んでおいて聞く私。ゆうくんの後ろに
人がいないか心配したけど、誰もいないみたいだった。

「あのさ・・・」ゆうくんは顔が真っ赤だった。「ほんと?」
「え?うん・・・うん」反射的に応える私。
「・・・見せてくれるの?」
「見たければだけど・・・」
てか私たちまともに会話するのこれが初めてだったwwなんてシチュwww
その後ぎこちなくも話してると、少しずつ慣れてきた。
ゆうくんも見た目は小学生みたいだけど、まぁ男の子だし、
エッチなことにも興味はある。人に言う度胸はもちろんないけど、
見れるものなら見たい…って感じだったんだと思う。

結局、手は出さないから、見るだけだからってゆうくんがお願いする
変な形になって、私は昨日と同じように
角オナニーのスタンバイポジションに着いた。
ゆうくんは私が見える位置になんとなくつっ立ってた。

「じゃあ…いくよ?」私は控えめに角にお股を押し付けた。

昨日と違って、冬服のスカートだから、さらにぶ厚い。
しかも見られてる緊張が半端なくて、ほとんどまんこに刺激が来ない。

腰もぎこちなくしか動かせないし、無理な姿勢でちょっと疲れてきた。
「イク」とこまで見せなきゃと思ってたからちょっと焦った。
ゆうくんはじっとこっちを見てる。
5分くらい経って、つま先立ちの足と、身体を支えてる両腕が痛くなってきた。
ただ、かすかな刺激を与え続けてるお股は、じらされてる状態になって
急に濡れてきた。
それでも腕に限界が来て、私ははぁはぁ息を切らしながら
動きを止めちゃった。体は辛いけど、止まってみるとパンツが洪水状態なのが
すごく分かる。勃ってるクリトリスが中でぬるぬるこすれてるのを感じる。
昨日以上に汗だくで、頭もぼーっとしてきた。

イきたい…気持ちよくなりたい。。。
あのショックから消えかけてた性欲が、また復活してきた。
「ごめん、ちょっと…」ゆうくんにむけてつぶやいて、
私は昨日と同じように、机に突っ伏した。体重が角に乗ったお股にきゅっとかかる。
(んっ…!)気持ちいい…でも声を出すのは恥ずかしかったから、
乱れたいのを抑えてゆっくり、ゆっくり、お尻を動かした。

顔を伏せてるから、ゆうくんのことは見えない。そのせいもあって、
一気に自分の世界に入ることができた。
じゅん…じゅん…ぬるっ……まんこをモニモニ擦るたびに、
お汁が出てきてるのがわかった。一回ごとに、動きが大きくなってしまう。
「はあっ…!ぅんっ!」
ついに声が出てしまった。それでももう、聞かれた、恥ずかしいという
気持ちは一瞬で、すぐに快感に負けてしまった。

ゆうくんの「はぁ・・・はぁ・・・」という小さな吐息が聞こえてきたけど、
そんなのは気にならないくらいにまでなっていた。
こすっているのはスカート越しだけど、パンツの中でぬるぬると
まんこが動き回ってる。
「ん…んッ…!あっあっ…あんっ!!!」
ビクッビクッと時折お尻を突き出しながら、お股を縦にも横にも
角にぐいぐいした。

気持ちいい…早くキて…
そんなことを考えながら夢中でオナニー。
首筋に汗が垂れるのを感じた。

グッ・・・
「あっ!…んっっっ!!!」
ビクビクビクビク…!!!

私は絶頂で膝をガクガクさせながら果てた。
じらされた時間が長かった分、気持ちいい時間が長く続いた。

そして…私はとっさにお股をぎゅうううう~っと手で押さえた。
おしっこはダメだと思ったから。またゆうくんに迷惑かけちゃう。
でも、無理だった。まず手に力が入らない。

しゃぁぁぁ~……
「ご、ごめん!止まんない、止まんない!」
私は動揺しながらもおしっこを勢いよく全て漏らしてしまった。
最高に気持ちよかったんだけど…
膀胱弱ってるねww

教室の床は昨日と同じような状態に…

フラフラしながらやっとゆうくんを見ると、目を充血させて…

制服のズボンのベルトを外して、上から手を突っ込んでたww

「ゆうくん・・・?」
「ごめん・・・我慢・・・」
伏し目がちに言いながらも、手をもぞもぞ動かすゆうくん。

「・・・大丈夫?」とりあえずこれしか言えなかった私。
「ほんとごめん、自分で、自分でするから・・・」ゆうくんは、
いきなりズボンを下ろした。

・・・!
私はびっくりして、自分のおしっこの水たまりに
ぴちゃん!と座り込んでしまった。でもそんなことにも気づかないくらい
ゆうくんの「アレ」に目を奪われてた。

今までオナニーはしてたけど、SEXとか、そういうの自体に興味は
無かった。男の人の大きくなったちんちんなんて見たことない。
しかも、ゆうくんのは初めて見るには刺激が強すぎるくらいのものだった…
ゆうくんは色白で、足も細い。その細い太ももの間に
いきなりごっそり黒い毛がはえてて、その真ん中から
真っ赤に充血したちんちんがそびえてた。
その時の私は、ゆうくんのが大きいなんてわからなかったから、
ただただびっくりして凝視してしまった。

ゆうくんは「はっ…はっ…」と短く呼吸しながら、
立ったままちんちんを両手でしごいていた。先っぽに手が触れるときは、
特に顔を歪めてた。
「あ・・・あ・・・!」
ゆうくんは右手でちんちんを激しくこすりながら、左手で傍にあった
自分の鞄をまさぐりだした。でも何も探しだせないまま、「うっ・・・」と
呻いて両手でちんちんの先を押さえたかと思うと、
膝をガクガクさせながら座り込んだ。同時に手の間から白いモノがだら~っと
溢れてきた。。。

射精したゆうくんは、真っ赤な顔でこっちを見た。

私は何がなんだか分かんないくらい恥ずかしくて、うつむいてしまった。
しばらくフリーズ状態のふたり…
心から人が来なくてよかった…

数分後、おもむろにゆうくんが鞄からタオルを出して、
自分の後始末を始めた。私も床やらを掃除しなきゃと立ち上がり、
ふたりで黙々と片づけた。

30分位で終わり、どちらも何も言うことなく、なんとなく鞄を持って
教室を出て、玄関へ。学校を出て反対方向のそれぞれの家に
向かうまで、一言もしゃべらず、かといって振り切るわけでもなく、
その日は終わった。

【サイト内人気記事一覧】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました
■次の記事
妹と友達2人に性教育

■前の記事
初恋が中学1年。

kakoエロい少年マンガ画像集まとめ
エロい少年マンガ画像集

kakoスポーツ・運動部系エロネタ特集
スポーツ・運動部系エロネタ特集

kakoエロいハプニング画像・動画
エロいハプニング画像・動画集まとめ

pic彼女にイタズラをする男たち
彼女にイタズラをする男たち

pic最大の恐怖
これ初めて見たとき2ch始めてから最大の恐怖を覚えた

picニコニコ生放送のエロい動画まとめ
ニコニコ生放送のエロい動画まとめ

picしょこたん妊娠
■【速報】しょこたん妊娠

pic下ネタ おもしろ画像
微エロ・セクシー・下ネタ系おもしろ画像集